2017年09月11日(月) 03時11分30秒

映画『二度めの夏、二度と会えない君』

テーマ:映画
『二度めの夏、二度と会えない君』
(上映中~9/15:TOHOシネマズファボーレ富山)
公式サイト:http://nido-natsu.com/

高校3年生の文化祭でバンド活動が大喝采を浴びた森山燐ちゃんと篠原智くんでしたが、
その直後、燐ちゃんは重い心臓病で余命いくばくもない状態になってしまいました。
「3か月の短い期間だったけど楽しかった。バンド続けてね」という燐ちゃんに、
智くんは、そこまで隠していた想いを告げたのですが、彼女は・・・。

彼女は「なんでそんなこと言うの」と、喜ばずに逝ってしまいました。
智くん大ショック!言わなきゃ良かったと後悔し、自宅に引きこもってしまいます。
しかし、そんなある日、智くんはタイムリープで6か月前に戻ってきました。
彼は「あの夏をもう一度やり直そう、愛情ではなく友情で彼女を見送ろう」と決意します。

余命短いヒロイン。彼女に振り回されるクラスメートの男子高校生。
出会った頃、彼女は彼を「君(きみ)」と呼んでいる。あれ?最近観た映画となんか似てる。
他にも、このシーンは・・・、あのシーンは・・・と、いろいろな他の映画が頭に浮かんできます。
そういう意味では、新鮮さや斬新さは感じない設定と展開です。

でも、僕はちゃんと感情移入して、この作品を楽しむことができました。
まず、智くんがよく頑張りました。二度めの夏の方が言いたくなる衝動が強くなっているのに!
もう言っちゃっても・・・と何度か思いましたが、そしたらどうなったんでしょうかね。
演じている村上虹郎さんは忘れないと誓ったぼくがいたの役でも頑張っていたなぁ。

本作は「人生は一度。やり直しは出来ない」という視点が欠けているような気がする・・・。
と思いながら鑑賞していましたが、最後の最後に、それを少し考えさせられる燐ちゃんの言葉が!
いや~、人生というのは、結局はどう選択しても後悔しちゃうのかもしれませんね。
僕も可能なら、幾つかパターンを想定して、その数だけやり直してみたくなります。

音楽映画としては、バンドの曲が良かったです。サントラ買っちゃいました♪。
劇中での燐ちゃんの歌が上手いんですよ。歌詞も作品にマッチしていて沁みました。
燐役の吉田円佳さんは、ガールズバンド「たんこぶちん」のボーカル&ギターでした。
どうりで!演技も決して達者ではないですが、表情が豊かで魅力的でした。

例によって原作小説は未読です。
カットした重要部分は台詞で補足。を感じる部分もありましたが、別に嫌ではなかったです。
中西健二監督、青い鳥花のあとも面白かったので、僕と好みが合うのかも。
富山では今月15日までの期間限定上映です。間に合って良かった♪

この記事、実は一回消しちゃって、これ「二度め」の書き込みです。
UP直前だったので心が折れました。当然のように、「一度め」と内容が少し違います。
この映画の中にも、そういう展開があったなぁ。
前と同じようにって、なかなかできないもんです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

牧内直哉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。