大宮西口MARSHAで加圧トレーニング・パーソナルトレーナーで活動中の長島雅子です。

6月も後半になりました。
ジメジメしてますが空気がひんやりしていて、それほど暑苦しさもなく去年に比べれば過ごしやすいです。

私の減量も、4ヶ月を過ぎようとしています。
今年は、本当に苦戦しています。
やってることやってるのに例年のように絞れません。

毎日体重計に乗る!
そんな言葉をよく聞きますが、私は体重計に乗るのをやめました。
なぜなら、毎日乗ったところでそんなに変わらないのがわかっているからです。
変わると言うのは
・食べた量
・水分の量
です。
だから、前の日に何を食べたか飲んだか、どんな生活をしたかで体重が1日で2~3kg変わるのは当たり前。
それで、痩せた!太った!なんて、ナンセンスです。



月単位で測定すると、微妙に変化がわかります。
これが毎日変わるかって?
それはないですよね。

体重を落とすことが目的ではない私のダイエット。
いかに元気を保ちつつ美しい体を作り上げるか。

この数値が物語っています。

そんなにガタガタと体重は減りません。
筋肉量をキープしているからです。

写真はそのうち改めてアップしますが、見た目はやはり、小さくなってしまっています。

小さくなっちゃダメなんです!この競技は。
いかにバルク(筋肉量)を保ちつつ、あるいはそれ以上に増やしつつ、余分な脂肪をそぎおとして本来あるべき美しい体を作るか!

これが、一般の、ダイエットとは大きく違います。

しかし、基本の「運動、食事、休養」はアスリートだろうと一般人だろうと変わりません。

競技を始めて9年目。
あっという間でした。
1年目から、こうして減量ができていたかと言うとそうではありません。
試行錯誤の繰り返し。
今でもそうです。

皆さんはストイックにやればこうなる!と思うのでしょうが、体は正直です。
運動をガッツリやって食事をギリギリで切り詰めたらスリムに美しくなるか?
それはないです。
経験しているから言えます。

頭も使って賢くなり、時には人の意見を聞き入れる素直さも必要です。
そして、体を休ませたり、思いきり食べる勇気も必要です。

すべては実践から学んだことです。

試合まで3週間切りました。
本来の調子を早く取り戻さないと!

なんですが焦ったところでイライラするだけ。

今はコツコツとやるべきことをやります。

「もっと絞れてたら」
「もっとがんばってたら」
「あの時、頑張れていれば」

たら!れば!
を言ったらきりがありません。

今の時期をどのように過ごすかは自分の心しだい。


MARSHA
ご予約はこちら左矢印
長島雅子