映画『蜜蜂と遠雷』 | 牧内直哉の「フリートークは人生の切り売り」Part2

映画『蜜蜂と遠雷』

『蜜蜂と遠雷』

(上映中~:J-MAXシアターとやま、TOHOシネマズ高岡)

公式サイト/https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

 

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの同名小説の映画化。

例によって原作未読。ピアノやクラシック音楽の造詣も深くない。

けれど、映画は楽しめました。いろいろ感情移入もできました。

いろんな面で私程度の者の方が楽しめる映画だったのかもしれません。

 

ピアノの若き天才たちが集う国際ピアノコンクールに参加する4人。

7年前、母の死からピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜。

プロにはなれず、今は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石。

完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトール。

神と呼ばれたレジェンドピアニストの推薦状を持つ謎の天才少年・風間塵。

 

4人の演奏と感情が交錯していきます。

主人公は亜夜ということになるのかな。松岡茉優さんが演じています。

上手いですね。ピアノはプロの演奏なので、彼女は弾いているフリです。

でも、それぞれの演奏の中での亜夜の感情の違いが伝わってきます。

彼女の演奏シーンは、一番ハラハラもしたし、前のめりにもなりました。

 

亜夜の7年前から現在に至るまでのところは描かれていません。

ずっとピアノが弾けなくなっていた。のに、コンテストには戻ってきた。

「これがダメだったら・・・」みたいなことは言ってますが、

実際に何があって、何を感じてコンテストに臨むことになったのか・・・。

よく分からないのだけど、松岡さんはモヤモヤさせないのです。

 

明石役の松坂桃李さんも上手いなぁ・・・と。

弾いているところより、聴いている時の演技に感情移入しました。

明石は力はあるけど、他の3人がいる“天才”の領域にはいませんでした。

牧内直哉というより、安野家仁楽斎として共感する部分が多かったです。

といっても、明石には素敵な奥さんや子供がいるんですけど・・・(^_^;)。

 

キャラクターとして圧倒的な演奏の力を持つのは風間塵です。

彼はレジェンドピアニストの故ホフマン先生からある宿題をもらっていました。

世界は音楽で溢れている。その音楽を奏でる人を見つけろ・・・と。

意外と早く見つけちゃうんですけどね。やっぱり天才的ですから。

 

そして、塵はピアノを楽しむということにブレがありません。

これが、今の私には羨ましいというか、こうありたいというか、何というか。

さらば愛しきアウトローとは全く違う映画のようで、

根底では同じことが描かれていたのかも・・・と、頭に浮かんできました。

 

この作品を観ていて、一番強く感じたのは「音楽」とは・・・ということでした。

「音」と「音楽」は違いますよね。「楽しい」という文字が入ります。

楽しく出来るかどうかは、演奏する側もそうですが、聴く側にもかかってくる。

演奏されていることだけでなく、自然の音でも「音楽」になるのではないか。

タイトル『蜜蜂と遠雷』とは・・・。何となくレベルで分かったような気がします。

 

クラシック音楽、良いですね。いや、造詣は深くないですが(^_^;)

もっと聴く機会を増やそう。と、こういう映画を観たときには思うのですよ。

「敷居が高い」とか、そういうことは全く思わないです。

ていうか、敷居云々って何です?なぜか落語でもたまに言われるし(>_<)

 

カワイとヤマハが製作に参加しています。

映画の場合、同業二社が参加するのって珍しくないですかね。

しかも、スタインウェイや、その他のメーカーのピアノも使われていました。

「両社とも大人やん!」と、そして、これは素晴らしいことだと思いました。

 

ちなみに、あるミュージシャンの半生を描いた映画では、

「その時代のその国に、そのメーカーのピアノばかりってことあります?」

なんて思ったりもしたのですが、そのミュージシャンとメーカの関係を

考えると、それはそれでエエやんか。と納得したりもしています。