紹介します。

奈良県で作られている「吉野杉箸」です


大和下市では吉野杉という杉で江戸時代から酒樽を生産しており

今回そのときに出る端材を有効利用しようと考案されこのお箸が作られたそうです。


木の香り、手触り、色合い、模様どれをとっても癒しな感じです。

それに手に持った感じはきっとしっくりくるはずです。


デザインと測量を武器に前進あるのみ-吉野杉箸


「おもてなしの心」

これはわが愛知県西尾市にもあります。

そんな偶然もあって紹介しました。


吉野杉箸商工業協同組合まで興味ある方は問い合わせてみてください。


きっと作ってる人たちはあったかい人だと思います。


詳しくはこちらへ



【キーワード】KEI値を知る

テーマ:

ウェブデザイナーが制作の前にすることの中の一つに


キーワードの選択


があります。


これは検索でヒットしたい言葉を第一に決めて


次にその言葉で検索したときに上位に来れる可能性を探るわけですが、その時に


月間検索回数とその検索結果の関連性を表す指標を「KEI値」を使います。


KEI値が大きく かつ 月間検索回数の多いキーワードを選択するとより効果が高くなります。


KEI値だけが大きいより月間検索回数も多い方のがさらに効果は高くなります。


※KEIは月間検索回数の2乗 ÷ 結果件数

KEIとはキーワード有効性指標と言われ、数値が大きいほど「狙い目」キーワードになります。

例)「愛知県_旅館」と検索して1000件が該当したとします。

月間検索回数とは1ヶ月に「愛知県 旅館」で検索される回数です。

100回検索されたなら100です。

需要と供給の関係でいうなら需要ですね。

で検索結果(結果件数)は1000です。これが供給になります。

KEI値の算出方法は100*100/1000=10となります。

需要に対して供給の割合が低ければ競争相手が少ないことを意味し

上位表示されやすいということになります。


↑これで是非一度お試しあれ!


ためになった!面白かった!って人はポチッとペタをお願いします。


ペタしてね

集客する方法を考える。


そこで思ったのはやはり地域活性です。


自店だけでなく地域そのものに魅力を持たせないと


継続的に人を呼ぶのは難しいんじゃないかと思う今日この頃。


一時的に呼ぶのであれば芸能人でよい。


継続的ならばワイキキという地名を活かしもっとハワイっぽくしたらいいのになぁと。


簡単ではないが地元民が協力し地道にその努力をしていってほしいと


大きなお世話かもしれないが思った次第です。


” 統一感 ”


この町並みの統一感って非日常を感じる重要な要素ではないかと。


そして心地よい非日常が旅行で求めるものなんじゃないか。


口で言うほど簡単ではないがどんな統一をするか、方向性を決めてオリジナリティを出してほしい。


統一するのは地元の人の協力が不可避であり


それも皆で協力しないと成し得ない。


そんな決意が出来たなら是非協力したいと思う。


ペタしてね


ツイッターで呟き中