カンタベリーのケント大学キャンパスに移動し、各テーマに沿ったセッションが続いています。
イギリス政治に関するセッションに続いて、私は日本政治についてのプレゼンテーションを行いました。
イギリスの政治機構や制度は日本の政治システムを考える上でも参考にしてきたものですが、今イギリスが政党政治の危機に直面しています。政治の安定や、グロバリゼーションとナショナリズムなど、多くの質問とコメントが示され、活発なセッションとなりました。