人生の手綱(たずな)はゆるく握る | 愛される法則

テーマ:

キラキラみなさんのフォロー(お友達申請)をお待ちしております

 

いいねフェイスブックいいね ←メインでやってます音譜

https://www.facebook.com/makky0310

 

ツイッターツイッターツイッター ←どこにも書けない本音を暴露中!w

https://twitter.com/maki_soyon

 

インスタグラムインスタグラムインスタグラム ←時々あげてますw

https://www.instagram.com/makiko_soyon_suzuki/

 

 

 

 

 

世界のマッキーおかげさまで

車はメルセデスという

とってもいい車に乗っているのだけど

 

 

 

最近のCクラス(メルセデスのクラス)には

自動運転の初期段階とも言える

 

 

ハンドルアシスト機能

 

 

なるものがついています。

 

 

 

 

 

これはなにか?というと

 

高速道路のような場所で

速度指定すると

 

(たとえば100kmとかね。この瞬間からアクセルに足をかける必要がなくなります。ちなみに、前に他の車や障害物が現れると、自動でブレーキかかります。)

 

 

 

 

同時に道路の白線に沿って

走行するようになるんです!

 

 

 

すごくないですか?びっくり

 

 

 

 

この時、ハンドルを離しても

 

 

クックックッハンドル

 

 

っとハンドル勝手に動きます。

 

 

 

 

 

 

ところが今の日本の法律では

30秒以上ハンドルを手放しして運転してはいけない

というものがあるらしく(当たり前)

 

 

 

30秒以上離していると

 

ものすごいどす赤い警告サインがついて

 

 

 

 

ハンドル握りやがれっ!!ムキーDASH!

 

 

 

 

と車に怒られますw

 

 

 

 

 

 

まー

このハンドルアシスト機能はあくまでも

 

自動運転の走りであって

ぜんぜん信用できるものではありません。

 

 

 

 

だって

自動走行の基準になっているのが

どうやらただの両脇の白線らしいですから。

 

 

 

白線がなくなった途端に

機能しなくなるわけですよ。(危ない)

 

 

 

 

 

自動運転の技術は

まだまだ脆弱です。

 

 

 

 

(でも昔はなかったわけですから、本当にすごいですよね。)

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

私はなんの話をしたいのか?というと、

 

 

 

この脆弱なハンドルアシスト機能なんですが

なかなかどうしてバカに出来ない。

 

 

 

 

全くの両手離しは危険きわなりないですが

 

 

それでも

 

 

 

雨の日の高速道路とか

夜の走行とかで

 

 

 

 

大きくカーブするシーン

(秋田は山間部富士山を走るのでよくあります。)

 

 

 

 

こういった時に

大きく運転に貢献してくれます。

 

 

 

 

 

運転する方ならわかると思うけど

 

 

大きくカーブする場面で

それに結構スピード出ていたりすると

気を緩められないので

結構ストレス感じるんですよ。

 

 

 

 

 

特にさっき言ったみたいに

雨の日とか

夜の走行とか。

 

 

 

 

 

そういう時でも

しっかりハンドルアシストしてくれますから

 

 

握ったハンドルがなんとなく

 

 

 

クックックッハンドル

 

 

 

って

曲がるべき方向にアシストしてくれるんです。

 

 

 

 

 

これはあまり運転に自身のない

女性である私には

 

 

本当に心強いシステム

 

 

 

 

さすが世界のメルセデス

超:素敵酔っ払い

 

 

 

 

ってなる瞬間です。

 

 

 

 

 

そう。

 

頼りになるけど

あまりでしゃばりすぎない

真摯な男でもあるかのように

 

 

 

未熟な私の運転を

しっかり

しかしさりげなくサポートしてくれる・・・・

 

 

 

 

 

これが男だったら

惚れずにいられますか?

 

(私なら自ら結婚してくださいっ!!と迫りますwww)

 

 

 

 

 

 

もう。

ベンツってば

 

 

 

超:素敵ラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

まー私のひとり芝居はこのくらいにして

私の感じていることを書きます。

 

 

 

 

 

この自動運転のシステムって

 

神様の私たちに対するさりげないアプローチに

ほどよく似ている

 

 

 

 

私はそう感じるのです。

 

 

 

 

 

決してでしゃばるほど

 

 

 

あなた、こうしなさい!!

 

 

 

とは言って来ないけど

さりげなくあなたの行くべき方向を指し示してくれる。

 

 

 

こっちだよ

 

 

って教えてくれる。

 

 

 

 

そんな気がするんです。

 

 

 

 

 

だから

そんな神様(または見えざる大きな存在)からのサポートを受けたいのなら

 

私たちがすべきことは・・・

(しない方がいいこと含む)

 

 

 

 

 

あまりがっちりと

人生の手綱(たずな)を握りしめすぎないこと

 

 

 

 

だと思うのね。

 

 

 

 

 

 

これは具体的には

どういうことか?というと・・・・

 

 

 

 

●思考でがんじがらめにならない

 

●既存の概念、誰か?他の人から言われた(または世間の常識と言われるもの)だけで生きるのをやめる

 

●自分の感覚で生きる

 

●でも当然のことながら、手綱は自分で舵取りする、という基本的なことを忘れない

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

人生という手綱を

まるっきり手放しして

 

他者まかせ

 

これはもちろんありえない。

 

 

(ベンツのハンドルは30秒以上手放してはいけませんw)

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

これは私の人生だから!って

がっちり握り締めすぎるのも

せっかくの見えざる存在からのアシストを

無駄にしてしまう。

 

 

(そして思わぬ方向に行ってしまうことも・・・・・)

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

人生は・・

 

自分の人生だからこそ

 

 

ぎゅっとハンドル握りしめるんじゃなく

 

 

ゆるく

ある程度の自由度でもって生きるって

大事なんじゃないか?って思うの。

 

 

 

 

 

あまりに常識や

概念ばっかりで生きていると

 

何かあった時のダメージ半端ない。

 

 

 

 

 

この話

ニュアンス伝わるかな〜。

 

 

伝わるといいけど。

 

 

 

 

 

 

ほんじゃあ私はこれから

DMMオンラインサロンの動画配信の準備にでも取り掛かります。

 

 

 

 

 

動画の時はコメント乱舞w

 

大変な盛り上がりを見せていますよラブラブ

 

 

 

 

登録まだの方は

こちらからお申し込みくださいね。

下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 

 

 

 

 

マッキーラブラブドキドキ

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@鈴木真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります