キリング・グラウンド(ネタバレ) | 映画でもどうどす?

映画でもどうどす?

映画好き。
日がな一日映画を観てぼーっとしていたい…、
そんな映画感想&日常blogです。

クズ男しかおらんのか。

 

彼氏とニューイヤーキャンプに来たよ。

あれれ?あそこにもテントある。

まぁ、いちいち仲良くしなくてもいっか~~。

でもちょっと様子が変。

そう、ここには、狩人がいたんですのよ、奥様!

 

 

 

 

 

 

===登場人物===

 

イアン…医者、優しくて頼りになる。

サム…イアンの彼女、自らプロポーズする。

チョーク…地元の男。モテナイ。

ジャーマン…地元の男。モテナイ。

オーリー…赤ん坊、性別不明、よちよち歩き。

エム…何かしら心に傷を追ってるっぽい女の子。

バンジー…ジャーマンの飼い犬、アホ。

 

 

 

キャンプに来たイアンとサム。

キャッキャウフフでイチャコラパラダイス。

先客がいるけど、気にしないもんね。

 

 

その先客一家。

父と母、お姉ちゃんのエムと、赤ん坊のオーリー。

一家は仲良しそうだけど、エムは何かしら悩みを抱えているみたい。

翌朝早く、エムだけを残してパパとママ、オーリーは近くにあるという滝を見に行った。

 

 

チョークとジャーマンは町のはみ出しもの。悪い子として臭い飯も食ってる。

近所のバーで嬢ちゃんを口説こうとするが失敗。MNO!MNOですぞ。

 

 

注意えーえーえーえーえーえーえーえーえーえー注意

 

 

朝起きてきたイアンは、豚に食料を食われたことを知り、乗ってきた自家用車に食料を入れに行く…とタイヤがパンクしてるじゃん。全くもう!修理してたらサムの叫び声。

見に行くと、サムが赤ん坊を抱っこしていた。

「この子がオーリーか」

実はイアン、小さい子供の帽子を見つけてて、そこにオーリーって書かれてたことを思い出したの。

親の姿も見えない上に、脱水症状も出てるしで隣に停まったままの車を拝借して移動しようとするけどキーがない。

 

 

そこへやってきたチョーク。

「親は滝見に行く言うてたで」

もしかしたら途中で転落してるのかもしれない。

「子供も危険やけど、親を探しに行かんでエエのか?」

そう言われたら行か無くてはならないような気がしてしまったイアン。

優柔不断男のニオイがしてきた。

サムとオーリーを残し、チョークと一緒に親を探しに行くことに。

 

 

時間は遡り、パパやママが滝に行ったあと、エムは車の中で寝入ってしまう。

そこへやってきたチョークとジャーマン。

銃で脅し車からエムを引きずり出した。

エムの鳴らしたクラクションで駆けつけた両親だが、ジャーマンたちに拉致られ森の中に連れて行かれる。

 

 

エムは手篭めにされ意識をなくし、パパとママはゲーム感覚で撃たれる。エムもまた…。

 

 

 

 

何も知らず待っているサムのところへやってくるジャーマンはサムを脅すが、サムに腕を切られてしまう。

 

 

イアンが死んでいる父親とエムを見つけた。

逃げ延びて虫の息の母親をイアンが助けようとするが、チョークは撃ち殺す。

イアンはチョークの本性を知り逃走。

 

 

!?ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン!?

 

 

サムもまたオーリーを抱えジャーマンの手から逃れる。

ジャーマンは自分の飼い犬バンジョー(凶暴)を追手として差し向けた…のに、バンジョーは豚に食いついてガウガウしとる…アホ犬様やニヤニヤ

出血が思ったよりひどくて瀕死になるバンジョー。

倒れシボンヌ直前のバンジョーを見つけ「あいつらぬっころす」となるチョーク。

 

 

 

 

イアンはうまく隠れるけれど、オーリーが泣いたのでチョークに見つかっちゃったサム。

チョークは、なんと赤ん坊のオーリーを地面に叩きつけやがる。

「なにすんねん!ガーン

怒るサム、隠れるイアン。

 

 

イアンをおびき出すためにサムは無理やり致されるのに、イアンはジャーマンの乗ってきた車に乗って警察を呼びに行きよった。

サムを連れて引きずり回すチョーク。

オーリーがいなくなっていることを眼にしたサムは、イアンがオーリーを助けるために逃げたのだと確信。

 

 

警察がやってきてチョークも此処までかと思いきや、警官を撃ち殺すチョーク。

サムに運転するように言い、イアンを人質にとってチョークは逃走を図る。

「オーリーは?」気になって仕方ないサムがイアンに聞く。

「オーリー?知らん」

 

 

サムは全てを知ってしまった。

イアンが逃げたのは、オーリーを救うためでも何でも無く自己保身のためだけだったことを。

サムすら見捨てたことを。

 

 

!プンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンプン!

 

 

ムギギギギィィィィィ「ナンジャコイツらは、男って…男なんてーーームキー」となったサムは車を横転させ、転げ出たチョークを石で殴って殴ってぐちゃぐちゃに殴り倒してKILL…。

 

 

病院で気づくサム。

病院内をふらふらとうろついてたらイアンもまた同じ病院に入院しているのを見つけてしまった。

イアンが気づき眼と眼が合う。

でもサムの心中は?

 

 

      おしまい

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

クソです。

地元のクソボケムサ男もクソですが、イアンもクソです。

そして警官はアホです。

出てくる男性陣の中でクソじゃないのはパパだけど、パパ弱い…。

 

 

男なんて何の役にも立たないのかしらん?

そういう映画。

 

 

時間軸が入れ子構造になってるので(早い時点で気づきます)、サムの時間軸、エムの時間軸、クソ男の時間軸…が、なかなか良い味を出してるんじゃないかな。

サムたちが来た時先客さんが、いなさそうなのはそういう理由なんですよ。

 

 

チョークもジャーマンも、アホで粗暴でどうしようもない男だけど、強靭な肉体や精神を持ってるわけじゃない。

サムにあっさりやられるし。

一回警察で臭い飯食ってるんだから、「そういう事したらやばいし疑われるやろ」ってわかりそうなもんなのに、

「狩りに行ってきます」

…って書き置き残して出ていくドアホウに、止めに来たんかと思ったらこっちはこっちでムラムラ来るドアホウ。

ドアホウとドアホウ…。

ドアホウ数値100(ドアホウスカウターで見た場合)が二匹来たら×2じゃなく2乗になってしまう…。

恐るべしドアホウ。

 

 

 

 

ドアホウどもの力の源は、銃。

銃がなかったらポンコツ野郎じゃないか!

 


それにしても、サムとイアンはどうするんやろうね。

自分を見捨てて逃げた男なんか、愛も冷めるわな。

医者言う肩書きがあっても、冷めるわな。

それとも結婚して、ATMとして一生使役するのも手かもしれんけどな。

 

 

あ、オーリーはとりあえず生きてます。

アホンダラわんこのバンジョーが、何故か傍に寄り添ってる。

警察が大掛かりな捜査したら吠えてなんとかなるかもだけど、助かった時点で脱水もあって体力落ちてて、しかも叩きつけられたから…。

あまり楽観視出来ないのも確か。

 

 

タラー滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗タラー

 

 

赤ん坊に対してああいう非道な行為ができるやつってサイテー。

地獄に落ちろ。

ジャパニーズ地獄が、おめーをウェルカムしてやらァ。

…ってなるくらい胸糞な映画。

 

 

決して「よく出来た映画」ではないけど、

そしておすすめできる映画ではないけど、

キ●●イに刃物が、向こうでは銃なのね…、

サムの奮闘にスカッとしたポチ!

       ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村