失恋の痛手から立ち直る | 愛される法則

テーマ:

キラキラみなさんのフォロー(お友達申請)をお待ちしております

 

いいねフェイスブックいいね ←メインでやってます音譜

https://www.facebook.com/makky0310

 

ツイッターツイッターツイッター ←どこにも書けない本音を暴露中!w

https://twitter.com/maki_soyon

 

インスタグラムインスタグラムインスタグラム ←時々あげてますw

https://www.instagram.com/makiko_soyon_suzuki/

 

 

 

 

おはようございます。

世界のマッキー、大阪に来ています。

 

 

 

マッキーは移住先の住所を

大阪にしようと思っちょりますw

 

 

 

しかもなんとまさかの

年内引っ越しを目指しています(笑)

 

 

 

(その夢は果たして叶うのでしょうか?)

 

 

 

 

 

さて

 

失恋って

誰しも1度くらいは経験したことがあると思うけど

 

結構辛いですよね。

 

 

 

いや

かなり辛いですよね。

 

 

 

 

 

仕事が手につかなくなったり

家のことが全く出来なくなったり

 

 

それどころか

 

 

 

お布団に突っ伏したまま

起き上がれなくなってしまったり・・・・・。

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

普段の生活がままならないくらい

失恋って落ち込むんです。

 

 

 

 

私なんて

離婚のたびに失恋してるみたいなものですから?w

 

 

4度の離婚のたびに

いちいちえらく落ち込んでいました。

 

 

 

(まー、回数が増えるにつれ?なんだかコツみたいなのをつかんで、落ち込み率落ち込み日数痛手度数ともにどんどん軽減されていきましたけどねw いいのか?悪いのか?はわかりませんが・・・笑)

 

 

 

 

 

さて

 

失恋も

 

 

 

いつまでもいつまでも引きずる人と

 

わりと早く立ち直って

次の恋に進もうとする人がいると思います。

 

 

 

 

引きずる人は1年とか

 

人によると

2年以上も

前の彼のことを引きづったりしてる人もいるよね。

 

 

 

 

 

そういう方(引きずりが長い方)は

今日のブログの対象ではないかと思います。

 

 

 

 

正直そういう人は

好きでその状態に

自ら選択して止まっているので

 

 

どうぞ好きなだけそこに

とどまっていらっしゃるといいと思います。

 

 

 

 

1年も2年も

目の前にいない人を

思いつづけていられるのは

 

 

 

彼という幻想ファンタジーを

何度も何度も自分の心の中で

自動再生することを

自分に許しているからですよね。

 

 

 

 

それはすでに彼という本人ではなく

 

 

 

自分の心の中の彼という名のゴーストだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失恋で

 

 

○ものすご〜〜く心が傷ついた

○どうしても落ち込みから立ち直れない

 

 

と言う方は

 

 

 

 

とらえ方が間違っているんです。

 

 

 

 

何のとらえ方が間違っているのか?というと

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

私は愛されていない

(愛されていなかった)

 

 

 

 

 

と信じて疑っていないんですね。

 

 

 

 

 

私は愛されていない

(愛されていなかった・捨てられた)という概念は

私たちをとてもネガティブな気持ちにさせます。

 

 

 

なぜなら私たち人間は

本質的に

 

 

 

私は愛されるにふさわしい人間だ

 

 

 

というベースを元に生きている存在だからなんです。

 

 

 

だから

それをまっこうからひっくり返してくる

 

 

 

私は愛されていない

(愛されていなかった)

 

 

 

という信念は

当然私たちを落ち込ませるわけです。

 

 

 

 

 

 

ここでね。

ちょっと立ち止まって

真剣に振り返ってほしいんですよ。

 

 

 

 

 

何を?振り返るのか?というと・・・・

 

 

 

あなたは本当に愛されていなかったの?

 

 

 

って言うことなの。

 

 

 

 

 

 

多少お付き合いのあった彼なら

 

まずあなたという女性を選んだという経緯がありますよね?

 

 

 

 

 

それって少なからず

 

 

あなたを選んでいる

 

 

という事実がありましたよね?

 

 

 

 

 

それから

数ヶ月か

数年に渡ってお付き合いがあった方なら

 

 

その間

愛の言葉があったり

 

何かあなたのために

プレゼントしてくれたり

 

 

 

そういった

男性からの真心がきっと

お付き合いの最中にあったはずです。

 

 

 

 

 

あなたはそのことをすっかり忘れて

 

今、失ってしまったと信じている恋に

いつまでもしがみついていませんか?

 

 

 

 

 

ほんの数ヶ月でも

数年でも

 

 

あなたという女性を本気で思っていた時があったはずです。

 

 

 

 

人間だから

心変わりすることも

 

ほんのちょっとしたボタンの掛け違いで

心がすれ違ってしまうこともあるでしょう。

 

 

 

 

だけれども

 

 

 

あなたとご縁があったということは

 

彼はあなたに好きという気持ちや

愛情を感じていた、ということ。

 

 

 

 

 

もう一度そんな

ポジティブな側面を思い出してほしんです。

 

 

 

 

 

どういうわけか私たちは

 

恋愛の悪かった部分

自分が至らなかったことにばかり意識がいって

 

 

 

もっとあったであろうはずの

よかった側面をすっかり忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

それはもしかすると

人間の

 

 

 

いつまでも所有しておきたい

 

 

 

という本能ゆえかもしれないけど

 

 

 

 

 

恋愛などという超生ものは

所有しておくことなど

とうてい出来ません。

 

 

 

 

 

よい経験をさせてもらった

 

(たとえいっときでも)

私は彼に選ばれていたし、愛されていた

 

 

 

 

そう考えを変えることで

見えてくることや

 

今までとは違った感情が沸き起こるはずです。

 

 

 

 

 

今こそそのネガティブな思いぐせをやめて

あなた自身が

自分自身を愛してあげる時です。

 

 

 

 

・どれほど彼がよくしてくれたのか?

・私という女性に思いを寄せてくれていたのか?

 

 

 

 

思い起こしてみてください。

 

 

 

 

彼がくれたであろう

それらの暖かい思いやりや真心に

今一度心の中でひたってみてください。

 

 

 

 

そして感謝とともに

その思いをそっと手放しましょう。

 

 

 

 

あなたは愛されるにふさわしい人間です。

 

 

 

きっと今のあなたをそのまま愛してくれる方がいるはずです。

 

 

 

 

その存在を信じて

次に行きましょう。

 

 

 

 

 

 

あなたに1日でも早く

素敵な笑顔が戻ることを

私は心から祈っています。

 

 

 

 

 

 

マッキーラブラブドキドキ

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@鈴木真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります