【商売の成功】とSEXの関係 | 愛される法則

テーマ:

 

 

すんげ〜タイトル(笑)

 

 

けど

こんなタイトルつけられるの

アタシしかいないでしょw

 

 

 

SEXと商売の成功には

 

切ってもきれない深い縁

 

があるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

単純な話

 

SEXがうまい人は

商売も上手なはずだ。

 

 

 

 

しかし

 

簡単に言ってしまったけど

テクニックの話ではない

 

 

 

 

SEXがうまいというと

特に男性は・・・・

 

 

 

◯自分の肉体の素晴らしさや

◯自分のテクニックのすごさ

 

 

 

のことをイメージするかもしれないけど

もちろんそういうことではない。

 

 

 

 

もっと人間的に

本質的な部分の話だ。

 

 

 

 

 

 

ここからはちょっと複雑で

混ぜこぜな話になるかもしれないけど

 

なるだけわかりやすく

くだいてお話したいと思う。

 

 

 

 

 

そう。

 

 

最初に言ったように

SEXを

 

 

概 念

 

 

でとらえた時に

 

 

 

◯SEXの上手さ

 

↓ ↓ ↓ (イコール)

 

◯テクニックのすごさ

 

 

と勘違いすることが多い。

 

 

 

 

 

 

でもここで間違えると

商売においてもうまくいかない。

 

 

 

◯商売の上手さ

 

↓ ↓ ↓ ↓(イコール)

 

◯売り込みの上手さ

 

 

 

SEXをテクニックでとらえると

こんな間違いを犯してしまうのである。

 

 

 

 

 

売り込みがどんなにうまくても

それだけでは成功しない。

 

 

 

 

むしろ

売り込みの仕方だけが行き過ぎると

そこには胡散臭さが生まれ

 

なんだかむしろ

お客様を遠ざける。

 

 

 

 

人はもっと根元的な

深い部分の欲求を満たされたいと

思っている。

 

 

 

 

 

そこが本当に満たされそうだと思った時初めて

売り手を心から信頼し

心から買いたいという気持ちになるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

その

 

 

根元的な深い部分の欲求とは

いったいなんであろう?

 

 

 

 

 

それは・・・・・

 

 

(売り手は)

行為そのものを

心の底から楽しんでいるのか?

 

 

 

ということなのである。

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

ここで登場してくるのが

 

 

 

女性としての性

 

 

 

なのですよ。

 

 

 

 

 

SEXにおいて

女性の役割は

 

 

◯自分に集中すること

◯自分の快楽に集中すること

◯いかにそれが気持ちいいのか?心地いいのか?に集中すること

 

 

 

自分本位さ

 

 

 

なのですよ。

 

 

 

 

これを商売に当てはめると

どういうことか?というと・・・・

 

 

 

 

Q. あなたは売っているその商品が

どれだけ好きだと思えているのか?

 

 

Q. あなたはその売るという行為そのものを

どれだけ楽しんでいられるのか?

 

 

 

 

ということなのだ。

 

 

 

 

 

このあたかも女性的な

 

 

自分の感覚に集中する部分

 

 

これがないと

いくら販売テクニックに頼ったところで

良さはお客様には伝わらない。

 

 

 

 

それが本当に気持ちいい(SEX)

それが本当に接していて嬉しくなり楽しい(商売)

 

 

 

この感覚はイコールなのだ。

 

 

 

 

 

さて

最初に戻ると

 

とはいえ

女性が女性の快楽に集中するだけでは

やはりSEXはうまくいかない。

 

 

 

商売においても

自分の売っているものの好きさ加減に集中したところで

 

お客様はそれを買ってはくれない。

 

 

 

 

自分の快楽(楽しみ)に没入して

そこに他者を入れないことは

 

ただのマスターベーション的行為なのである。

 

 

 

 

 

これは商売においては

どういうことを意味するのか?というと

 

 

 

自分の売りたいものが

どれだけ素晴らしく

どれだけ優れているのか?

 

 

一人でいくらつぶやいても

 

 

それは誰にも伝わらないのだ。

 

 

 

 

あなたは自分の愛する売り物を

 

 

◯誰かにわかるように説明する必要があり

◯より多くの人が興味を持ってくださるように

 

 

伝える努力をする必要があるのだ。

 

 

 

 

この時あなたが使わなければならないのは

 

 

男性性的エネルギーなのである。

 

 

(ここにはやはり男性がSEXでテクニックを駆使するように、創意工夫が必要なのである。

ただし、順番は大事。 まずは自分の本当の意味での快楽が何か? ←自分の売っているものを心の底から愛しているのか? そして、その感覚が明確になった上で、テクニックが必要なのである。)

 

 

 

 

 

 

 

こう見ると商売上手な人というのは

自分の中の

 

 

◯女性エネルギー

◯男性エネルギー

 

 

両方上手に使っていることがわかる。

 

 

 

 

その両方のエネルギーを

 

その時により

その場所により

 

適宜使える柔軟さがないと

現代における商売は

なかなかうまくいかない。

 

 

 

 

SEXが上手な人は

(今更いうけど、テクニックじゃないよ。)

きっと商売もかなり上手だと思う。

 

 

 

あいつは男のくせに女っぽいとか

あの女は女なのに男勝りとか

 

見下すことなかれ。

 

 

 

 

そんなこと言っているあなたの方が実は

心の中で

 

 

(なんて柔軟度の欠ける、融通の効かないやつ。きっとお金にぜんぜん愛されていないに違いない。)

 

 

って

商売大成功している人に

心の中で笑われているかもしれない。

 

 

 

 

 

マッキーラブラブドキドキ

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@鈴木真紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります