名古屋の女性税理士・荒井真紀です。

先日お客様からこんなご質問を頂きました。

A社との請負契約書には、印紙を貼っているが、PDF化した契約書をメールでやりとりしているB社との請負契約書には、印紙を貼っていない。

これは正しいのでしょうか?

答えは「正しいです」

印紙税は、契約行為にかかるものではなく、契約書を書面で作成し、その現物を交付した時にかかるものだからです。

詳しくは国税庁のこちらの文書回答をご覧ください。

契約金額が高額であったり、同一の契約書を大量に作成したりする場合、収入印紙の額は馬鹿になりません。

紙媒体から電子化することで、節約できるかもしれません。

「もし訴訟やトラブルになった時、PDFファイルや電子メールの内容が証拠になるの?」
という疑問も浮かびますが、実際の訴訟では紙媒体の契約書とほぼ同じ効力として取り扱われているようです。

もちろん相手先のあることですので、全てを電子化というのは難しいかもしれませんが、検討してみてくださいね。

<ぜひお気軽にお問い合わせください。>
 

荒井真紀税理士事務所

HP:http://www.arai-zeirishi.net/

ラブレターmaki.arai@nifty.com

電話052-265-5571