知ってると【100倍得すること】 | 愛される法則

テーマ:

 

【マッキーと一緒に働いてくれませんか?】 NEW代理店制度募集開始(まもなく)

 

赤玉【重要なお知らせ】代理店制度スタートします

https://ameblo.jp/makky0310/entry-12396270539.html

 

 

 

 

昨日、18時からは

 

 

ダンゼンモテモテドキドキ

LINELINEコミュニケーション必勝講座

 

 

でしたよ照れ

 

 

 

 

 

 

私:大阪

順ちゃん:京都からの

 

 

初の100%オンライン講座

 

 

 

 

昨日は

 

 

千葉県一宮町

大阪府大阪

山口県エコハちゃん

 

 

 

と、それぞれの都道府県より

ご参加いただきました。

 

 

 

 

なにぶん初めての100%オンラインだったので

どうなることか?とちょっとだけ

心配もしたけど

 

 

 

 

 

 

心配無用やった。

 

なんちゅ〜楽しい3時間酔っ払い

 

 

 

 

(そうではありませんでしたか?ご参加の皆さま・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

もう私も途中から

エンジンバリバリかかり始めて

3時間もあっちゅ〜ま。

 

 

 

 

それにしても

いつもながら

 

 

星座のあれこれあれこれ・・・

 

 

 

 

・彼って、そんな人なの?

・えーー!!?まさかのそんなことが大切だったの??

・私、全然真逆のことしてた・・・。

・彼って・・・・実は、めんどくさい・・・w

 

 

 

 

など、今回も

いろんなびっくりが

ご参加の皆さまから聞けて

 

マキコはとても満足なのでした。

 

 

 

 

 

 

ね?ね?ね?
 

 

本当に人って違うでしょ?

 

 

 

 

 

そして

星の特徴を知ると

 

 

 

 

そっか。

私はこうすればよかったんだ

 

 

 

 

って腑に落ちるでしょ?

 

 

 

 

 

そうなんです。

そうなんです。

 

それでいいんです照れ

 

 

 

 

 

私はみなさまのそんな安堵の表情と声を聞けただけで

とてもとても満足なのでした。

 

 

 

 

 

 

さて

これをご覧の皆さまで

星のことをまだあまりご存知ない方は

 

 

星座によって

どんだけ人って捉え方や

大切にしていることが違うのか?

あまりわからない部分だと思います。

 

 

 

 

なので今日は

メタファー(たとえ話)を使って

ちょっとお話していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むかしむかし

あるところに

 

きよ彦という農家の若者がいました。

 

 

 

きよ彦は

生まれた時からず〜っと百姓の両親に育てられ

 

 

 

年頃になると

 

なんの疑問も疑いもなく

そのまま両親の後を継いで

百姓になりました。

 

 

 

 

 

ある時きよ彦は

農具である鍬(くわ)の先がだいぶすり減って

 

畑をたがやすのに都合が悪いことに気がつきました。

 

 

 

 

 

きよ彦は農家にとってとても大切なものである鍬(くわ)を

丁寧に大切に扱ってきたけど

 

 

鍬だって使っていれば減ってきます。

 

 

 

 

 

そこできよ彦は

生まれて初めてみやこに

鍬(くわ)を買いに出かけることになりました。

 

 

 

 

きよ彦はもう十分大人だったけど

彼にとってみやこ行きはなんと

生まれて初めての体験でした。

 

 

 

 

なぜなら去年一緒に野良仕事をしていた父親が

他界していたからです。

 

 

農具を買うのはいつも

父の仕事だったのです。

 

 

 

 

 

* * * * * * * * *

 

 

 

 

 

 

みやこに出てきて見ると

すごい人、人、人・・・・

 

 

 

 

きよ彦はすっかりめんくらってしまいました。

 

 

 

でもきよ彦は

農具である新しい鍬を

絶対に買って帰らなければなりません。

 

 

 

 

 

きよ彦は

どこに行けば鍬が買えるのかさっぱりわからなかったけど

誰に聞いたらいいのか?

どこで聞いたらいいのか?もわかりません。

 

 

 

 

 

勇気をふるって

近くの人に声をかけました。

 

 

 

 

 

 

きよ彦:

あの〜、鍬はどこさ行けば売ってるべ。

 

 

 

 

町人:

クワ?なにそれ?

 

 

 

 

 

町人はそうとだけ言うと

困っているきよ彦を一人残し

あっという間にどこかに行ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

きよ彦:

あや〜

あの人だば、鍬も知らねぇんだべが。

そんな人もいるんだなや〜。

びっくりした〜。

 

 

 

 

 

 

きよ彦はそう思うと

次の人に声をかけました。

 

 

きっと次の人だったら

鍬がどこで売っているのか?を

知ってるでしょうから。

 

 

 

 

 

 

ところが・・・・・

 

 

 

きよ彦がいくら声をかけても

鍬がどこで売っているのか?を知っている人は

誰もいませんでした。

 

 

 

 

それどころか

 

 

 

 

鍬がなになのか?

その存在すらわからない人がほとんどだったのです!

 

 

 

 

 

 

 

きよ彦は

すっかり意気消沈してしまいました・・・・。

 

 

 

 

私が大切にしてきたことはなんだったんだろう?

 

 

 

 

きよ彦は

生まれて初めてそんな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

そしてそんな気持ちのまま

ぼんやりと人々が行き交う街を

眺めました・・・・・

 

 

 

 

 

 

するとそこには・・

 

 

 

 

 

 

見たこともないような

美しい布を売る人。

 

 

 

 

 

何か紙にたくさんの文字がかかれていて

それを一生懸命人々に配るもの。

 

 

(きよ彦は文字が読めなかったので、そこになにが書かれてあるのか?わかりませんでした。)

 

 

 

 

 

 

何か素晴らしく美しい音色が出るもので

心地の良い音楽を奏で

人々に聞かせるもの。

 

 

 

 

 

 

大声で町の人に語りかけ

それを熱心に聞く者・・・・・。

 

 

 

 

 

 

きよ彦は鍬を探すことに必死になっていて

それまで全く気がつかなかったけれども

 

 

 

 

街には実にたくさんの

自分の知らないこと

知らないものがあふれていることに

 

その時初めて気がつきました。

 

 

 

 

 

 

そうか。

 

俺は今まで野良仕事という

たった1つのことしか知らずに

今まで生きてきたけど

 

 

世の中には実にいろんなこと

いろんなものにあふれていたんだな〜。

 

 

それしか知らなかったとはいえ

自分は実にモノの見方が

せまかったんだな〜

 

 

 

 

 

きよ彦は

生まれて初めて

 

 

 

●自分が大切にしていること

●他者が大切にしていること

 

 

 

これがあることに気がつきました。

 

 

 

 

 

そう思えるようになると

街でみかける

きよ彦が初めて目にしたものや

人々が

 

 

何かとても興味深く

意味のあるものに見えてきました。

 

 

 

 

そこできよ彦は

せっかくみやこに出てきたのだから・・・と

 

 

街のあちこちを見に行くことにしました。

 

 

 

 

 

結果きよ彦は

当初から欲しかった鍬のお店を見つけることが出来

ちゃんと新しい鍬を買って帰ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

 

 

 

 

ともすると私たちも

きよ彦と同じように

 

 

 

自分が大事にしていること(もの)は

他者も大事にしているに違いない

 

 

 

そういった見方をしてしまいます。

 

 

 

 

 

あなたが大切なことは

間違いではないのだけれども

 

 

それでは

 

 

他者と知り合う

他者と触れ合うというせっかくのチャンスを

 

自ら放棄しているようなものです。

 

 

 

 

 

 

ホロスコープの世界を知ることで

今まであなたが見たことも、聞いたこともない

驚きの発見があるはずです。

 

 

 

 

 

 

マッキーラブラブドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

マッキーのところで

楽しく、時間を忘れるほど愉快に笑いながら

ホロスコープの勉強をしませんか?

下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 

 

◆ホロスコープ講座◆ 

赤玉2Days禁断のホロスコープ講座(基礎講座)ドキドキ

http://makinlp.com/horoscope/

 

 

 

 

LINE@の友だち追加、お待ちしておりますドキドキ

 

友だち追加

※うまくいかない方は @makky でID検索してくださいね

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@鈴木真紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります