がんのこと...ママ友にはどう言おう... | 癌のママと子どもの支援|不安が安心に変わるブログ

癌のママと子どもの支援|不安が安心に変わるブログ

がんになり不安なママとお子さんを、現役医師・がん経験者が母親目線から支援する非営利団体のブログ|診断直後から末期の状態まで、ママとお子さんの不安を安心に、そして笑顔に変える方法とは?幅広い分野の専門家と共に、ママの気持ちに寄り添います。


テーマ:

こんにちははーと 桜ですきらきら

 

今日は、がんと向き合う子育て中のママが必ず遭遇する問題...

『ママ友に言うべきか...誰に?...どこまで?...どのタイミングで? ↓↓』 という問題を考えてみましょう ハート

 

今の時代、“ママ友” と一言でいっても、いろんな関係のママ友がいますよね。

 

心から信頼できるママ友七つ葉 クローバー、子どもの所属が一緒だから形式上付き合っているママ友えっ、会う頻度も、付き合いの深さもいろいろあると思いますnews

 

では、自分が病気であることを言うべきか、言わないべきか? はたまた隠し通すべきか...?

これもまた、あなたのおかれた状況によってそれぞれだと思います。

 

どうしても、気持ちの面が表立ってしまい、言うことで噂されるのではむっ? とか、 そういう目で見られたくないしょぼん とか、誰かに伝えることによるデメリットは想像しやすくても、メリットの想像はつきにくいのではないかと思いますasease

 

そこで、今回は私の周りのがんと向き合うママたちが周りに言ってよかったheartという具体例を挙げさせてもらいますね♪♪ どちらもお仕事と子育てを両立されているママさんのお話しです。

 

【3歳と6歳(年長)の女の子2人のママ、Aさんの場合】

Aさんの子どもが通う保育園は父母会がとっても活発で、同じクラスや園内にたくさんの仲のいいママ友がいる環境でした。 Aさんは、検診で引っかかった時点から周りのママ友に気軽に相談しており、がんの診断がついた後も手術の日程が決まった時も気兼ねなく相談できるママ友が周りにたくさんいました。

Aさんは夫婦ともにご両親が遠方でしたし、親に心配をかけたくないためご両親には病気のことを伝えていませんでしたが、周りのママ友に伝えていたことで周りから次々に救いの手が差し伸べられ、お子さん2人はAさんの手術入院中、仲良しのお友達の家 何件かにお泊りをさせてもらうことで楽しく乗り切ることができたそうです。なんとご主人はAさんの入院直前に骨折してしまうというハプニングがあったにも関わらずショック、特に問題なく入院期間を乗り越えられていましたアップ これはAさんが、普段から父母会活動や母親同士の交流を活発にされてこられた賜物かもしれませんが、ママ同士助け合えたとても理想的な例だと思います合格

 

【5歳の息子さんをもつママ、Bさんの場合】

Bさんは幼稚園の一人息子さんをもつママさんです。Bさんのお母さまが近くに住んでおり、入院中などのお世話は頼めたそうですが、幼稚園バスを待つ場所が同じママ友だけには病気のことを伝えていたそうですハート 結局は入院中、抗がん剤治療中を通してそのママ友さんたちの力を借りることなく乗り切れたそうですが、お伝えしていたことで「ご飯つくっていこうか? 何か手伝えることあったら言ってねkirakira」と温かい言葉をかけてくれていたそうで、『子どもの面倒をみてくれている母が病気や疲れでダウンしたり、何かあっても、次に頼れる人がいる』という安心感がとても心強かったそうですラブラブ

 

“同じ年頃の子どもをもつママ”という存在は、相手の状況を自分に置き換えてイメージしやすいように感じます。

その人たちに自分の病気を伝えることは、必ずしも好奇の目で見られる、というデメリットだけではなく、『力になりたい!!』という共感力を生み出すメリットにもつながるのではないでしょうか3heart3heart3heart

 

その方たちの言動は、決して哀れみから出てくるものではなく、力になりたい!!という心底からの想いに突き動かされた言葉であり、行いだと思うのですkirakira

 

それに、人には頼りたくない、とか 甘えられない、とか思われる方もおられるかもしれませんがえっ 人って、本来支え合って生きていくように進化した生き物なんですよね。特に子育てにおいては...。(詳しくは2016年にNHKで放送され大反響だった、NHKスペシャル ママたちが非常事態!? 最新科学で迫るニッポンの子育て をご参照ください)

 

病気を前にして大変な今、 ぜひご自身のためにもお子さんのためにも、誰かに頼ってみる、という選択肢を頭の片隅に置いてみてくださいねベル

 

もちろん、伝えたすべての人が期待通りの反応をしてくれるとは限りません汗

人って、本当の意味で相手の気持ちがわかるのは、自分も同じ立場に立った時だけだと思いますし...。 

 

でも、5人に言ってみて、1人手を差し伸べてくれたら素敵じゃないですか2016 12 26

 

もしも誰の手も感じられなかったら、是非私たちまでご連絡くださいね七つ葉 クローバー

私たちはいつでも、あなたのために手と心を用意して待っていますよ恋の矢

 

 

 

 

癌ママ支援|がんのママと子ども支援|びょうきのママをささえ隊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス