電気工学の教授

テーマ:
昨日娘に言ってしまった発言に反省しましたが、それを書いてる時に私自身のエピソードを思い出しました。

私が大学生だった時の話です。

私が大学生の時はWindowsなどもなく、MS-DOSでパソコンを動かしてました。

父が職場でパソコン使ってたのか、家にあったパソコンを触らせてくれたのですが、シャットダウンする時(その当時は電源消す時と言ってたかも)は、この文字列を打ってからと。そうしないとパソコン壊れちゃうから、と。

そんな時代でした。

ちょっと記憶が定かではないのですが、高校生の時から家にパソコンがあったのか、それを触って興味がわいたのか、プログラマーになりたいと思っていたりしていました。

それで高校生の夏休みにコンピューターの専門学校の体験入学に行ったりもしてました。

それをほど難しいことはできないのですが、プログラム言語を使って図形を書くとか、そういうのはできるようになってました。

それで大学に入って電気工学の実習の時、パソコン実習があって、その頃はまだあんまりパソコンは家庭に普及してなかったと思います。

みんなモニターがあってキーボードがあってのパソコンを操作するのはほぼ初めてな感じ。

で、図形でお絵描き的なことをして印刷してみよう、というところまでがその日の課題でした。

円、線、四角を書くための言語はみんな教えてもらったのかなー。

私はもともと知ってたので、円、楕円、四角を使って葉っぱ付きのお花を書きました。

そして家にはなかったカラーで印刷できるプリンターだったから色も付けました。

そしたら、電気工学の教授がすごく褒めてくれたんです。

こんなにパソコン活用できる生徒がいるのは、嬉しいって。

こんな、遊んでるみたいに楽しんで作っただけなのに、こんなに褒められて、やっぱりコンピューター関係に進みたかったなーと思いました。

そして褒めてくれる先生の授業はやっぱり楽しかったです。

日頃の雑談も楽しかったです。

娘に対しては、あまり褒めてくれなかった私の父と同じ対応をしてるな、とたまに思います。

できたことを褒めてくれることなく、できなかったことを指摘してくる父。

できないことを責めることはしないけど、それだけじゃだめですよね。

娘はちゃんとこれだけできたから、褒めてって自分で申告もしてくれるのに。

あーそして私。
恩を受けた人に何も返せてないな、という気持ちになってきました。

恩知らずだな。

教授、お元気かな?
AD