331. もしかしたら人類の危機!? | 脳腫瘍になんかに負けない、 マッキーの後遺症と共に生きる今、そして明日へ
新型コロナウイルスに関する情報について

脳腫瘍になんかに負けない、 マッキーの後遺症と共に生きる今、そして明日へ

40代で余命宣告され、脳腫瘍手術〜リハビリを乗り越えた体験記です。

 

毎日のトップニュース、

日中を賑わすワイドショー、

 

コロナウィルス、新型肺炎。

 

最初の発症から、あっという間に

世界に広がり、一国だけでなく

WHOまで・・・地球規模に。

 

医療関係者から、

公共機関の仕事従事者や一般市民。

 

目に見えないウィルスの感染は、

またたく間に、驚く数字になっています。

 

そんな中で

2週間近く監禁されていた

武漢からの帰国の方々で

良好な方は、自宅に帰れたとか。

 

嬉しいニュースですね。

 

真っ先に、受け入れをした

勝浦のホテルと市長はじめ

市民のみなさまには、

頭が下がります。

 

学校で、子供たちの

心ない言葉に傷付けられた時期も

あったと聞きます。

それをなくした説明会、

それを支えた

「困っていたらお互い様」の温かい心。

 

子どもの頃読んだ、

「ハンメルンの笛吹き男」の話を

思い起こします。

治療法の見つかっていない病を

児童書にしたのではないかと。

 

その頃は、チフスなど疫病が流行ると

手がつけられなかったので、

色々なデマや祈祷や生贄や・・

非科学的なありとあらゆる手段で、

封じ込めようとしただろうと。

 

21世紀の今、人間の命を狙う

ウィルスから、立ち直る話を聞き、

小説や児童書で安心して接する時代が

来ることを願います。

 

ブログを読んでくださるみなさんは、

大丈夫ですか?

正確な情報と専門的な医療と環境を

全世界で共有できる日が、

一日でも早く来ることを願って!!

(練習のリバーサイドホールを臨んで)

 

2月23日

国技館5000人の第九コンサート

ベートーベンの「人類みな兄弟」の

フレーズに心を込めて!

 

2月16日の緊急情報です。

今回の国技館5000人の第九コンサートは、

コロナウィルス拡大のため“中止“が

決定したとのことです。

 

     残念!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ポチッと応援よろしくお願いしますラブラブ

 


人気ブログランキング