お薦めの映画『アンドリューNDR114』(原題: Bicentennial Man)はロビン・ウィリアムズ主演のSF映画ですが、人型ロボットが現実のものになりつつある昨今、もはやSFではないのかもしれません。
1999年に制作されたとは思えない程、リアルに今の課題を描いているように感じます。
デジタル時代における生命倫理というテーマも投げ掛けられているのかもしれません。