【御礼】第19回文学フリマ/「マルカフェ文藝部&njet,njet」無事終了! | ●Malu Cafe●

●Malu Cafe●

はじめまして、Malu Cafe(マルカフエ)です


テーマ:
御嶽神社裏マルカフェ「マルカフェ文藝部」
連日TLでも宣伝続きでたいへんにぎやかしくしておりました、第19回文学フリマ
無事に出店完了いたしました。

D-17,18「マルカフェ文藝部」「njet,njet」合体ブース
お立ちよりくださったみなさま、
「棕櫚shuro」をお求めくださったみなさま、
またご関心お寄せくださったみなさま、
本当にありがとうございました。



おだやかな祝日の日のTRC
赤に染まった葉が出迎えてくれました
今回は全720ブースが集結したという屋内
会場開けると結構な人出!


福岡からのエールもばっちり受取り、
文フリガイドブックへの掲載を確認してほくほくし、
お昼には「小説家になろう」ニコ動番組より取材を受けてへんな汗をかきつつも、
さくさくおいしい差し入れで英気を養いながら‥



おかげさまで、ご機嫌な一日を終えることが出来ました。
(運営スタッフのみなさま、大変お世話になりました)

勢いで押した前回(おすし企画)に比し、
正攻法で臨んだ今回の文芸誌展示・販売。

●5月出店の様子はコチラから


津川智宏さんから頂戴した「カフェから生まれた文芸誌」という
ナイスキャッチーコピーを掲げ、
なんだか不思議な縁で集まった人間が、
マルカフェという場所でつくっているという小さな物語を添えて
お客様とのやりとりもたのしい一日となりました。

●●●

会場では、初めてお目に掛かる方も多くあり、
新たに興味を持っていただける機会も得られ、
此処にまた新しいご縁が生まれたら素敵だな、などと期待を寄せつつの店じまい。




「棕櫚shuro」
が誰かの家の本棚に並んでいるのを想像すると、

すばらしく、わくわくしてしまいますね。
せっかくですから、どうぞゆっくりご堪能ください。
そして、よかったら、御嶽神社裏にもあそびにお越しくださいね。
その際は、「文フリで…」と一言お声かけください。
店主大いに喜びます故。ぜひ。

またのお目見え心よりお待ちしています。
本日は、本当に、ありがとうございました。

Malu Cafeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス