search/サーチ(ネタバレ) | 映画でもどうどす?

映画でもどうどす?

映画好き。
日がな一日映画を観てぼーっとしていたい…、
そんな映画感想&日常blogです。

家族愛映画?いいえサスペンスです。

 

 

高校生の娘が行方不明になった。

おとんは気が気じゃない。

警察も乗り出してきて、

おとんも娘行方不明の謎を解明しようと必死のパッチに。

明らかになる娘の真実。

そして待っていた結末とは…。

 

 

 

 

 

===登場人物====

 

デビッド…主人公、PCに詳しい

マーゴット…娘、ある日突然消える

パム…デビッドの妻、リンパ腫を発症し帰らぬ人に

ピーター…デビッドの弟

ヴィック…担当の女性刑事

ハンナ…マーゴットのネッ友

 

 

 

注意!)ネタバレを知らないほうが楽しめます

 

 

注意注意注意注意注意注意注意注意注意注意注意注意

 

 

仲の良い家族でした。

でも妻がリンパ腫に侵され、闘病の果に亡くなってしまってからは、娘と二人暮らしです。

仲の良い親子だと思っていました。

だから娘が高校の友人と泊りがけで勉強すると連絡して来たときもOK出したんです。

娘から電話があったのにグーグー寝ていた私…なぜあのとき電話に出なかったのか。

 

 

その日、娘のマーゴットは消息を絶ちました。

 

 

私は弟のピーターに「マーゴットが帰ってこない」と連絡したのですが、弟は「友達のとこに行ってんちゃうん?」とのんきなものです。

友達…わし、娘の友だちなんか誰ひとり知らんがな!

 

 

!?ガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーン!?

 

 

娘のFBもTwitterもインスタも全部鍵付き。

私は必死になって娘の友だちを探し出します。

ログインパスワードを勝手に変えて…はぁ?そんなことしたらアカン?やかましいわ!

今現在娘が行方不明なんじゃ、わしは必死なんや!

 

 

中学の友人(男子)に連絡したら、その子のママンが「今キャンプに行ってるから電波が届かないんちゃう?」

は~~~、キャンプかよ、全く心配かけやがって。

 

 

ハートニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリニヤリハート

 

 

翌日、友人の男子から電話が来たんですよ。

「マーゴットはキャンプ来てないで?」と。

「な~~~に~~~?

親父は黙って、警察に連絡!」

ヴィックと名乗る女性警官が来て、これから彼女と娘を探すことに。

 

 

私は娘の友人たちに連絡を取りましたが、わかったのは、

楽しい高校生活を送ってると思いこんでいた娘が、

実は、

ボッチだったってこと。

 

 

ガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーンガーン

 

 

警察の手が入ったので情報が色々入ってきます。

私も持てるスキルを駆使して娘を探すことに全精力を傾けていました。

 

 

娘は行方不明になった夜、自分の車で街から出ていこうとしていた。

長年通っていたピアノ教室もやめ、渡していた授業料をポッポナイナイしていた。

そのお金をマネー・ロンダリングしてた?

偽造IDも作っていた。

ネットでハンナという友人を作って彼女と親密になって行ってた(彼女の母親もガンという共通項あり)。

…などなどが判明していきます。

わしの知らない娘がいる。

 

 

私は娘がネットに残した情報からバルボサ湖に行ったことを突き止めました。

お父ちゃん、やればできる子。

バルボサ湖で娘の遺留品を見つけてしまっちゃった。

 

 

警察が本腰を入れて捜索した結果、娘の車が湖から発見されました。

でも車内に娘はいません。

ただ車内から血痕が発見されたため事件性ありと判断された模様。

警察やボランティアが湖周辺を探してくれますが、嵐のせいで捜査も中断。

 

 

 

 

私が感情的に動きすぎたせいで、警察は私を捜査から外すと言い出しよりました。

さんざん今までわしの探し出した情報に頼ってたくせに掌返しか、オラァ!

フンゴー、フンゴー!

お父ちゃん一人でも探し出したるわ、チクショー!

 

 

私は、娘が、弟と、

「パパに」「兄貴に」

「知られたら殺される」(ハモる)

関係だったことをネットから探し出しました。

どういう関係なの?ねぇ?そんな禁断の関係なの?いやぁ不潔よぅ!えーん

 

 

私は弟の家に行き隠しカメラを仕掛け「お前らどういう関係やったんやコラ!」と詰め寄ります。

なんと二人は。

 

 

ハッパ仲間でした。ポーン

 

 

ウチの娘に何してくれとんねん!

私は弟を殺しかねない勢いでしたがヴィック刑事から「犯人が見つかったけど、自殺してしまいよった」と連絡をもらいます。

 

 

何その結末。

で、娘の遺体はどこなん?

まだ遺体が見つかってないなら早く探し出したってよ。

いやいや、遺体が発見されてない以上、わしが娘の生を諦めてどうすんねんな。

 

 

私は執念深く娘のネットの軌跡を探っていきました。

そこで。

ネッ友ハンナのアイコンが、写真モデルのものを使用したものだとわかっちゃいました。

彼女に連絡しても娘のことは知らないといいます。

 

 

私は鬼の首を取ったキモチで警察に連絡しました。

「ヴィックに伝えておきます、彼女も志願してこの事件の捜査に…」

警察の受付さんが言いはるけど。

「待って、あの人選抜されたんちゃいますん?」

「いいえ、自分から志願しはったんです」

 

 

ついでに。

ネットを調べてたら事件を起こした犯人とヴィックが昔の知り合いだったこともわかっちゃいましたん。

どういうこと?

 

 

マーゴットの追悼式会場。

私は式には出ず、式場の中継をモニター越しに見ています。

ネットで中継されてるのです。

警察が式場に入ってきたやん。

 

 

「只今障害が発生しています」と言う表示が流れ画像は途切れました…。

 

 

!以下ネタバレ!

 

      下矢印

                  下矢印

                  下矢印

                  下矢印

                  下矢印

                  下矢印

                  下矢印

 

 

 

 

 

ヴィックは警察で尋問されています。

彼女の息子はずっと娘が好きだったそうで、ハンナになりすまして娘に近づいたのですが、正体がバレてしまいあの湖のそばの崖から娘を突き落としたんだとか。

ヴィックは息子をかばうため、捜査に志願。

刑事という立場から、マーゴットは行方不明→暴行されて殺された…という筋書きを立てて誘導していったらしいのです。

犯人役の男には麻薬を打って死に至らしめました。

すべて息子を守るため。

 

 

崖から突き落とされた娘はまだ見つかっていません。

「死体の確認はしてないけど、あそこから堕ちたら死ぬわよ。

もし死ななかったとしても。

墜落してから5日経過してる。

人は水無しで5日も生きられない」

 

 

でも私はあることに気づきました。

 

 

警察が娘を探してくれます。

娘は見つかりました。

 

 

 

仲の良い家族だと思っています。

父と娘の二人で、

生きていきます。

ええ。

娘は無事でした、虫の息ながら生きていました。

 

 

その理由は、

映画で確かめてみてください。

 

 

    おしまい

 

―――――――――――――――――――――

 

 

 

全編PC画面越し。

…って言うと、

『アンフレンデッド』→■

これを思い出します。

皆さんの評価は低いけど、マダム結構好きだったぽん。

続編も出てはるよし?(アンフレンデッド)

 

 

ホラーの『アンフレンデッド』に対して、本作はサスペンス。

どんでん返しの素晴らしいサスペンスです。

 

 

いや、正直言うと、犯人は割と早く「おまえちゃうんけ?」ってわかるんですよ。

しかし、ある一点が素晴らしい!

それかーーーー!ってなりました。

 

 

ずっと画面のターンじゃ退屈するかな?

いえいえ、退屈どころか目を離せません。

ネット、隠しカメラ、報道のカメラ…、

マダムたちの世界はモニターの中で収まってしまうのです。

 

 

主人公のお父さんが、ハンバーグ師匠に「そこはかとなく」似ていて、観ているあいだじゅう「ハンバーーーグ」が脳内でリフレインしていましたが、それはどうでもいいよね~、そうよね~。

 

 

 

 

サンダンス映画祭で絶賛ザンス!されたのも頷ける出来上がり。

ぜひともサスペンス好き、ミステリ好きには観ていただきとう存じます。

血飛沫とか出ない。

スプラッタ描写もない。

おばけも出てこない。

それでも、マダムの心を鷲掴み。

いや、マダムどんだけアレなものを求めてるねん。

 

 

好き嫌いはあるでしょうが、こういう映画を知らないのはもったいないと思うの。

それくらい巧く作り込まれていました。

『SAW』やスペインサスペンスの「そこか、それか、してやられたナリよ」…そんな感じに近いかな。

 

 

おとんの「はわわわわ…」感が素晴らしいです。

今どきの親御さんはネットに詳しくないとアカン!という啓蒙映画でもあるのね(嘘)。

 

 

マーゴットの仮初め友人たちの態度にムカッ!

「マーゴットは頭がいいから付き合ってたんだも~ん」(利用価値が高い)

「マーゴットはママを亡くして気の毒だから…」(同情マウンティング)

そんなことを抜かしていた奴らが、マーゴットが話題の中心になった途端泣きながら「親友でした」なんてね。

親からしたら「なんかしとんじゃ(何を言ってらっしゃるのかしら)、おのれ(貴方様)は」ですよね。

「ぼっち飯食べてた娘に、

どなたか手を差し伸べてくれましたか?」じゃぜ。

 

 

どうでもいいやつからは好かれて。

ままならねー!

 

 

おじさんとの関係が「デンジャラーース!発覚!」した時は、

おじとの禁断の関係と、ハッパ仲間…どっちのほうがマシかといえば、ハッパ仲間?

お父さんの心中や如何ばかりでありましょうや。

そこへ「犯人見つかったけど自殺しよった」の連絡。パパンが崩折れるのもわかるってもんよ。

 

 

マダムは、
どんでん返しと伏線回収が巧い映画が好き。

 

 

『アンフレンデッド』の続編も準新作100円になったら借りなきゃ。

こうやって老後の2千万をためていくねん。

いや、アンタただセコいだけやん、

バレたか!

バレたついでにポチッとヨロシコ。

       ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村