こんにちはビックリマーク

 

10月に入り寒さが厳しくなりましたあせる

 

さて、季節は食欲の秋イチョウ

 

今回はお菓子作りをしました音譜

 

まずは旬のリンゴを使ってコンポートを作りましたりんご

 

 

 

出来上がったリンゴのコンポートに

 

贅沢にアイスを乗せて食べました🍨

 

「とても美味しく出来た」と

 

喜ばれていました爆  笑

 

その次はいももちを作りました🥔

 

 

 

「昔よく作ったわ」と昔話をしながら

 

美味しく頂きました照れ

 

 

今回はお菓子作りをメインに行いましたブルー音符

 

これからは今以上に寒くなりますので

 

皆さん、風邪に気を付けましょう🤧

どうもこんにちは、グループホームまことです!

ここ釧路では、真夏の暑さも和らぎ、9月も半ばへと入り、明け方には空気も冷え、

木々の葉も少しづつ緑から僅かに褐色へと色づき始めています。

そんなグループホームはまことは設立から早10年。

がむしゃらに走り続けてきたようにも思える10年。

そして2020年も気づけば後半を過ぎ、ふと我に返って立ち止まり冷静に振り返ると

本来であればアニバーサリーイヤーの真っ只中であるはずの今、

この『今』を素直に喜びたいところでしたが、

ご存知のように今年は新型コロナウィルスの流行など、

各対応に追われ、正直それどころではありませんでした。

しかし、そんなコロナ禍においても、ピンチや半ば強制的な変化を嘆くばかりでなく、

当たり前にあった日々の大切さにも気づくことが出来たようにも思います。

外出する。会う。話す。働く。遊ぶ。食べる。

その活動の『価値』に改めて気付けた気がします。

では、人間が人間として当たり前に日常の生活を過ごす営みの中で

介護福祉事業所が出来ることとは何か?

コロナだからとじっと居室に籠ってベッドに横たわっているだけは

サルコペニア、またフレイルなど運動機能低下による

いわゆる『虚弱』状態に陥ってしまいます。

こういう時だからこそ人間本来の生活の営みや活動を

私たちグループホームまことは改めて大切に支えていきたいと思います。

 

私たちの日々の事業所運営は

当事業所理念の柱でもある

『リハビリテーション』や『作業療法』を中心に据え、

いつもご利用者様の活動により支えられております。

職員一同、これからもいつまでも自立した生活が続けられるよう

精一杯サポートをさせて頂きます!

これからも楽しく、出来ることを続けていきましょう!!キラキラ

 

 

こんにちは!

グループホームまことです。

夏の暑さも少し和らぎ、9月に突入。

9月と言えば、敬老の日お祝い

ということで、この日はご利用者様の皆さんと敬老の日をお祝いしました!キラキラ

この日のメインはカラオケ大会を開催し、

ご利用者様と職員一同、歌を口ずさんだり、聴き入っていたりと各々が楽しまれているご様子でしたルンルンラブラブ

また、カラオケのあとはお楽しみのビンゴゲームなども開催しました!

敬老会の終了後・・・

皆様、おやつの紅白饅頭にに舌鼓を打っておりました!!

また来年もお楽しみに!!ニコニコ