「五節句」の「端午の節句」♪ | マルタ ニュースブログ

マルタ ニュースブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ハ〜イ、ボク、マルタ♪

 

池

 

みんな! 近頃のダイコン村は、新緑の木々が風に揺れ爽やかな季節だよ♪それに今日はボクたちが主役の「こどもの日」だね。それで、「こどもの日」を調べてみたんだけれど、もともとは「五節句」の一つ「端午(たんご)の節句」にあたるんだよ。

 

五月人形

 

「端午の節句」は、奈良時代に中国から伝わった古い風習で「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われ、昔は縁起が悪いとされていた5月5日に強い香りで邪悪なモノを追い払うために菖蒲やヨモギを軒(のき)につるし、菖蒲湯に入ることで皆の健康や幸せを願ったんだって。その後、一度はすたれたんだけれど、菖蒲が武道を重んじる意味の「尚武(しょうぶ)」と同じ読み方なので、武家の社会では縁起が良いとされ、江戸時代になると幕府が「端午の節句」を公の行事と定め、庶民にも広く普及をし始めたんだ。でも、武士が主だったから、男の子の誕生や成長を祝う行事になったみたいだよ!

 

鯉のぼり

 

だから、江戸時代以降は「男子の節句」とされ、身を守る「鎧」や「兜」を飾り、「鯉のぼり」を立てて男子の成長を願いお祝いしたんだ。また、初節句には「ちまき」を、2年目からは新しい芽がでるまで古い葉を落とさないことから「家が途絶えない」縁起物として「柏餅」を食べたんだってさ。理由が分かったら、ボク、柏餅が食べたくなっちゃった!

 

柏餅とちまき

これで、まんまるマルタ♪

 

「五節句」の「節」というのは、中国の唐時代の暦法で定められた季節の変わり目のこと。暦の中で月と日、奇数「=陽」が重なると陰になるので、悪いことが起きないようにと奇数の重なる日を選び出し、「避邪(ひじゃ)」の行事が行われた。内容的には旬の季節の植物から色々な方法で生命力をもらい、邪気(悪い気)を追っ払ったとか。こうした中国の暦法と、農業を行う日本人の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになった。奇数が重なる日だから、1年間に5日ある。

 

 

写真はイメージです。

マルタさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.