初めて開催された、メジャーも含めたプロ選手達が全面的に

参加する、真の意味での「野球世界一決定戦」、"WBC"・・・。



  

「誤審」による惜敗、宿敵「韓国」戦での2連敗・・・。幾度も

厳しい状況に追い込まれながら、メキシコが意地を見せた、

度重なる「アメリカ寄りのジャッジ」に対するリベンジとも

言える、対アメリカ戦での勝利という「運」も見方に付けての

準決勝進出。




そして、TV中継でも映された「3倍返し」という応援ボードを

実現してみせた、「6-0」での、まさに、2連敗での合計点差

「2点」の3倍を取ってみせ、加えて「完封」というおまけまで

つけてみせた、日本野球の威信を取り戻した韓国戦勝利。



 

準決勝韓国戦で、度々チャンスを逃した際にみせた、日本

選手たちの押し殺した「静かな悔しさ」そして・・・、「気迫」。



その気迫、勢いを、決勝戦の初回から見せたキューバ戦を

10-6」という見事なスコアで勝利し「世界一」の栄冠を勝ち

取りました。


   王JAPAN胴上げ



 

各選手とも、プロ選手としての、本業の場であるシリーズの

準備期間であるこの時期を、「日の丸」のユニフォームという

栄誉のため、日本のプロ野球ファンの期待に応えるため

"WBC"へのチャレンジを最優先として闘ってくれました。


     王JAPAN&ファン

 

一スポーツファンとして、世界GP、F-1、そしてオリンピック等の

国際大会を現地観戦してきました。やはり特に、思い出、感慨

深いのは、TEDDY岡田選手のオーストラリアGP500での優勝、

シドニー高橋尚子選手の金メダル・・・、国際大会で、頂点に

掲げられる「日の丸」がどれほど「誇らしく神聖なもの」か・・・。



 

シドニーでの、日本野球敗戦の悔しさも味わった者としては、

本当に、溜飲を下げた、快心の勝利です。



 

プロ」という、選ばれた者達のみが身につけることができる

日の丸」の栄誉。幾万ものファンに支えられた「プロ」選手は、

それだからこそ、「ファンの夢」をかなえる義務責任があると

僕は思います。




今回、代表メンバーに選出されながら、参加を辞退した選手

少なからずいますが、いくら名選手でも、彼等は本当には僕達

「ファン」を大事には思ってくれてないんだ、そう感じ、ただただ

ガッカリするよりなかった、というのが正直な気持ちです・・・。



 

本業のシーズンが大事なのは、プロ選手全員がそうなのであり

辞退した選手だけではありません。ファンあっての地位、名誉、

そして収入であるのなら、例え「一銭、一文の得」にならなくたって、

本当の意味での「プロフェッショナル」としての責任を果たす

べきだったと思います。



 

サッカー選手でW杯辞退する選手なんて絶対にいない よね?



まだ世界一への道のり半ばであることは否めない日本サッカー

ですが、でも協会をはじめとし、プロ選手全員が代表メンバーの

重み、責任、そして栄誉を理解し、同じ目的で闘っている姿勢は

今回の"WBC"を見る限り、日本野球以上であることは疑いようが

なく、素晴らしいと思います。



 

今大会の代表選手達の「決して諦めない姿勢」は見事でした。

本当に感謝しています。言葉では言い表せないくらい嬉しい

こんな幸せな気持ちを味あわせてくれたことに感謝し、見事な

プレーに感謝しつつ、次回大会では、辞退する選手が一人たり

ともいないように祈っています。



 

プロスポーツ選手ではない僕ですが、仕事で日本を代表して

闘った経験はあります。英語を母国語とする連中に囲まれる

状況で、自分の力を100%発揮することが、どれほど困難な

ことか・・・。だけど、「日本代表」の責任と、任命された栄誉を

忘れたことはありませんでした。



 

「世界」で闘う。「世界」と闘う・・・。そして「勝利」する!!



 

本当に、本当に素晴らしい・・・。そして日本の野球小僧達に

新たな目標を、そして、「世界一」の野球国でプレーしている、

という「誇り」を与えてくれた王JAPANありがとう・・・!!


      王JAPAN


WE ARE the CHAMPIONS!!!!!!!!!!


          にほんブログ村 バイクブログへ 人気blogランキングへ