ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』+朝ドラ | 牧内直哉の「フリートークは人生の切り売り」Part2

ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』+朝ドラ

今クールもドラマを何作か観ています。

あいかわらずおいしい給食 season2が面白いです。

 

恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜も観ています。

で、先日の古見さんは、コミュ症です。並みに感想を書いたのですが、

UPする直前になって、間違って消してしまいました(´;ω;`)

心が折れたので、もう書き直しません。

 

簡単にいうと、コミカルさと恋のキュンキュンさを描きながらも、

人の立場や環境に「普通」などというもはない。

という世界観を大事にしていて、少し大袈裟に申し上げるなら、

私のイデオロギーに合致した作品であるところが気に入っています。

何が「普通」かなんてないんです。多数派と少数派があるだけなんです。

そこを互いに理解し合えるかというところまで描いています。

でも、堅苦しくなく、全体的に楽しく観られる仕上がりになっています。

次回第8話も楽しみです。

 

 

ついでに書くと、朝ドラカムカムエヴリバディも観てます。

本作は展開が速くて、戦時中を描く回も早く終わって良かった。

と思っていましたが、菓子のように甘くはなかったです。

今日(11/25)のラストは衝撃でした。あのナレーション・・・。

え?金太さんなの?・・・、しばらく固まって、涙が出ました。

やはり、戦争はアカンのです。本当に悲しみしかないです。