「棕櫚と、なかの真実」展/この週末(4月1日)より、はじまります。 | ●Malu Cafe●

●Malu Cafe●

はじめまして、Malu Cafe(マルカフエ)です

御嶽神社裏マルカフェ、4月は、「棕櫚と、なかの真実」

展示開催にあたり、作品搬入・設置いたしました。


 

大きな窓の下に並んだ、おなじみの表紙絵。

 

「おかえりなさい」

 

という気持ちで、原画を迎えさせてもらいました。

 

今回お持ちいただいた作品の多くは、毎日、毎日、本当に、(表紙絵として)殆ど毎日目にしているものなのですが、こうして、オリジナル作品を眺めてみると、鱗一枚、水泡ひとつ手を抜かない緻密な筆の運びに改めて気付かされ、どこまでも広がる物語世界にうっとりしたり、感心したり。心弾むのが、面白くてなりません。

 

白壁に映える、なかのさんの黒。


今回の展示では、タイトルにも冠した通り、マルカフェ文藝部の「棕櫚shuro」の表紙を飾った作品を中心に、「スポラディックE層」「おすし」「えんにち」などの企画作品、また、描きおろしの「イヴ」ほか、最新の連作イラストも初お目見えです。

 

【マルカフェ文藝部企画作品ご紹介】

●スポラディックE層

●おすし

●えんにち 「えん」「にち」

 

IMG_20160329_191603168.jpg

●どうしてカフェでブンガクなのか、というざっくりしたお話しはコチラから

見目よく整えるということ/そもそもどうしてカフェで文藝部なのかっていう

 

店内では、作品を表紙に据えたマルカフェ文藝部書籍も、展示・販売しています。

 

書籍はいずれもお手に取ってご覧いただくことが出来ますので、表紙を原画とじっくり見比べてみてください(合わせまして、本編もおたのしみいただければ幸いでございます)。

 

IMG_20160329_191620505.jpg

 

また、なかの真実さんオリジナル「挿絵がおおきい物語/巡」絵本「ジャンプ!」(エンブックス)なども、ご覧いただけますよ。クールなポストカードや、オリジナルトートバッグなども、引き続きお取扱い中。こちらも、ぜひ。


 

桜も盛りを迎える頃、いよいよ始まる「棕櫚と、なかの真実」展。人気のお花見スポット、桜坂や多摩川台公園、御嶽神社へのお散歩方、ぜひ、お運びください。

 

春めいた光をまとった神社裏で、皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

 

【なかの真実個展 「棕櫚と、なかの真実」】

・会期 2016年4月1日(金)-4月24日(日)/金・土・日のみ

・時間 11:00-17:00/ラストオーダー16:30 ※最終日は16:00閉店

・会場 MaluCafe(マルカフェ)/東京都大田区北嶺町37-2

・入場料 無料

HP www.malucafe.com

※おひとりさま1オーダーをお願いします。ちいさなカフェにつき、複数名でご来場の際は必ず御予約ください。

※会期中、イベント、貸切営業を行うことがございます。営業カレンダーをご確認ください。

 

【なかの真実/Mami NAKANO】

神奈川県川崎市出身のイラストレーター。日本出版美術家連盟 会員/マルカフェ文藝部 所属/マルカフェ美術部 部長。個人制作では植物や動物、自然。また、現実と虚構の混沌とした世界観をテーマに制作を行う。仕事では絵本・雑誌・パンフレットなどの表紙絵や挿絵、ショップカード、パッケージ、テキスタイル、年賀状などのイラストを手掛ける。

・2015年 第46回 日本出版美術家連盟展 浅野賞 受賞

・HP http://njet2.com/

 

●●●


営業時間内外、ご予約・貸切随時お承りしています
よくあるご質問(Q&A)一覧はコチラです。

 

【今後の予定】

●4月1-24日(日) なかの真実個展「棕櫚と、なかの真実」

●4月3日(日) 13:00-16:00「なかのちゃんとおしゃべりしよう」(イベント営業)

●4月10日(日) 16:00-MBC開催

●4月24日(日) -15:30(ラストオーダー15:00)/マルカフェ美術部16:00-

●4月29(金)、30日(土)、5月1日(日) おやすみ

●5月1日(日) 文学フリマ東京出展/マルカフェ文藝部

●5月3日(火祝)「水野行雄のマルカフェおしゃべり講座vol.2-イラストの話-」(受付中)
ペタしてね
金土日の週末カフェ(営業時間 11:00-17:00)
Malu Cafe/マルカフェ
〒145-0073 大田区北嶺町37-2
TEL/FAX:03-6425-8951
MAIL:chef@malucafe.com
東急池上線「御嶽山駅」より徒歩2分/「多摩川駅」より徒歩17分

Malu Cafeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス