二つの価値観 | 愛される法則

テーマ:

秋田に東北にもっとNLP(心理学)を!!

 

心理カウンセラーマッキーこと

 

鈴木 マキコです。

 

 

 

先週は

 

心理学講座を開講したり

 

以前企業研修で

 

お世話になったサンワ重搬さま

 

お邪魔させていただいたり

 

充実した週を過ごしていたにも関わらず

 

ほとんどブログアップしないでしまった・・・

 

 

 

今日朝から

 

早くブログ書きやがれーーーービックリマーク

 

くらいな声が

 

自分の内側から聞こえてきて

 

やっとこうして書いています(コラー)

 

 

 

さて皆さんにも

 

あの時のあの人の

 

こんな一言で

 

その後の価値感が

 

ガラッと変わったという

 

経験をなさったことはないでしょうか?

 

 

 

 

今日はそんな一言を

 

2つばかり紹介したいと思います。

 

 

 

まず一つ目は・・・・

 

 

 

秋田に帰ってきたばかりのころに

 

お勤めしていた会社の

 

社長さまがおっしゃった一言です。

 

 

 

その社長さまは

 

一代でその会社を築かれ

 

今ではすでに

 

ほとんど仕事をなさらなくても

 

不動産収入だけで

 

年収¥3,000万をくだらないという

 

そういう生活をされていらっしゃる方でした。

 

 

 

県南の他に

 

秋田市内にも営業所をもたれ

 

もちろんご結婚されてはいらっしゃいましたが

 

何人かの

 

お付き合いされていらっしゃる方も

 

お持ちのような

 

やり手の社長さまでした。

 

 

 

年齢はすでに

 

還暦を過ぎていらっしゃいましたが

 

若い女性の影に

 

当時の社員も

 

『金にものを言わせて好き勝手な人間』

 

陰口もよく聞こえてきました。

 

 

 

がしかしある日

 

社長さまとお話する機会があり

 

その時社長さまがおっしゃった言葉は

 

当時の私をびっくりさせるに十分でした。

 

 

 

社長さまは

 

自分がそのように言われていることに

(社員の陰口)

 

すっかり気づいていらっしゃり

 

『金にものを言わせて何が悪い。


 

金を稼ぐということも、


 

それを(女性に)使うことも


 

それ自身が私の才能であるし


 

能力の一つだ。』

 

 

 

 

確か、こんな内容だったように

 

思います。

 

 

 

は~~~~。

 

 

ともすると

 

金にものを言わせて

 

女性を囲うなんて

 

もってのほかみたいな

 

価値観が一般的に

 

言われているような気がしますが

 

そこには

 

『人の心をお金でひきつける=悪』

 

みたいな

 

価値観があるように思います。

 

 

 

その社長様の一言を聞いて

 

『なるほど。だからこの人はお金に愛されるし(お金=悪の価値観がない)多くのお金が集まってくるんだな~。』

 

 

目から鱗がおちた

 

一言でした。

 

 

 

 

さてもう一つは

 

私が東京に

 

初就職した時の

 

社長さまの一言です。

 

 

 

 

私が高校を卒業し

 

一番最初に就職した会社は

 

東京にある

 

『談話室 滝沢』という

 

高級喫茶店のような店舗を扱う

 

会社でした。

 

 

 

ウエイトレスという

 

そんなに難しくない印象の

 

仕事でしたが

 

談話室 滝沢が

 

他の喫茶店と明らかに違うのは

 

その徹底した社員教育と

 

接客技術でした。

 

 

社長さまは

 

アトモスフィア(Atmosphere)

 

 

という言葉を

 

 

とても大切にされていらっしゃいました。

 

 

 

 

アトモスフィアというのは

 

 

 

 

『雰囲気』という意味です。

 

 

 

 

その人が内側からかもしだす

 

 

 

 

雰囲気によって

 

 

お客様におくつろぎいただくという

 

 

とても高度なものを

 

 

求めていらっしゃる

 

 

社長さまでした。

 

 

 

そこでは

 

入社してすぐに

 

徹底した社員教育と

 

接客技術を叩きこまれ

(叩きこむといってもスパルタという意味ではありません)

 

特に

 

言葉使いや

 

お客様に対する

 

メンタル面などを

 

徹底的に

 

教えられました。

 

 

 

 

本当に手取り足とり

 

 

 

 

 

接客対応はもちろん

 

電話の応対

 

敬語

 

礼儀作法など

 

大事なことを

 

かなり細かく教えていただきました。

 


今の私の基礎があるのも

 

この会社のお陰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな談話室でしたから

 

当時の喫茶店のコーヒー一杯の値段が

 

平均¥350程度だったのに対し

 

コーヒーを一杯

 

¥1,000で販売するという

 

すごい会社でした。

 

 

 

秋田のド田舎からぽっと出のねーちゃんが

 

その¥1,000の意味が

 

理解できるわけもありません。

 

 

 

でも当時の社長さまが

 

ある日おっしゃったことがありました。

 

 

『あなた達のにっこりとほほ笑む笑顔に¥1,000の価値があるのだ。


 

お客様はあなた達の笑顔に¥1,000払うのだ。』

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

ほへ~~~~!?

 

 

 

当時は笑顔に¥1,000はてなマーク

 

全く理解できませんでしたが

 

大人になった今

 

その価値を知ることが出来ます。

 

 

今振り返ってみても

 

本当に意識の高い社長さまだったんだな~って

 

感心します。

(残念ながら談話室 滝沢は数年前に全店閉店してしまいました)

 

 

 

私にとって

 

この二人の社長さまは

 

私の価値観に(特にお金や自己認識)

 

大きく影響を与えてくださった

 

方々です。

 

 

こんな自己重要感に直結するような

 

大切な価値感を教えてくださった

 

 

2人の社長さま

 

 

私にとって

 

 

とても大きな意味を持っていたんだと

 

 

改めて気づかされています。

 

 

 

 

 

 

相性心理カウンセラー@鈴木真紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります