映画『護られなかった者たちへ』 | 牧内直哉の「フリートークは人生の切り売り」Part2

映画『護られなかった者たちへ』

『護られなかった者たちへ』

(上映中~:TOHOシネマズファボーレ富山、J-MAXシアターとやま、TOHOシネマズ高岡)

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/mamorare/

 

東日本大震災から9年後の仙台で、

全身を縛られたまま放置され餓死させられる連続殺人事件が発生。

捜査線上に浮かびあがったのは、別の事件で服役し、

模範囚として出所したばかりの利根という男だったが、

警察は決定的な証拠をつかめないでいると・・・。

 

中山七里さん原作の同名ミステリー小説の映画化です。

例によって、私は原作未読です。

ミステリーなので、事件の犯人については、

またしてもヒントになるようなことも書けませんが、

作品のポイントになっていることだけ幾つか・・・。

 

容疑者と思しき利根も、事件を追う刑事の笘篠も被災者です。

しかも、利根が被災した地域で笘篠の息子が行方不明になりました。

利根は避難所で“けい”という老女と“かんちゃん”という少女と出会い、

その後、しばらく一緒に暮らしていました。

 

殺された2人は、一部では善人と言われていました。

が、役場の職員として生活保護を担当しており、

過去の対応においては善人とは呼べない面もありました。

ただ、この辺りはどの立場で仕事をしているのかという点で、

善人だとか悪人だとか言いきれない部分もあったように思います。

 

そういったものがミステリーの中で絡み合っていきます。

震災からの復興は物理的な面と精神的な面があるので、

いつまでも「元に戻る」ということはないのかもしれないし、

事件そのものが切なく心苦しく感じられる作品でした。

主要人物が、それぞれに悲しみを抱えて生きているのです。

 

ヒロイン的な立ち位置で登場する役場職員の円山幹子。

清原果耶さんが演じています。宮城での震災がらみの作品。

ということになると、どうしても朝ドラおかえりモネと重なります。

本作でも「おかえり」と自分が言ったり、言われたりして、

毎朝、モネちゃんを観ている自分としてはツボにきました。

 

にしても、清原さんは一つの作品の中でも演技の幅が広いというか、

本作でも中学生(高校生?)の幼さが残る表情や雰囲気と、

大人になってからのそれとが全く違うのが印象的でした。

これ、モネの高校時代、登米時代、島に帰ってから、

などの状況により表情が違ってきているのと同じです。

 

で、本作は最初だけ「2011年」「9年後」とテロップが出ますが、

その後はシーンの中で観ている側が判断するしかなく、

しかし、清原さんを観ていたら、いつ頃の話か分かるのです。

この年齢の登場人物が他にいなかったこともありますが、

他の俳優さんが出していなかった空気感を彼女は出していました。

 

また、幹子を通して、生活保護の現状も分かります。

彼女は生活保護受給のルールについてはシビアに対処しますが、

この制度が本当に必要な人たちを救うことに使命感を持っています。

でも、幹子の上司は「職員からは勧めるな」とクギを刺します。

ここ、大事なところなんですが、本作は他のテーマが多すぎて、

生活保護の奥深いところまで行きついていないような気もしました。

 

「護られなかった者たちへ」というタイトルも、

生活保護から考えると、国のシステムの問題となり、

そのことに対する悲しさ切なさ、組織への怒りなどがありますが、

それとは別に自分が護りたいと思った人を護れなかった、

そこからくる悲しさや切なさなどもあって、幅が広いんですね。

 

いろいろ考えさせられながら鑑賞しましたが、

ちょっとまとまらない感想になってしまいました。