「小田原」 |   マルタのブログ

  マルタのブログ

       キッズ向けお話色々玉手箱♪


テーマ:

ボク、マルタ!

 

小田原

 

2月3日少しだけ暖かかった土曜日、ボクはおじいちゃんと一緒に神奈川県小田原市へ行って来たんだよ。目的は小田原城周辺の見学と、ボクの原作者/宮島永太良さんも参加して飛鳥画廊で行われている「新春あらたま展」を訪れることだったんだ。

 

小田原城

 

最初に向かったのは小田原城。駅からも見えるけれど、坂を上がって近づけば近づくほど迫力があり、右や左、上下色々な方向からお城を見て、思わずおじいちゃんと一緒に「う〜ん、小田原城カッコイイ!」って大きな声を出しちゃった(笑)。

 

猿

 

お城の周囲を見回し、気がついたら広場に大きな檻(おり)があったんだ。それで、覗いて見たら、中にはお猿さんたちがいて暖かい太陽を浴びながらノミとりをしていたんだ。気持ち良さそうだったよ。でね、後で宮島さんから聞いた話だけど、昔ここにはお猿さんだけじゃなくて、象やライオン、熊、クジャク、そして、なんとアシカまでいた小さな動物園があり、それに観覧車をはじめてとした楽しい乗り物のある遊園地まであったとか。今じゃ考えられないよね。でも、お城の下にある小さな遊園地が名残で、2周80円のSLや30円で乗れる遊具もあったから、ボクも久々に遊んで楽しかった!

 

遊園地

 

SLを降りて次に向かったのが、二宮尊徳神社だよ。これがまた自然を近くに感じられる神社で、たくさんの参拝客の中には外国人のもいたし、梅も咲いていて特におじいちゃんは大満足。もちろん、二人で神様にみんなの幸せを祈ってお参りしたよ♪

 

二宮尊徳神社

 

その後、お城の方へ戻ってブラブラしながら水仙や紅白の梅、今年の3月31日まで土日に一般公開されている小田原城銅門を見ながら、赤い学橋(まなぶばし)を渡って画廊に向かったんだ。

 

小田原城銅門

 

ゆっくり歩いて約10分で飛鳥画廊に到着。宮島永太良さんが待っていてくれ、中を案内してくれたんだ。天井が高いキレイな画廊に展示されている絵はどれも素敵だったよ。で、宮島さんの絵にはボクと仲間が登場していたのが、ちょっと照れくさかったけれど嬉しかった。

 

宮島永太良

5月には、いつもの「あらたま展」をボクは絶対に見に来るんだ!

 



クリップ


月刊 宮島永太良通信 バナー 「マルタの冒険」の絵とお話の作者宮島永太良の公式サイト
「月刊 宮島永太良通信」
http://www.eitarohmiyajima.net/

マルタさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス