親の反応 | 愛される法則

テーマ:

キラキラ多くの方に読まれた人気の記事キラキラ

赤玉5度目の結婚(シリーズ全巻)NEW

https://ameblo.jp/makky0310/theme-10107347844.html

 

宝石緑登録者数4100名超!宝石緑

赤玉大人気・公式LINELINE質問コーナー

https://ameblo.jp/makky0310/theme-10102412182.html

 

ベルマッキーはこういう人ベル
赤玉人生、しんどくないですか?

 

 

 

 

 

おはようございます。

マッキーです。

 

 

 

 

昨日は

無事日帰りで

秋田に行って来れました。

 

(けっこう早く伊丹についたよ。)

 

 

 

 

 

 

かかった交通費は

1日で9万円w

 

 

 

 

 

割と笑えない金額ですが

祖母にお別れ出来るのは

今しかありません。

 

 

 

 

 

 

金額ではないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

さて

実は祖母が

今の時期に亡くなってなかったら

 

 

 

本当は両親が来週

大阪入りする予定でした。

 

 

 

 

 

 

まんまと来れなくなって

まー、こういう理由では

いたしかたがないですが、

 

 

 

 

これまた航空券のキャンセル料が

直前なので結構かかったですよ、はい。

 

 

 

 

 

 

なによりも

 

 

 

今回両親が1年ぶりに大阪に来ることで私は

 

 

結婚したことの報告と

夫に会ってもらいたかったのですが

 

 

 

その希望も絶たれました。

 

(別におばあちゃんのせいではありません。むしろ、私の入籍まで待っててくれたんじゃないか?と、強くそう思っています。さすがにおばあちゃんが亡くなってすぐ、入籍はちょっと・・・・ですものね。)

 

 

 

 

 

 

なので

今回私が秋田に入るのに

ちょうどいいと思い

 

 

私の結婚の報告をする決意で

参りました。

 

 

 

 

 

 

なんといってもわたくし、

 

もうみなさんも十分ご存知ですが

 

 

私の婚歴は5回(笑)

 

 

 

 

両親も

もう勘弁してくれ!状態です。

 

 

 

 

 

 

 

実は

2度目の結婚の時にすでに母親に

 

 

 

『もう(こんな結婚とかで)私たちをわずらわせないでくれ。』

 

 

 

と言われていたので

(でもおそらく、射手座いて座母、自分そんなこと言ったことを、すっかり忘れていると思う。)

 

 

 

 

 

 

この言葉は

魚座の私にとっては結構重く、

 

 

 

 

もう2度と私の結婚で

両親をわずらわすのをやめよう

 

(例えば、相手の紹介とか、結納とか。2度目まではやっていたのです。)

 

 

 

 

そう決意さすのに

十分でした。

 

 

 

 

 

 

 

なので私は

 

3度目の結婚からは

両親に

 

一切打ち明けていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日

両親が我が家にやって来て

 

 

 

そこに知らない男がいる💧

(しかも、3度目に至ってはアメリカ人だし。)

 

 

 

 

そういう状況に遭遇する・・・。

 

 

 

 

 

私はなんとも親不孝なことを

してきたものだ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

今回も当然、

 

結婚を前提に

お付き合いしている男性がいるなどとは

両親つゆ知らず。

 

 

 

 

 

だけど

今度の結婚に限っては

 

今までの4度の結婚にない喜びと

やる気に満ち溢れていて

 

 

 

だからこそ私は

結婚したことだけは

両親に知っていてほしかったのです。

 

(理解なんて全然いらない。今日隣のスーパーでセールしてる、ってくらいで覚えてくれていれば、という思いです。)

 

 

 

 

 

 

でも

こんな状況で秋田に行って

 

そこでそれを打ち明けられたのは

 

寝耳に水以外の

何ものでもなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

だけど

次に話すとしたら

いつになるか?わからない・・・・。

 

 

 

 

 

 

ほんでどうも真紀子は

男がいるらしい・・・・とか

 

 

その方が私には

とっても嫌なことだったのです。

 

 

 

(アメリカ人の時は、本当に天地がひっくり返るほど驚かせてしまったと思い反省してます。)

 

 

 

 

 

 

 

再婚して

苗字が変わったことだけを

母に伝えると、

 

 

案の定、私の母は

 

 

微妙すぎるほど微妙な表情をし、

 

 

 

 

今(こんな死んだ直後に)結婚は出来ないよ

 

 

 

 

とだけ言いました。

 

 

 

 

 

 

 

いや、

これから結婚するんじゃなくて

 

結婚したんです。(過去において)

 

 

 

もう苗字が変わっているの。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう母も、

何も言えませんよね(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

こんな娘で

本当にごめんね、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母とは、

18歳の高校卒業するまで

一緒に住んでいたのだから

 

 

 

 

こう言う時の

母の思考回路がどうなるのか

ということなど、

 

嫌と言うほどわかります。

 

 

 

 

●相手は誰?どんな人?

●いつ出会ったの?どうやって出会ったの?

●何歳なの?子供は?

●どんな顔?(←これ絶対気にしてる)また変なの捕まえてないよね?

 

 

 

 

 

本当は一番気になっている内容が

これなのに

 

 

直接私に聞けない母。

 

 

 

(ちなみに、気になってもそんなことは詮索すべきでないと思っている父。後でおしゃべりな射手座母に細部に渡って聞かされるのだから、心配していない。)

 

 

 

 

 

 

そして私が去った後、

 

近所に住む叔母に

すぐに電話して

 

 

真紀子はいつの間にか再婚してたー!

 

 

って泣き言、言ったり

 

 

 

 

おそらくすでに

詳細をよく知っているであろう

 

 

私の子供達

 

 

根掘り葉掘り聞くに違いない。

 

 

 

 

 

 

私の母の

心配どころがまたおもしろくて

 

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

 

真紀子が誰かと結婚してしまったら

私の老後は誰が面倒みてくれるのだろう?

 

 

(苦笑)

 

 

 

 

 

 

なんとも正直な母。

 

言葉にしては言わないけどね。

 

 

 

 

あんたの考えていることは

よくわかるよ。

 

 

 

 

 

 

子供の心配より

自分の心配。

 

 

 

 

 

 

月が蟹座で

自分の感情のアップダウンを隠さず

 

素直に表現してしまう

 

いかにも若い星座、蟹座っぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどわかってるんだ。

 

 

 

 

本当は母は

私をすごく心配していて

 

 

 

(また不幸になるくらいなら、一人でいればいいのに。)

 

 

 

 

と思ってくれていることも・・・・。

 

 

 

 

 

まぁ、だけど母さん。

 

 

それはあなたの考えであって

私の希望ではないからね。

 

 

(一生一人なんてまっぴらごめんだわ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

そんな母は私に

驚きの質問をしてきた。

 

 

 

 

 

その人(私の夫)子供いるの?

 

 

 

 

 

真紀子:

 

うちらと同じ年代なんだから

同じくらいの子供がいるに決まってるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

続く母のこの言葉が私を

相当ビビらせた。

 

 

 

 

 

 

 

あら〜💧

子供いる人なの?

 

(いかにも残念と言わんばかりに!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの発言を聞いて

心底びっくりしてしまった!!!😱

 

 

 

 

 

母の言いたいことはこれ。

 

 

 

 

 

 

相手にも子供がいるなら

 

あなたが大変でしょ?

 

(相手の子供に気を使わなければいけないじゃない?)

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、母の

私に対する素直すぎる心配(愛情)

心の底からびっくりします。

 

 

(月蟹座。本当は心の底から私のことが心配💧)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母よ。

 

私の婚歴を考えてみてくれ。

 

 

 

 

 

こんな私をまるで今でも

 

 

 

○独身18歳

○ピチピチ処女

 

 

のごとく

心配してくれるのはありがたいが

 

 

 

 

 

 

 

私は車で言うなら

 

 

総走行距離

20万キロも走った

 

 

 

 

中古車中の

中古車やで真顔真顔真顔

 

 

 

(折り紙つきw)

 

 

 

 

 

 

 

そんな私のことを

ほんのちょっとでも理解出来たなら

 

 

母親として

そこまで苦労してないんだと思うけどね〜。

 

 

 

(月蟹座、自分の人生と、子供の人生を切り離して考えられない。)

 

 

 

 

 

そんなこんなの

日帰り秋田旅となりました。

 

 

 

 

 

私の祖母は

93歳まで生きたそうです。

 

 

 

 

顔は本当にただ眠っているようで

非常に安らかでした。

 

 

 

 

 

おばあちゃん

生まれてくれて

生きてくれて

 

そして私たちに命をつないでくれて

本当にありがとう。

 

 

 

93年の人生

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

安らかにおやすみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

マッキーラブラブドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@東野真紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります