世界プロレス協会が【ティール&ホワイトリボン プロジェクト 】を支援!!
デビュー20周年と結婚を機に 『プロレスを通して伝えたいこと2つ!!』のうち1つが私自身も患った『子宮頸がん』の予防・検診の普及や疾患治療情報の啓発として自らの経験を活かしたサポートでした。24日都内にあるNPO法人キャンサーネットジャパンを訪問し、今後の支援方法などの話し合いをし、これにより12月31日の新木場大会より『ティール&ホワイトリボンプロジェクト』のロゴ入りポートレートやグッズの売上金一部を寄付、会場でのリーフレット配布、子宮頸がん啓発グッズの販売、トークショーやイベント等で『子宮頸がん』の正しい知識の普及をして行く方針を固めました。

この病気はカミングアウトしにくいのと、間違った知識が一人歩きしてしまいがちなので、子宮頸がんを患った者として、正しく伝えなければ!という使命感が あり、こういった形から支援して行きたいと思います。
また、男性の方にも会場などで 配られるリーフレットや ティール&ホワイトプロジェクトのホームぺージを見ていただき、少しでも多くの方に知っていただけたらと思います。


{1F9DE0DD-3D33-40E4-84B6-E4814A39F58D:01}






世界プロレス協会 上林愛貴