自然素材に囲まれた心地よいお家づくりが得意な工務店、ママン八尾です。

―――――――――――――――――

こんにちは、藤原です。

今回は地盤改良の現場から「柱状改良工法」についてご説明します(^^)/
T様邸では、杭は5.75mのものを24本使ってお家を支えていきます。
杭はお家の重さや、お家の大きさ、地盤の状態等条件次第で長さも本数もかわってきますよ(^^)
 

↓右の機械で杭の元になるセメントミルクを作ります。
左の機械で穴を掘り、できあがったセメントミルクを注入しながらまわりの土と攪拌してセメントの柱を作ります。

↓攪拌中

出来た杭がこちら↓
最後は綺麗にコテで整えられていました(^_^)

とても大がかりな作業ではありますが、こちらの工事自体は1日で終わりました(^^)

 


施工する業者の方と少しお話させて頂いたのですが、柱状改良を行っていたことで地盤が液状化してもお家は流れずに済んだ。というケースもあるそうです。お家の被害が小さくなれば、それだけ復旧にかかる時間や金額が抑えられます。
大阪は特に液状化による被害が大きいと想定されている地域ですので、ぜひ土台づくりの方も気に留めながらお家づくりを進めてくださいね(^^)/



―――――――――――――――――

ママン八尾
株式会社 関本工務店
〒581-0028大阪府八尾市八尾木東1-138
072-920-4955
http://maman-yao.net

―――――――――――――――――