最近メルカリを使って無在庫転売というのを体験しています。    

 

 

「無在庫転売って?」

という人もいると思いますので、簡単に説明しておきますと    

 

 

メルカリで売ってから、商品を仕入れる。

 

 

そんな感じの稼ぎ方。    

 

 

で、そんなメルカリ転売をやってみたのですが。

やっぱりメルカリすごいですね。    

 

 

アクティブユーザーが非常に多いのでしょう。

出品から10分程度で698円の商品が売れてしまいました。    

 

 

 

メルカリは初心者でもサクッと利益出る

一個出品するのにかかった時間も20分程度でしたので、

本当にサクッと利益が出たって言う感じです。    

 

 

しかも、最初は出品までに少し時間がかかりましたが、

二回目以降は出品するためのタイトルも写真も説明文も

全てありますので、 同じ商品を簡単に販売することができます。    

 

 

なので、つぎは5分もかからず出品することができ、

もはやザクザク儲かる状態だと言えますね。

   

 

しかもこの方法は仕入れてから出品ではありませんから、

在庫を抱えて売れずに焦ることはありません。    

 

 

出すのは自由。売れなければ出品を取り消せばいい。

 

 

本当に素晴らしい稼ぎ方です。    

 

 

売れた商品が698円ですので、利益は200円くらいなのですが、

これがほとんど手間なく稼げるわけですからね。    

 

 

毎日1品出品すれば、月に6000円の利益。

良いお小遣い稼ぎになります。    

 

 

一日1時間くらい頑張って出品の数をどんどん増やしていけば、

さらに利益を増やして行くことも出来ますし、

これは本当に素晴らしい稼ぎ方です。    

 

 

これからもう少し研究して、

売る場所と仕入れる場所のバリエーションを増やし、

もっともっと楽して稼げるようにしたいですね。    

 

 

ただ、問題があるとすれば・・・

手元に物がない商品を売るのは規約違反なので

アカウント停止になるリスクがあることはご承知ください。

 

 

(めっちゃ褒めたけど、これ素晴らしい稼ぎ方か?^^;)

 

 

 

オフラインとオンラインが絡められるともっと良い

無在庫転売って難しいことは一切ありません。

 

 

やるべきことは本当に単純で。    

どこかで売っている価格よりも高い価格で他で売ればいい。

 

 

本当にそれだけの話しです。    

 

 

引っ張って来るのはAmazonやら楽天やらのオンラインでも言いし、

ドン・キホーテやらイオンやらのショップでも良いわけですよね。    

 

 

さらに言えば都会で安い商品を地方に向けて売ったり、

逆に地方で安い商品を都会に向けて売ったり、

でも良いわけですよね。    

 

 

先に売ってから仕入れてくるだけなんですから、

安い商品を見つけたり、儲かりそうな商品を見つけたら

とりあえず売ってしまえばいい。    

 

 

納品まで1週間くらいかかりますって

先に言っておけば納得してもらえます。    

 

 

実際に売れなければ一円儲からないわけですが、

元手も一切不要な上に儲からなくても一切損をしないし、

オンラインだけで完結させることも出来るので

誰でも隙間時間で取り組むことができる、

本当にノーリスクで初心者にもオススメなビジネスです。    

 

 

まぁ、儲からなかったらビジネスといえるかどうかはわかりませんが、

それを実行に移すだけでは一切お金の損はありませんし、

強いて言うなら時間の損が発生するというだけのこと。    

 

 

ボクを含め大抵の人はほっときゃボーっとするだけの生き物であり、

時間なんて何かしてもしなくても流れてしまうわけですから、

何もしないくらいならこういったノーリスクのビジネスに挑戦した方が

人生の役に立つってもんです。    

 

 

また、行動することによって相場観や儲けのカラクリを学べる

ということ考えれば、行動に費やした時間というのは

一切損にはならない訳で、そうなってくると何がどう転んでも

メリット以外に何も無いという事になります。    

 

 

これを読んでいるアナタは、何をやっていいかわからなければ

とりあえずメルカリで手元のものを売る所から始めてみましょう。    

 

 

転売の経験が、アフィリエイトなどの他のビジネスに活きてくる事は

本当に沢山ありますので。    

 

 

 

無在庫転売で沢山稼ごうとするな

で、メルカリ無在庫転売があまりに簡単に儲かるので、

「じゃあもっと頑張れば毎月100万円でも夢じゃないんじゃないか!」

などと鼻息荒くするかもしれませんが、

これは現実問題として不可能です。    

 

 

その理由は非常に簡単で、無在庫転売というのは

リスクがない上に手軽にできるため

ライバルが非常に多い稼ぎ方だからです。    

 

 

ネットで仕入れてくる訳ですので、本当に誰でも出来ますよね。

 

 

極論小学生でもお金を稼ぐ事ができる方法です。

 

 

なので本当に沢山の人がこの方法を実践しています。    

 

 

独占できないし、速く売れたもん勝ちなので、

これだけで大金を稼ごうとすると

どうしても不可能になります。    

 

 

物販にこだわる人だったら、無在庫転売だけではなく

有在庫もやったりする訳でが、、、    

 

 

正直言って、在庫を抱える物販って

わざわざやるほどのビジネスですか?

ってボクは思っています。    

 

 

もちろん、有在庫も決して悪い稼ぎ方ではありません。    

 

 

1000円儲かる商品を一気に1000個仕入れたりしたら

一商品で100万円とか儲けたり出来るわけですからね。    

 

 

ただ、物販の何が問題なのかって言いますと

扱う商品が増えれば増えるほど作業が増える

という点です。    

 

 

顧客対応や発送、梱包など物販には何かしら

作業が必要になって来ますから

一つの商品につき10分の作業がかかったとしても、

1000の商品だったら10000分の時間がかかります。    

 

 

一人でそんな莫大な時間を捻出するというのは不可能ですから、

物販で大きな金額を稼ごうと思ったら、どうしても

アルバイトを雇うなどの組織化が必要になってしまいます。    

 

 

ネットで稼ぎたい!という人は非常に多いとは思いますが、

人を雇って組織を作ってまでお金を稼ぎたいかと言うと

それは違うという人も結構多いと思います。    

 

 

なぜなら、ネットで稼ぎたいという人の中で

「大金を手に入れる」というのが目的の人は実はあまり多くなくて、

「自由を手に入れる」というのが目的の人が多いからですね。    

 

 

会社のしがらみが嫌だからネットビジネスを始めたとか

そういう人が非常に多いわけです。    

 

 

で、しがらみが嫌でネットビジネスを始めたのに

人を雇ったりして別のしがらみを作って

どうするんですか?っていう話です。    

 

 

なので、物販はとってもシンプルですぐに稼ぎが出るのですが、

それを大きくするのは辞めといたほうが良いんじゃないかと

ボクは思うわけです。    

 

 

もちろん、物販は永久に廃れないビジネスですから、

うまく組織化すれば沢山稼げますので、

いっぱい稼いで大きな会社を作りたいなんて人は

それも良いと思います。    

 

 

でもそうじゃなくて、お金も時間も人間関係も自由になりたい

みたいな人はどうしたら良いのかと言うと、

やっぱい紹介報酬を獲得していくのがおすすめです。    

 

 

ネットビジネス業界ではアフィリエイトなんて言われていたりします。    

 

 

これがどういった稼ぎ方なのかといいますと、

誰かに商品を紹介して、それが購入されたら

その何%かがもらえたり。    

 

 

自分のブログなどに貼った広告がクリックされたら

数十円がもらえたり。    

 

 

そういった稼ぎ方です。    

 

 

これの何が良いのかというと、 自分で商品を

用意したり発送したりする必要がありませんので

お客さんが増えても作業量が増えないということ。    

 

 

つまり、お客さんを増やせば増やすほど作業量は一定

なのに報酬が増えていくということです。    

 

 

アフィリエイトはお客さんを増やせば増やすほど報酬が増えて

いきますので、個人レベルで効率的にお金を稼ぐためには、

物販で稼いだお金は人を集めるためにお金を使っていく

というのがオススメです。    

 

 

具体的に言うと、

あなたのブログのアクセス数を増やすためにお金を使ってみたり。

 

 

あなたのメルマガの読者を増やすためにお金を使ってみたり。

 

 

そういうのがおすすめということです。    

 

 

とにかく、個人レベルで効率的にお金を稼ぐには

物販バカにはならないことが重要です。    

 

 

 

最後にもう一度言いますが、メルカリの無在庫転売には

アカウント停止のリスクがあります

 

 

ご利用は自己責任で。

このブログを読んでくださっている方は、

ネットビジネスにすでに取り組んでいたり、

これから取り組もうとしている方も多いと思います。    

 

 

そんなアナタに一つ聞きたいことがあります。

 

 

しっかりと、リスクヘッジはできていますか?

 

 

     

ネットビジネスとは、ネットを使用したビジネスである

ネットとはその言葉の通り、

ネットを使用するビジネスのことです。    

 

 

そしてビジネスである以上、

絶対忘れてはいけないことの一つに

ビジネスが永久に安定することはない

 

 

というのがあります。    

 

 

例えツイッターを使用したアフィリエイトで

月収100万円を突破していたとしても、

そのアカウントが使用停止になってしまったら、

その瞬間に収益は0円になります。    

 

 

使用停止にならなくとも、

twitterがアフィリエイトを禁止したり、

twitter自体がサービス終了した場合

これも同じく報酬が0円になってしまいます。    

 

 

これはtwitterにかぎった話ではありません。    

 

 

YouTubeのアカウントが使用停止になったら?

Facebookがサービス終了したら?

サイトが検索結果に出てこなくなったら?    

 

 

ネットビジネスがビジネスである以上、

他のプラットフォームに依存したビジネスをしている以上、

 

 

きっちりとしたリスクヘッジが重要です。    

 

 

 

万が一収入が0円になっても、最低限食えるように

ではどんな方法でリスクヘッジをすれば良いのか?

 

 

簡単な物販は覚えておいて損はないでしょう。    

 

 

物販という方法はネットを使用するビジネスの中でも

最も簡単ですが、非常に発展させにくい手法です。    

 

 

というのも、物販は完全に労働対価ビジネスであり、

動いた分だけ確実に収入になるビジネスモデルのため、

お金に変わるのは早いけれども、動いた回数と収益を

受け取る回数が一致してしまいます。    

 

 

つまりこれは、時給をコントロール出来るアルバイトと

ほぼ同じということが言えますので、サラリーマンが

副業で取り組む目的にはあまりオススメできません。    

 

 

ですが、キャッシュ化が早いという特徴と、

動けば確実にお金に変わるという特性は、

急に月収が0になってしまって時間が余っている

個人ビジネスオーナーにとってはリスクヘッジに最適

ということが言えます。    

 

 

例えば物販で月に3万円くらい稼げたなら、

最低限食費くらいはまかなうことができますし、

わざわざ仕入れて売るのが面倒なら、

家の物を売るだけで場合によっては数カ月分の

生活費に 変えることも可能です。    

 

 

 

どこのサイトを使うべきか?

具体的にどこのサイトを使うべきかという話になるのですが、

これは時代によって流行り廃りがありますが、

現状強いのは依然ヤフオクとメルカリでしょう。    

 

 

とりあえず有料会員でなければ出品に制限がある

ヤフオクを使用する前に、無料で手軽に出来る

メルカリに挑戦するのが僕のおすすめです。    

 

 

何事もリスクを取って挑戦する前に、

極力手軽にできる方法で試してみるのが一番ですからね。    

 

 

ということで、この記事を読んだら早速メルカリに登録して、

手元にある物を一つ出品してしまいましょう。    

 

 

売れる売れないは別で、そういうことが出来る

というのを学ぶことが重要です。    

 

 

アイドルグッズなんかは簡単に売れるみたいですので、

そういうのから挑戦してみてはいかがでしょうか。  

 

 

フリーペーパーとかでも購入されるみたいですよ。    

 

 

もちろんこういった経験も、

アナタがブログを持っているなら記事にすることも忘れずに。    

 

 

メルカリに出品し、購入されました。

僕もあまり転売はやらないのですが、

実際にメルカリ使って物を売ってみました。    

 

 

やっぱり物を売るという手段は身につけておいた方がいいですね。    

 

 

特にメルカリを始めとしたフリマアプリの場合、

出品してすぐに購入されるということも本当に よくあります。    

 

 

実際、僕が出品した商品も夜に出品して

翌朝確認した所すでに購入されていました。    

 

 

Amazonで購入して使用していなかったもので、

利益という部分ではちょっとプラスくらいですが、

すぐに売れるという体験ができたことは、

個人で食っていく上で大きなプラスになりますからね。    

 

 

何事もお金にできるなら経験としてやってみるべきだと思います。

 

 

     

今回作業したこと

ということで、今回実際に作業した内容を ステップでまとめましょう。  

 

 

STEP1 アプリをダウンロード

まずはアプリがなければ始まりません。    

 

 

パソコンでも作業することは可能ですが、

スマホで出来ることがパソコンではできないなど、

機能制限があるようです。    

 

 

僕もプロフィール写真を変更しようとした所、

パソコンではできませんでしたので、

他にもいくつもあるものと思われます。    

 

 

ですので、スマホアプリの方はダウンロードしておきましょう。

https://www.mercari.com/jp/    

 

 

招待コードに「BVGTGE」と入力すると ポイントが受け取れるそうです。    

 

 

先程のURLからダウンロードするか、もしくは、

アンドロイドの方はGoogle Play ストアから。    

iPhoneの方はApp Storeから。

「メルカリ」と検索してダウンロードしましょう。    

 

 

【ここから先はスマホ版での説明をしていきます。】    

 

 

STEP2 プロフィール作成

メルカリアプリ左上にある 三 をタップし、設定をタップ。

 

 

プロフィールから、ニックネームと自己紹介を作成。    

 

 

親しみやすい写真にしましょう。    

 

 

プロフィール欄には取引に関する注意事項を記載しておくと、

毎回商品説明に記載せずに済むので便利です。    

 

 

例:即購入OK 個人保管ですのでご理解いただける方のみ購入お願いします。    

 

 

STEP3 出品する

画面右下のカメラマークをタップ。    

 

 

写真を1~4枚掲載。    

 

 

商品名を40文字以内、商品説明を1000文字以内で記入。  

 

 

カテゴリー、商品状態、送料負担は出品者か購入者か。    

 

 

発送方法、発送元の地域、発送までの日数、販売価格を記入。    

 

 

写真は可能であれば4枚撮りましょう。    

 

 

商品説明欄にはなるべく検索に引っかかるような

単語を入れておくと良いです。    

 

 

ブランド名、色、サイズ、など可能な限り

細かく説明することをオススメします。    

 

 

ご自身の写真フォルダからも選択できるようです。

(「ようです」というのは、僕の場合はできなかったため。)    

 

 

傷などがあれば隠さず正直に。    

 

 

カテゴリーは、同じ商品を出している人がいないかを

先に調べておくと迷わずに済みます。    

 

 

発送料はメルカリの場合、出品者負担が多いようですね。    

 

 

出品者負担の場合のみ「らくらくメルカリ便」が 利用できる

というのも一つの理由だと思われます。    

 

 

このあたりは臨機応変で良いかと思いますが、

他の方と合わせるのがベターでしょう。    

 

 

発送方法は複数の選択肢の中からお選びいただけます。    

 

 

くらくメルカリ便を利用した場合、

お互いの住所など個人情報を知られずに済む

というメリットが有ります。    

 

 

らくらくメルカリ便はネコポスというサービスが195円のため、

ステッカーのような薄くて軽くて小さい商品は、

定形郵便なら82円で送れるためこちらの方が安く送れるようです。    

 

 

こちらネコポスの注意事項

 

ネコポス

(引用:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/business/send/services/nekoposu/)      

大きいもの場合、配送料が安いはこBOONというサービスがありますが・・・

※はこBOONは2017年7月10日からサービスを休止しています。      

 

 

らくらくメルカリ便送料一覧

 

メルカリ便 引用:https://www.mercari.com/jp/rakuraku-mercari/     はこBOON北海道からの送料

 

はこBOON

引用:http://www.takuhai.jp/html/titai_01.html    

 

 

あの広い北海道ですら、2kg以下以外はメルカリ便の方が安くすみますね。    

 

 

宅急便コンパクトで送れるサイズには決まりがある、

かつ、箱代が別途かかるという条件がありますが、

送料とあわせても445円(380+65)。

 

引用:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/preparations/package/compact.html

 

 

ということで送料に関してまとめると

  • 薄くて軽い物:定形郵便
  • 同一県内2kg以下:はこBOON
  • それ以外:らくらくメルカリ便

というのが最安になります。    

 

 

ただし、らくらくメルカリ便以外の発送方法は

  • 相手に住所を知らせてもらう
  • 箱を自分で用意する

という作業が必要になりますのでご注意ください。    

 

 

発送にかかる日数は出来る限り短い方が購入者はありがたいでしょう。    

 

 

販売価格はご自身の希望価格でOKです。

  • 手数料10%
  • 配送料
  • 宅急便コンパクトの場合箱代65円
  • 値下げ交渉される場合がある

ということも考慮しておくと良いです。

※はこBOONは2017年7月10日からサービスを休止しています。      

 

 

STEP4 購入される

手数料の10%は販売価格から即ひかれます。    

 

 

購入されたら相手に感謝のメッセージを伝えましょう。    

 

 

いつ頃発送になるかもあわせて知らせておくと相手も安心します。    

 

 

STEP5 発送する

らくらくメルカリ便で送る場合、

ファミリーマートとサークルK・サンクスから発送が可能です。    

 

 

QRコードが発行されますのでそちらを利用しましょう。    

 

 

液晶保護フィルムなどを貼っていると

上手く読み込まないことがありますので、

その場合は同じ画面でIDがありますので

そちらを手入力することも可能です。    

 

 

パスワードもあわせて記載がありますので

そちらを使用して伝票を発行します。    

 

 

その際、配送日時指定も可能です。    

 

 

宅急便コンパクトの箱はレジで購入することが可能

(レジで65円支払う)なので、基本的には

急便コンパクト使用の場合は「物とスマホと65円」を持って

ファミリーマートかサークルK・サンクスへ向かうことになります。    

 

 

ただし、別途30円かかりますが取りにきてもらうことも

可能です(ネコポスは不可)ので、大きい商品の場合や

同時に沢山送る場合、コンビニが遠いなど行くのが面倒

な人は、取りに来てもらう方が楽ちんですね。    

 

 

宅急便コンパクトの箱はコンビニではなく、

先に購入しておくことも可能ですよ。

 

 

 

STEP6 評価を待つ

あとは到着後に相手の受け取り評価が済めば、

売上が反映されます。    

 

 

以上、メルカリ取引にやった事です。    

 

 

文章で読むと長いですが、 慣れればここまで30分もかからず済みます。    

 

 

何度か取引してやり方をマスターしておけば、

いざという時のお金に困らずに済みますね。    

 

 

参考になれば。

まきたです。

 

 

最近思ってることがあるんですけどね。

メルカリで稼ぐってめっちゃ簡単じゃないですか?

月に1万円くらいなら本当に楽勝っていうか・・・    

 

 

 

メルカリで稼ぐのが楽勝な理由

そもそもメルカリって、普通のショッピングサイトと違って、

出品するだけでは手数料が全然取られない訳じゃないですか。    

 

 

で、販売した時だけ10%の料金が発生すると。

で、1日20品までは普通に販売出来ると。

で、集客力があると。

で、基本的なNGさえ守れば何売っても良いと。    

 

 

てことはですね~。

 

 

何かしら適当に売っててもお

金が手に入る チャンスがあるってことですよね。    

 

 

極論を言ってしまえば、

自分がゴミだと思ってる物を売っても

買ってくれる人がいたらお金になると。    

 

 

アホかって思ったかもしれないですけどね。

ゴミって決めるのは『誰なのか』って話なのですよ。    

 

 

例えば、自分がゴミだと思っている

自宅の使い古したタオル。    

 

 

「キタネーし、水すわねーし、いらねーなー」とか思ってたとします。    

 

 

でもどっかの誰かは

「どっかでくったくたによれたタオル生地売ってないかねー」

なんてタイミングかもしれない。    

 

 

そういうのがあるのかどうかはわからないですけどね^^;

 

 

あるかもしれないじゃないですか。    

 

 

コンサートで「バーン!」って飛んできた

紙テープ的なものが売られてたりする訳ですからね。    

 

 

そういうことがこの世の中には

ゴロゴロと転がっているのかもしれない。    

 

 

では、その理屈が通るのなら。

あらゆる(自分にとっては)ゴミを

メルカリに出品しても良いって話になります。    

 

 

いつか使うかもしれないからと

ずっと家に置いてあるあれやこれ。

 

 

子供が大きくなったから全く使えないあれやこれ。

 

 

そういうのは全部売っぱらってしまえばいいってことです。

 

 

      

ちりも積もれば山となる

で、それが毎日400円の利益になれば、

月に1万円を超えてくる訳ですよね。    

 

 

めっちゃ楽勝。    

 

 

こんなの自分が高校生の頃にあったらな・・・    

 

 

餃子の王将の洗い場で割れた食器でザクザク手を怪我しながら

時給700円でなんて絶対にアルバイトしなかったなーと。    

 

 

アホみたいに何かを売って金稼いでましたわ。    

 

 

あのころようやくガラケーに i-mode が搭載されて

ネットに繋がるようになったころだったからな・・・    

 

 

ホント、ちりも積もれば山となるじゃないけれども、

小銭も貯まれば大金になるわけですよね。    

 

 

そんなこんなで、まだメルカリをダウンロードすらしてない

って人がいるかどうかわかりませんが、

ダウンロードくらいしておきましょうね。    

 

 

 

余談

ヤフオクなんかでも。

『ジャンク商品』って言うジャンルがあるんですよ。    

 

 

それ何?っていうと、壊れたものとか訳ありの商品を

売ってる訳です。    

 

 

壊れたものでも売れるってスゴくないですか?    

 

 

なんで売れるの?

直せる人は使えるからでしょうね。

あとは部品だけ取ったり。    

 

 

そういうの、メルカリだったら

誰でも手軽で出来るんじゃないですかね。    

 

 

つまり、あとはどっかから物を持ってくればいいだけ

ってことですよ・・・    

 

 

ブックオフやドン・キホーテで激安で売ってるものとか、

とりあえず買っておいて、とりあえず売っておけば、

1000円とか2000円とか平気で儲かる。    

 

 

そういうことですよね・・・

 

 

ほんま学生の頃にあればな・・・

 

 

まきた