不倫女からの連絡をひたすら待つ間にも、

どうなっているのかと
義両親からの様子伺いがよくありました。


そして、
やめときゃいいのに私もよく話をしていました。


本当、やめときゃいいのに…


義父はとにかく自分の息子には
慰謝料を払わせたくない様子でした。


すでに母親に300万の借金を背負わせている夫。


慰謝料を払うくらいなら、
母親の借金を返して欲しかったんだと思います。

その気持ちは分かります。


だから、夫が内緒で作って来た借金も、
母親に背負わせた借金も、

〇〇ちゃん(私)と2人で作った借金だ!

と言ったのだと思います。


なにそれ。共有財産的な話?
内緒で作って来た借金や事業の借金は
共有財産にはならないんですってー


それにですね、

妻である私の責任です!
だから頑張って一緒に返して行きます!

とかいう次元ではもうありません。


そして、不倫したのは息子さんです。
慰謝料を払う義務があります。


もちろん、
不倫女にも慰謝料を払う義務はあるけど、


悪いのは、夫。


どちらに慰謝料を請求するのか、
両方に請求するのか、
私次第ですしね。。。


義父は、夫の慰謝料の話になると
だんまりを決め込むくせに、
女の慰謝料の話になると、


「それはしっかり払ってもらわなきゃ。
僕が間に入ろうか?
僕が電話しようか?」


と張り切っていました。


そう言われればそう言われる程、
全額夫に請求したくなる私。


ってゆーか私の電話に出ないのに、
あなたの電話に出るわけないでしょーよ真顔


不倫女は、私と付き合う前に長く付き合って同棲までしていた元カノなので、
義両親とも家族ぐるみの付き合いがあった仲です。


だから僕が話せば分かってもらえる!
とでも思ったのかもしれません。


でも、
「息子は払えないから、〇〇ちゃん払ってね。」
とでも言うつもりだったのでしょうか…


義父は、女から慰謝料を取ったら
私達夫婦には離婚せずにやり直してほしいという感じでしたが、

例え離婚しても、
夫の結婚はもう二度と認めない。
例え相手が不倫女じゃなかったとしても、
結婚自体二度と認めない。
と話していました。


まして相手が不倫女となると、
「僕は絶対に認めない!
2人とも結婚して子供を持っていい人間ではない!」
と何度も言っていました。




私達の結婚が決まって
両家で顔合わせをした時、

真っ先に涙したのが義父でした。

嫁に出す立場のうちの父ではなく、

「息子がこんな日を迎えるなんて!」

と両家の前で声を上げて、大号泣した義父。


その涙の理由を、
その時初めて聞きました。


「僕のあの涙は、
結婚に反対する涙だったんだ!
〇〇君(夫)はまだ結婚していい人間じゃない
と思ったからあの時泣いたんだ!
知らなかったの?
感動の涙だとでも思ってたの?」


と。


息子がこんな日を迎えるなんて!
=息子はこんな日を迎えてはいけない!



という意味だったらしいです。



だから僕泣いちゃう!って?



真顔



真顔



真顔



ゲロー


知らんがな。


結婚して子供を持っちゃいけなかったはずのその息子さん、
2回も結婚して、2人も子供作ってますけど。

しかも2回目は、あなたがさらに認めないとおっしゃってた不倫女ですけど。


あ。忘れましたか?
そのお食い初め、2回目ですよー

お食い初めの意味、知ってます?

これから先、食べ物に困らないように…
って意味を込めてやるんですよー


おたくの息子さん、
食べ物どころか、
どんだけ生活に困らせて来たと思ってるんですかー



自分の子育てに絶対的な自信を持っていた義父。


私の息子がイヤイヤ期真っ只中だった時、

「イヤイヤ期?そんなものはない。
僕はそんな言葉、聞いたこともない。
僕の時は2人とも(夫と弟)そんなの無かった。
もっと良い子だった。
愚図ることなんてなかった。
〇〇ちゃん(私)の育て方が悪いんだ。」


と言われ涙したことがありました。



どうですか?


今でも、自分の子育てが正しかったと
自信を持って言えますか?