牧内直哉の「フリートークは人生の切り売り」Part2
富山県在住のフリーアナウンサー 牧内直哉 です
社会人落語家・安野家仁楽斎 、劇団ばら団員(俳優?)としても活動中!
ラジオ・テレビ番組出演、スポーツ中継の実況、ナレーション、イベントMC 等、
アナウンス&タレント業務全般の他、落語、演劇、講演、執筆などもしています。


出演などに関するご相談はお気軽にどうぞ。お待ちしております!
(【こちら(←クリック)】のメールフォームをご利用下さい)

【出演・活動情報】
◆レギュラー出演中のラジオ・テレビ番組、その他活動情報は ⇒ こちら(←クリック)
↓NEW!!(2022.6.14更新)
◆令和4年度「きらめき未来塾・お笑い道場」参加者募集中 ⇒ 詳細(←クリック)
◆「ばららくごVOL.37~ゆかた祭り~」は8月21日(日)開催です ⇒ 詳細(←クリック)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

映画『神は見返りを求める』

『神は見返りを求める』

(上映中~:J-MAXシアターとやま)

公式サイト:https://kami-mikaeri.com/

 

YouTuberのゆりちゃんは少ない再生回数に頭を悩ませていました。

コンパで泥酔し、介抱してくれたのはイベント会社に勤める田母神さん。

若い仕事仲間たちからその優しさを「神」と言われていた田母神さんは、

見返りを求めずにゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになりました。

彼女が望むように編集を仕上げたり、アイデア出したり、着ぐるみ着たり・・・。

登録者も視聴回数も増えないけど、二人は仲良く前向きに頑張っていました。

 

が、ゆりちゃんが田母神の同僚・梅川くんの紹介で、

チョレイ・カビゴンというコンビの人気YouTuberや、

今どきのイケメンデザイナー村上アレンと知り合い、

自分のチャンネルに参加してもらったら、急にバズり出しちゃって、

あっという間にゆりちゃんも人気ユーチューバーの仲間入りすると・・・。

 

「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督オリジナル脚本です。

私、人気YouTuberていうのが正直ピンと来なくて、

いや、私自身も気に入って登録してるチャンネルはあるのですが、

いかにもYouTuberって感じの人たちの軽いノリのコンテンツには、

あんまり面白みを感じてないんですよね。

梅川がまた、いかにも業界ノリで生きてる嫌な奴でして、

でも、私もこんな仕事してるので書きますが、実際にいますよ。

ある意味、リアルすぎて吐きそうでした(笑)。凄く苦手なタイプです。

 

チョレイ・カビゴンや村上アレンに言わせれば、

私なんかは古い感性の表現者なのかもしれません。

そんな感じで田母神さんも彼らにバカにされています。

で、そいつらにバカにされるのは、まぁ仕方ないんですが、

ゆりちゃんもすっかり人気者気取りで、

だんだん田母神さんがウザくなってきたんです。

 

ゆりちゃん役の岸井ゆきのさんの変化が本当に素晴らしい!

彼女の魅力については、当ブログでも何度も書いてきました。

確かにちょっと人気が出てくると変わっちゃう人はいますが、

人気は無くても、それなりにイイ子だったはずのゆりちゃんが、

なんでこんな嫌な子に?というぐらい変わっちゃった。

その二面性、その後の気持ちの揺れの出し方が上手すぎます。

 

見た目に関しても、ゆりちゃんの番組に人気がなかったときは、

コメント欄に「ブス」とか酷いことが結構書かれていて、

本当はそんなことを書き込むやつの方がクズなんだけど、

本人も「生理的に受け付けない人が多いルックス」みたいに言ってる。

でも、人気が出たら、彼女自身にも自信も出てくるのでしょうが、

若い子が「ゆりちゃんみたいになりたい」なんて憧れたりして。

そういう表情の豊かさも岸井ゆきのさんの強みと言えます。

 

田母神さん役のムロツヨシさんも上手くて、

「神」だったはずの田母神さんが「悪魔」に変わっていきます。

といっても、田母神さんのあの扱われ方は気の毒ですよ。

ゆりちゃんとの関係以外にもいろいろ気の毒なことがあって、

お金に困った田母神さんは、本当にクズ野郎の梅川の口車に乗って、

人気者になったゆりちゃんに「50万円欲しい」と頼むんです。

 

(以下、“適度”にネタバレしています。ご了承ください)

実は戯曲分析的にはここが悲劇への最終転換点だと思っていて、

ゆりちゃんは自分の番組から田母神さんを外したい、

もう縁を切ってしまいたいと思っていたのなら、

50万といわず、100万円ぐらいあげちゃえばどうなったかなと。

実際、本当に彼女がそこまで稼げていたのかは分かりませんが、

電話オペレーターの仕事は辞めても大丈夫な状態ではありました。

 

でも、彼女はびた一文、彼に渡そうとはしませんでした。

それどころか、「最初に“見返りは求めない”と言いましたよね?」と、

激しく辛辣な態度で断り、今後の動画制作への参加も拒みました。

ゆりちゃんのあの態度だと、100万円渡しても同じだったかも。

かくして、田母神さんは「神」から「悪魔」へと変わり、

単純に金ではない、言葉では表現しづらい“見返り”を求めだします。

 

もうここからは完全に魑魅魍魎の世界とでも申しましょうか、

いや、別に妖怪なんかは出てきませんが、人の方が怖いというか、

嫉妬や復讐心など、人間の中にあるリアルな醜さが爆発します。

そもそも、田母神さんも無理して「神」を演じていた部分もあり、

いや、そこはハッキリしませんが、多分、そうなんじゃないかと。

田母神さん、最初は自分だけがスタッフだったのに外されて、

そもそも、ゆりちゃんのことどう想っていたのかな・・・。

も難しいところですが、それも“あった”と解釈することはできます。

 

だから、タガが外れたら、どこまでも「悪魔」になっちゃう。

本作は性悪説に基づいた嫌な人キャラクターばかりが登場して、

メタモルフォーゼの縁側幻の蛍とは真逆です。

あんな世界の方が素敵だけど、こっちの方がリアルにも思えます。

で、田母神さんがとった復讐の方法がまた・・・。

動画配信って、本当にそこまで世間に浸透してるんですかね。

んなこと言ってるから、私はいつまでたっても「昭和」なのかな?

 

YouTuberにはYouTuberとしての葛藤や難しさがあること、

また、純粋にYouTuberに憧れている人たちがいることも描きつつ、

人気や成功は別にして、誰でもなろうと思えばなれる世界だから、

いかれたYouTuberも少なくなく、物語は後味の悪い終演へと向かいます。

たとえ“あの頃”を思い出しても、簡単には戻れないものなんです。

 

序盤は柔らかな雰囲気で描かれていた世界観が、

よくもまぁここまで感じの悪い世界観に転換できるものです。

そこは吉田恵輔監督の演出の素晴らしさです。

ここまで長々と書いて、一言で言えば・・・と言うのもなんですが、

こんな話は好きじゃないけど面白かった。そんな映画でした。

 

映画『幻の蛍』

『幻の蛍』

(富山県先行上映中:J-MAXシアターとやま)

公式サイト:https://www.maboroshinohotaru.com/

 

両親の離婚をきっかけに転校した14歳の中川かなた。

新しい学校になじめず、夏休みになっても特にやりたいこともなく、

母親のスナックを手伝って過ごしていました。

そんなある日、母親に勧められて仕方なく祖母の家を訪れたかなたは、

離れて暮らす妹の有田すみれと久々に再会しました。

そして、すみれがかなたにお願いして、

姉妹は今の季節にはいないはずの蛍を探しに行くことに・・・。

 

第33回フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞した

伊吹一さんのオリジナル脚本をもとに、

富山県出身在住の新人・伊林侑香監督が全編オール富山ロケで撮影。

知ってる場所が幾つも!どころか、

中川母娘の拠点が富山市中島でして、私の家の近所じゃないですか~。

でもって、いきなり知ってる人がスナックでご機嫌に飲んでました。

ただ、登場人物は誰も富山弁は話しません。

前にも意見を述べましたが、私はそれはそれで良いと思っています。

 

(以下、“適度”にネタバレしています。ご了承ください)

物語はいたってシンプルです。でも、丁寧にゆったり撮られています。

オープニング、かなたは職員室の入り口で突っ立っていました。

夏休み前、日直だからプール掃除をしました。

先生に確認してもらいたいが、担当の教師は他の教師と話し込んでいます。

そこに、別の女性教師がやってきて、代わりに確認をしてくれました。

もう一人の日直は用があるからと先に帰ってしまった。

で、かなたはプール掃除から教室の黒板消しまで一人でやっている。

 

女性教師は言いました。

「中川さんは『日直だから熊退治して』と言われたらやってしまいそう」

割と自然な流れで、かなたのキャラクターの断面を知ることができます。

両親が離婚する前はどうだったのかは分かりませんが、

今のかなたは、自己主張をしない、ハッキリとものを言わない子です。

まぁ、富山の中学生ではそんなに珍しくもないですよ。

しかも、かなたはこの1年でいろいろ抱え込んでしまったようです。

オーディションで選ばれた富山県在住の14歳の新人、

野岸紅ノ葉さんが、本当にこんな子なの?って感じで演じていました。

 

一方、半年ぶりに会った妹のすみれは無邪気に明るい女の子です。

お父さんとの二人暮らしの中で、よく一緒にご飯を食べる

「咲ちゃん」という若い女性の存在を楽しそうに話してる。

「咲ちゃん」の名を聞くたびに複雑な気持ちになる姉のかなた。

蛍を捜しに二人で出かけた道中、かなたはすみれに対して優しくなく、

この1年で溜まっていたものを、まだ幼い妹にぶつけてしまいました。

この道中のかなたの態度は、正直、褒められたものではありません。

が、彼女もお姉ちゃんとはいえ、まだ14歳の少女なんですよね。

 

そしたら、すみれが言い返しました。

「お姉ちゃんは自分だけがつらいと思っているの?」と。

お~!文字通りの妹キャラかと思ったら、すみれちゃんの方が大人やん!

実は言葉少なで分りにくそうなかなたですが、

その言葉の少なさに、実は日ごろの鬱憤が分かりやすく出てました。

逆にすみれちゃんの方が寂しさやつらさを明るい態度で隠してた。

二人にとってはちょっとした冒険になった蛍探しの中で、

かなたちゃんも少し成長して、具体的な行為はここには書きませんが、

ちょっと「お姉さんらしい」ことを妹にしてあげました。

 

本作で素敵だと思ったのは、そのクライマックスシーンもですが、

姉妹の周りの大人たちが、ちゃんと大人でいてあげていることでした。

かなたなんて、言葉を投げかけてもなかなか返してこないけど、

母親もおばあちゃんも女性教師も、彼女がボソッと答えるのを待ってました。

特におばあちゃんの姉妹の仲介役ぶりは、優しさも距離感も絶妙です。

また、最終盤、親子4人が一堂に会したシーンは優しい気持ちになるんだけど、

一方で、両親が夫婦としてやり直すことはなさそうだという現実も感じられて、

そう単純でもないんだよという雰囲気の作り方は私好みでした。

 

東京では7/9(土)公開。

その後、順次、愛知、大阪、京都などで公開される予定です。

7月3日(日)には朝日町で舞台挨拶付特別上映会も予定されています。

 

映画『峠 最後のサムライ』

『峠 最後のサムライ』

(上映中~:J-MAXシアターとやま、TOHOシネマズファボーレ富山、TOHOシネマズ高岡)

公式サイト:http://touge-movie.com/

 

徳川慶喜の大政奉還によって、

260年余りにも及んだ江戸時代が終焉を迎えた動乱の時代、

越後長岡藩牧野家家臣・河井継之助は、

慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した中でも、

幕府側、新政府側のどちらにも属することなく、

越後長岡藩の武装中立と独立を目指していました。

が、西から押し寄せてきた新政府軍との和平を願って臨んだ談判は決裂。

継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、新政府軍と戦う決断を下します。

 

という、実在した人物、河井継之助を主人公に描いた、

司馬遼太郎さんの長編小説「峠」を小泉堯史監督で映画化したものです。

河井継之助のことは漠然と知っていた程度でした。

映画は大政奉還からの約1年、継之助の晩年1年しか描かれていません。

なので、これだけで彼を知ることはできません。

そこで、最初は映画を観てからでも良いかな・・・と思ったのですが、

鑑賞前に少し、そこまでの継之助の生きざまを調べました。

ホント少しだけでしたが、本作鑑賞の助けにはなりました。

 

が、結局、河井継之助に感情移入はしきれぬまま映画鑑賞は終りました。

私には「サムライとはなんぞや」がよく分からないまま終わってしまいました。

それが正しいか間違いかではなく、藩としてそうと決めたら、

そこに向かっていくのだ!的な精神性みたいなものもそうなのでしょう。

これ、昭和のサラリーマンに当てはめられなくもないかもしれません。

いや、平成でも令和でも、こういう感覚は残っているかも。

 

(以下、“適度”にネタバレしています。ご了承ください)

でも、それだと継之助が「最後のサムライ」とはならないですよね。

実は継之助自身はその生き方を貫きましたが、家来に強要はしませんでした。

いまわの際に、自分のことは置いていけ(君たちは生きなさい)と言いました。

そして、若者は世界に出て見聞を広めよと説きました。

まぁ、こういうところも「サムライ」といえばサムライなのでしょう。

 

ただ、これは私の以前からの価値観ですが、

「武士道とは死ぬこととみつけたり」の言葉の真意はともかく、

こういうサムライ的生き方というか“死にざま”に共感しずらい自分がいます。

戦が生み出す悲劇はあくまでも悲劇であって美談ではないとも考えています。

もちろん、悲劇は悲劇でエンターテインメントにはなりますけどね。

それと、もう一つ以前から思っているのは、「勝てば官軍」なんて言いますが、

「官軍」は正義でもなんでもなく、ただ“体制”であるだけなんですね。

これに関しては継之助も語っていました。

 

継之助役の役所広司さん、妻おすが役の松たか子さんについては、

今さら書くまでもない存在感を見せておられました。

面白い配役だと思ったのが、

土佐藩の軍艦、岩村精一郎を吉岡秀隆さんが演じていたこと。

体制側に立って理不尽に偉そうな役を吉岡さんって珍しくないですか。

あと、いきなり登場の慶喜が・・・、そうですか~!って感じでした。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>