私のママまんま

  • 04Feb
    • 『私のママまんま』第1回(前篇)

      管理栄養士:高島布后(たかしまふみ)さんの私のママまんまをご紹介します!一児の母として、そして管理栄養士として、毎日を忙しく動きまわっている『働くお母さん』高島布后さん。仕事柄、子どもの食には人一倍の気を遣って育児に取り組んでいます。その高島さんが、最初の離乳食に選んだのが、なんと「お出汁」とのこと。管理栄養士ならではの発想には、子育ての大きなヒントが満載でした。◇「お出汁」を子どもの離乳食に選んだのは・・・-今回お聞きするのは、今のお子さん(柊菜ちゃん・3歳)の離乳食についてですが、なんと最初に作ったのが「お出汁」とか。高島布后さん(以下、布后):母乳で育てて来て、6ヶ月位から離乳食を始めましたが、あるプランを持っていてそれを実践したのが「お出汁」でした。日本は出汁の文化!今では、フレンチやイタリアンはもちろん世界中の料理人から注目されている『うまみ』を教えたいと思いました。-ほぉ~、『うまみ』を赤ちゃんに!それで「お出汁」ですか。布后:そうです。すり潰したご飯などのよくあるタイプの離乳食ではなく、「お出汁」を一番にこの子の口に入ました。すり潰したご飯などの離乳食は、ネバネバして子どもが嫌がるとか聞いていたので、“お母さんが口に入れてくれるモノは美味しい”と思って欲しかったのでしっかりと昆布とかつおで「お出汁」をとって飲ませました。-「お出汁」は赤ちゃんにとって濃くないですか。布后:いえいえ、味を調えるための塩などは一切使わないシンプルに昆布とカツオだけで取った一番出汁です。これなら赤ちゃんにも濃くなく、もちろん飲む量わずかですから、スグに作れますから。それを一週間くらい続けてから、その次は、その「お出汁」をベースにした和食系の離乳食を作っていきました。

プロフィール

ママまんま

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
大阪府

フォロー

このブログのフォロワー

フォロワー: 0

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス