まっけんのブログ -メロディーファームへようこそ-

まっけんのブログ -メロディーファームへようこそ-

The Blimp Clubキーボード益田賢治の日記。不定期更新。

Amebaでブログを始めよう!

8月5日は夢工場のデビュー記念日。

昨日で32周年。

 

確かデビュー当日は八王子のレコード店回りをしていた気がするんだけど、イマイチ記憶が定かではありません。

だれか覚えてたら教えてね。笑

 

あのフォトジェニック・エンジェルの衣装が真夏にはちょっと暑かったなぁ、っていう印象があるけど、今年の夏に比べたらだいぶ楽だった気がするよね。

 

 

そして今日、8月6日は73年前に広島に原爆が投下された日。

今日は、毎年この時期に開催されている、戦争と平和についてをメインテーマとしている朗読会に参加して来ました。

 

戦時下に生きた方々の新聞投稿記事や手記などを朗読するのだけれど、毎回、そんなことがあったんだと色々考えさせられることばかりです。

 

看護師養成学校を繰り上げ卒業して前線に派遣された看護師たち。

栄養失調などで行軍に遅れてしまう者はクレゾールを注射されて殺される。

同級生の命を奪った仲間たちが、その後の葬儀で「私たちが殺しました」とご両親にわびたそうです。

するとお父さんは「ありがとう。娘は皆さんのおかげで日本に帰れました」と、歩けぬ娘がその場に残されることを考えたら耐えられないと、そう言ったそうです。

 

この話を、リハーサルでも何度も聞いているのに、本番でも涙が出そうになりました。

 

戦争で実父と養父を亡くしたという主催者の方がおっしゃった「戦争からは悲しみしか生まれないのに…」という言葉も心に響きました。

 

毎年この時期になると、テレビで必ずやっていた戦争をテーマにした特別ドラマも最近は少なくなったような気がします。

そんな中で、戦争の悲惨さの記憶を後世に残すことに少しでも携わることが出来て良かったなと思いました。

 

 

あ、このブログのタイトルは、普段連続ドラマとかほぼ見ない僕が久しぶりに毎週録画しているドラマです。

元々、コトリンゴさんが音楽を手掛けたアニメ映画が気になっていたっていうだけの理由なんですけどね。笑