マキオカのネイチャーな日々

山梨県の牧丘に手作りの2区画だけのキャンプ場を作りました。

広い空には満天の星。
ティピィの煙突からはバーベキューのけむりと笑い声。
ハイジのブランコは空まで届きそう。

いるだけで気持ちが和んでいく。そんな不思議なキャンプ場から贈ります。


テーマ:

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先日のこと。
ある信頼のおける友人から、耳寄りな情報を聞いた。
何でもFukucha(福茶)さんという方のスピリチュアルカウンセリングに行ってきたんだそう。
お話をテープに取らせてもらい、カウンセリングを受けた後でもう一度聴いたら、とっても納得いく内容だったとか。

面白いことには目のないわたし。
詳しく聞いてみると、お値段もとっても良心的。

「これは行ってみなければっ!」と、ふんどし息子を誘い、早速行ってみた。
(調べていたら、「電話占いピュアリ」というところにも福茶先生という女性がいらっしゃるみたいですが、別人です。念のため。)

伺う前に質問事項をメモにまとめ、いそいそと事務所があるという神谷町のとあるマンションにへ向かった。
クラシックが流れる部屋に通されると、スーツを着た中年の男性が座っている。

以下、文字起こししてみました。
(FはFukuchさん、Mはわたし)

F 「お待たせいたしました。ご相談の内容は何でしょうか?」
M 「去年、主人の17回忌を迎えたんですが、夫からのメッセージがあれば。」
F 「17回忌ですよね。では、もう生まれ変わっている感じの方達ですね。大体5年経つと転生が始まりますので。早いと2日で転生しちゃいます。(しばし黙考)・・・いや、特別なメッセージはないようです。」

あ、そうなの。
主人はとっとと転生して、妻には何のメッセージもないらしい。

では、と次の質問をぶつけてみる。

M 「実は、わたしの実家は4月にいろいろなことが起こることが多いんです。一昨年は母が京都のホテルで転び脳挫傷になり、つい先週も母と姉が同じ病院に同じ日に入院してしまいました。何かあるのでしょうか?」
F 「4月は一番病氣になりやすいんです。木が芽吹くように、体内の氣も上がってくる時期なので。4月は脳卒中とか脳梗塞になりやすいんです。上にあがる氣が多くなるので体調不良になりやすいんですよ。(しばし黙考)・・・・霊的に何かあるとかではないらしいんですね。一般的なバイオリズムに基づくものらしいと言ってました。」

あー、よかった。
実はこの話が一番聞きたかったの。
母と姉が先週入院した際、実家の親戚一同「また4月に入院!?きっと何かあるに違いないっ。」と、戦々恐々としたのだった。
我が一族に悪霊でも憑いていたらどうしようかと思っていたので、ホッと胸をなでおろすわたし。

もう一つ用意しておいた質問をしてみる。

M 「守護してくださっている方からのメッセージがあれば頂きたいのですが。」
F 「今言ったことが全部です。それに何人の方がいらっしゃると思っているのかと思いますね。生きている間に4~5万人位お世話になりますし、わたしも25分の間に20人位の守護してくれている人と話すので、どの人の話をしているのかなと思いますね。なので、いつも迷います。皆まとめてありがとうで大丈夫です。それでいいと言ってくれています。僕もそうしています。」

たぶんお客様皆が同じ質問するのではなかろうか。
「この質問、いい加減飽きたよ。」という雰囲氣。

そういえば、もう質問のストックがなくなっちゃったんですが。
時計を見ると、まだ5~6分しか経っていない。
30分予約を取ってあるというのに。
あー、もっと真剣に時間をかけて質問を考えておけばよかった。

思い起こしてみれば、小学校の夏休みの宿題発表会でもいい加減なやり方をして発表時間が余ったっけ。
まさかこの年になって、こんな場所でその片鱗を垣間見ることになろうとは。
とほほ。

M 「あのー、わたしの質問はもうないので、この後に予約してある息子を呼んでもよろしいでしょうか?」
F 「はい、結構ですよ。フレキシブルに対応していますから。」
M 「ありがとうございます!」

外で待っているふんどし息子に電話をして、すぐ来るように伝える。
息子を待っている間、しばし沈黙が続く。

・・・間が持てない。
手持ち無沙汰だ。
わたしは時間つぶしに、何となく思いついた質問してみた。

M 「わたしは山梨でキャンプ場を経営しているんですが、、明日も行くんですが、進むべき方向としてはそれでいいのでしょうか。」
F 「それでいいと思いますよ。そこはきれいなオーラが見えるので、あなたにとっても皆さんにとっても、あ、どちらかと言えばあなたにとって大事な場所になるらしいので。することよりもして頂くことの方が多いみたいなので。とてもいいオーラが集まっているのが見えるので、皆さんのために一肌二肌脱げば、それ以上のものがもたらされると言っていました。」

えええ?
とてもいいオーラが集まっているのが見える?

M 「うれしい!ありがとうございます!!」
F 「あのー、それが俗にいうお役目というものだと思うので、立派にお仕事をされたらいいと仰っていましたね。」
M 「よかったー!あの、皆さんに喜んでいただける仕事を与えて頂けて良かったなと思っているので。」
F 「すごく立派なお仕事だと言ってました。大変だけれども、したことよりも受けることの方が多いと言ってたんで、立派なお役目だと思って聞いてました。」
M 「あ、なんか今の言葉が、なんかすごくうれしかったです。行くと除草剤も使わず6~7時間草むしりして維持しているので。」
F 「あのー、そこはあれが多いんですよ。木霊とか精霊が多い場所なんです。だから多分お呼ばれだなと思って見てました。」
M 「ほえー・・。」

いやはや、なんともはや。
まさかこんなスゴイ返事が返って来るとは予想していなかったので、間抜けな「ほえー」という声しか出てこない。

マキオカが木霊とか精霊が多い場所?!
確かに自分で言うのもなんだが、とっても気持ちのいいところなので、そう言われても違和感はない。

さらにFukuchaさんの怒涛のスピリチュアルカウンセリングは続くのでした。

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マキおかんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。