療育や支援学級に入るにあたり、

相談に乗ってくれた先輩ママがいます。

 

先輩ママからは

 

療育でも学校でも

先生と親のコミュニケーションが大事。

分からないことは何でも聞くこと。

要望があれば逐一報告。

遠慮は無用。

どんどんこっちから行かないともったいない。

 

 

と念を押されていました。

 

 

 

その言葉を胸に

私も臨戦態勢で長男の発達障害に立ち向かいました爆  笑

 

 

 

新しい習い事を始めるたびに

習い事の先生に発達障害の事を

言おうか言わないでおこうか迷ったのですが、

 

どの先生にも発達障害の事を一応伝えました。

 

 

すると、どの先生も発達障害に理解と知識があってびっくりびっくり

 

 

今の時代、先生と呼ばれる方はみんな

発達障害についての勉強をされているんだなって感心しました。

 

 

こういうことがあったんだけど、どういう対応すればいい?

って先生方も協力してくれて、

 

私はいつも

長男が困っていることが分かっても、

自分からなにかアクションがあるまで手を出さないようにお願いしていました。

 

 

 

発達障害には「障害」という言葉が使われているので

そうかもと思っても敬遠してしまう親もたくさんいるようです。

 

療育も世間では悪いところを直すイメージでしょうか。

 

でも実際は全然違うんです。

 

 

 

脳のことなので、大人になってもその人の特性は変わりません。

でも、大人になると自分の苦手なことは自分で気を付けたり、カバーで来るできるようになります。

 

じゃあ、どうして療育が必要なのか。

 

療育に通うのは

その子が毎日の生活で困った時に

どのようにすれば困らないかを教えてもらうところです。

 

普通の子供に近づけるところではありません。

 

子どものうちは、自分がどうしてみんなと同じようにできないかが分かりません。

それで自分に自信を無くしてしまう子もいるんです。

だから、支援が必要なのです。

 

みんなと同じようにできなくても大丈夫。

あなたにはあなたのいいところがたくさんあるのよ。

 

って、自分を認めてもらって、自信をつけてもらえるところでもあります。

 

実際に、長男も5年生になって、私が手を出さなくても

自分の事は自分で準備できて、

忘れそうなことはメモに書いて、

時間を計算して自分で家を出たり、

自分の不得意なことが理解でき、どうすればいいかがきちんと分かるようになりました。

 

 

それでも、彼の特性は変わりません。

観察力が鋭く、几帳面で潔癖です爆  笑

 

 

 

 

 

何でもいいから、彼が自信の持てる物を探してあげてください。

そして彼の長所をどんどん伸ばしていきましょう。

 

って何度も言われました。

 

以前にも書いたように

長男にはそれが折り紙だったことは間違いありません照れ

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

Facebook

https://www.facebook.com/awanokuni.japanese.language.lesson/

 

 

 

あわのくに日本語教室ホームページ

https://awanihongo-japanese.localinfo.jp/