考えること | JRTのミントントンは猫が好き
新型コロナウイルスに関する情報について

JRTのミントントンは猫が好き

ジャックラッセルテリアのミントと猫のピノとのマッタリノンビリな日々のあれこれ

 

 

ほぼ日手帳 3月24日付

『 今日のダーリン 』が心に残って

いろいろ考えています

 

 

( 写真は3月24日の権現堂桜堤の様子です )

見頃でしたよ♪

 

 

 

 

少し要約して紹介させてください

 

 

人は、人に会いたがるもの 話したがるもの 集まったり触れたがるもの

それを禁じられ我慢しなければならない状況になったら

無力感におそわれてしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

それでも できることはありますよね

人の助けがなくてもいつでもどこでもできること

 

それは、考えること。

 

何がしたかったのか考える、 何がしてあげられるか考える、 楽しい物語を考える

子供の頃の夢を考える、行きたい旅のことを考える、食べたい料理のことを考える

仕事のアイディアを考える

 

 

 

 

 

 

考えたことを紙に書いていく

書いたことがだんだん貯まっていく

書いていくと、考えたことが残るんだ

書いてあることをヒントにして、また考える

 

 

 

 

 

 

今だからできること

今だから、できるはずだ。

この時期に生まれる新商品や、新アイディアがたのしみだ。

 

(以上、糸井重里氏の今日のダーリンを短めに要約して紹介しました)

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの感染が拡大して

アメリカやヨーロッパでは

たくさんの人々が外出禁止になっています

 

 

 

 

 

厳しい状況が続けば、

不安やストレスで暗い気持ちになってしまいます

 

 

yuriyuri1003(石田ゆり子さんのインスタグラム)が書いていました

 

コロナは驚異だけど

一番怖いのは

心の中が萎縮して

恐怖とか心配ごとに

乗っ取られることだ

 

人間に与えられたもっとも創造的なことに費やせる時間を

いま、与えられているのかもしれない

自分自身を この不安感に乗っ取られないようにしよう

 

そう思います

 

 

 

 

 

 

イタリアの深刻な場所では

家から出られなくなってほぼ1ヶ月になるそうです

大切なことは、心を穏やかに保つこと

ひとりひとりが隔離状態の中で

いかに落ち着いて生活できるかにかかっていると思う

と、ゆり子さんの文章へのコメントにありました

 

 

 

 

 

 

日本の私たちは自粛だらけだけれど

外出禁止にはなってないので

今日家族でお花見を楽しんでくる事ができました

 

 

 

 

 

 

 

まだ恵まれていると安堵と感謝をする自分がいますけど

 

世界の各地での様子をニュースやSNSで見て聞いて

耐える人々、助け合う人々、休む暇もない医療従事者の方たちのこと

ベランダで歌を歌って近所の人々を力づける人たちのことを知りました

 

新型ウィルスと戦う世界中の人のことを見ながら

今 何かとても大切なことを学んでいるところなのかな

って思ったりもしてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はお母ちゃん語っちゃってるにゃ〜にゃー

 

 

 

 

 

 

うん 心に響く文章に出会って

なんだかお母ちゃんも考えちゃったの

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村