持続化給付金と休業補償金は扶養に影響あり! | 古川ひかり 経理会計を女性起業の味方に!数字嫌いの女性起業家のための経理代行・記帳代行サポート

古川ひかり 経理会計を女性起業の味方に!数字嫌いの女性起業家のための経理代行・記帳代行サポート

「経理のことが心配で、売上を上げることに集中できない」
「毎年確定申告が憂鬱」
「数字を味方にしたいけど経理をする時間がない」
「経理は売上があがってからでいい」
と思っていませんか?
苦手な作業からあなたを開放、
数字面からあなたの事業をお手伝いします!

 

続々と申請された方から持続化給付金の入金があった旨

ご連絡いただいてます!

 

給付金や休業補償金をもらったら、雑収入として

課税扱いになる旨、Q&Aにまとめさせていただきました。

右【個人事業向け】持続化給付金Q&A

 

 

盲点!!

まったく気にしてなかったのですが、

ご質問いただきまして・・・気づきました。

 

収入としてカウントするということは、

扶養の判断にも影響があります!

 

 

扶養に入れるかどうかは

所得税については世帯主の税金に影響があるだけで

自分の税金には関係ないですが、

社会保険に関しては、

国民年金は健康保険料をご自分で納付することになるので

影響は比較的大きいと思います。

 

 

扶養の金額については、今年改正があって、

認識されている金額と相違するかと思いますが、

当記事での金額で今年は考えてください。

それについては改めてまとめますが、

取り急ぎ、標題の件だけ、お知らせさせていただきます。

 

 

所得税の扶養は?

 

1年間の自分の収支見込+給付金および補償金の支給見込または確定額

 

ここから青色申告の人は

65万円(紙提出する場合は55万円 また書きます!!)を引きます。

 

この結果 48万円以内におさまれば、所得税の扶養に入ることができ、

配偶者控除を適用できます。

 

48万円を超えても

「配偶者特別控除」というものがあるので、

すぐに配偶者控除が0になるわけでありませんが、

ひとつのラインです。

 

計算の結果48万円を超えていくのであれば、

他に所得控除がない場合には、

ご自分の税金(所得税)も発生していきます。

 

扶養の判断について、ご自分の事業の収支だけで判断していたものが、

もらった給付金もプラスして考える必要があるということです。

 

 

社会保険は?

 

売上が年間130万円を見込まれる段階で扶養から外れてくださいというのが

基本ラインです。

 

仕入や原価がある方は

売上から仕入や原価の金額を引いて(売上総利益)

年間130万円の見込みとなったときです。

ほかの経費はほとんど考慮されないことがほとんどです。

経費は、その経費がなければ事業が成り立たない経費

(原材料費、小売業における仕入など)

を引けますが、

それ以外の費用は差し引くこと はできません。

 

なので大体月平均10万円8千円の売上または売上総利益となった

段階で、加入団体へ相談してくださいとお伝えしています。

 

************************

なお全国健康保険組合・日本年金機構に問い合わせましたところ、

今年限りの給付金は扶養判定に含めなくてよいとのことでした!

(2020/6/30確認いたしました)

 

ご自身の売上だけで判定なさってください!

 

注意全国健康保険組合(協会けんぽ)の事例のため

それ以外の健康保険組合に加入されている方は

加入団体へお問い合わせくださいね。

************************

 

 

税金を資源にもらったものなので・・

 

事業を存続させていく、

給付によって資金が回る

という意味では非常に意味のある給付です。

 

税金を資源としてもらうものなので、

結果的にプラスになっていくのであれば、

税金でお返しするということですね!

 

****************

女性起業では

扶養範囲を気にされている方も非常に多いかと思います。

 

動ける時間が限定的だったり、

子育て中だったり、

家庭の状況によっては、扶養を気にしたほうがよい

タイミングである場合もありますが、

 

起業をして、

仕事を大きくしていきたい!

そういったプランを描いているのであれば、

脱・扶養!を目指していきましょう!

 

 

頑張って申請手続きを読み込んで、

でも意味不明で結局進めず・・

そんなこんなで、お時間を使ってしまっている方!

聞いてしまったら早いということもあります。

 

ご希望の方は個別相談(90分 10,000円)をご利用ください。

個別サポートでは、一緒に提出書類を確認したり、

申請手続きを並走してサポートさせていただきます。

 

【個別相談お申込み】

https://ws.formzu.net/dist/S58614398/

 

関連記事

 

 

クローバー 経理代行、各種セミナー、ご相談右  ご提供中のサービス一覧

メール経理のキホンを学ぶ無料メール講座右 女性起業のためのやさしい経理のはじめかた

?【無料】経理のお悩みブログで回答 右 投書箱
本 経理に役立つツール、各種テキスト販売中右 オンラインストア

スマホお問い合わせ右 お問い合わせフォーム