E3 2015も終わり、最新のゲームタイトルも発表されましたね。

最近になってようやくといいますか、龍が如くシリーズ1~5,0をプレイしていましたが最近クリアしました!見参などの時代劇オマージュはまだ未プレイですが。。。

龍が如くシリーズはやる前はヤクザものとか興味ないし格闘ゲームも苦手だからやる気がなかった・・・というのが本音でした。
PSPlusでフリー配信していて龍が如く面白いって意見よく聞くしやってみるか~っていうのがきっかけで始めました。PS2のリマスターということでグラフィックは多少古めかしい感じも感じる方はいるかもしれませんが、PS2時代でここまでシームレスを意識してそれっぽくみせようとした作品はなかったかもしれないですね。

シナリオもただ単に悪役を倒すだけでなく、登場キャラクターの強いところ弱いところが垣間見え、キャラクターに感情移入でき、1つの映画を見ていながらも自分で操作する楽しさというのが、RPG作品波に感じることができました。

あとはミニゲーム!すごい数ですね。これにトロフィーを追加したら完全にやりこんでしまう人も多いのではないでしょうかw

龍が如く恐るべし!

ちなみに私の好きなキャラクターは真島の兄貴です!w

いいキャラしている割には謎が多いキャラでしたが、ナンバリングタイトルをプレイすることによってその真島の心情だったり、人間味あるキャラクターに魅了されることでしょうw

長々と語ってしまいましたが、私はRPG、特にFFやKHが大好きでしたが、龍が如くも好きなシリーズの1つになってしまいました!

以上、龍が如くについてでした!!!
おひさしぶりです。FFマニア兼FlipFlopです。

長い間、アメブロのブログを更新しておりませんでしたが、少々真面目な話をどうしてもしたいと思い、ブログを書かせていただきました。

私自身この4年間、転職を含むとある企業でWeb系エンジニアとして働かせていただきました。

まずここで言いたいのは、IT業界で働くということは、最も最先端技術で、働いている人もこれからの将来を担う大切な仕事だということです。

しかしながら、IT業界といいますかソフトウェア業界は非常に良い労働環境が整っていないのが現状です。

大小企業問わず、問題となっているのは、
1.労働時間の問題(残業、休日出勤の問題)
2.昇給等、人材育成にかかわる部分
3.(上記項目にも関わりますが)長期雇用を前提としていない企業が多い
大きく大雑把に分けてこの問題だと思います。

それぞれの項目について個人的見解を書いていきますので、結論は一番下まで見てくだされば幸いです。


1.
労働時間の問題(残業、休日出勤の問題)
どの業界でも労働時間の問題はつきものだと思います。
しかしIT業界でも言えるのが、作るものの工数を無視したスケジュールを決める権限が開発者側にはほとんどないことが多いのが問題です。
会社としてもカツカツのスケジュールでものを完成させたいという考えはあるでしょう。しかしそれが無理なスケジュールであれば、ソフトウェアも人が作るもので、結果的に使い勝手が悪い、不具合が多く生まれてしまうということがありえます。
直すところが増えればそれ開発者に負担がいきます。
結果的に残業は増えて、休日出勤もしなければならなくなるのです。
しかし、しかたなく好んで残業をするエンジニアもいます。なぜでしょうか?
これに関しては2でお話しします。


2.昇給等、人材育成にかかわる部分
昇給基準があいまいなのもこの業界の特徴です。

単なる仕事量を基準にするのか、収益貢献を基準にするのか、やる気・努力を基準にするのか・・・etc
仕事量を基準にするのであれば、残業した人や休日出勤をした人が評価されます。
収益貢献を基準にするのであれば。仕事量を無視して単純にどれくらい利益を出したかで評価されます。
やる気・努力に関しては周囲の意見に頼るしかないでしょう。
しかしこれが上司と仲のいい人が評価されてしますという場合もあるでしょう(これはどの業界でもある話だと思います)。
評価基準があいまいなうえに、給料の昇給額も低いのはこの業界の特徴です。
さらに基本給が低いため、残業を仕方なく好んで行う人がいる場合もあります。

人材育成に関しては新人教育をしっかりしているところもあります。この場合企業に腰を据えて開発できるエンジニアに多いです。
人材を現場に派遣することが多いIT業界ではほとんど人材開発は外に頼ります。
しかし、人材を外からもらってきた会社は人材開発よりも足りない工数をいかに減らすか、ただそれだけのため結果的に独学で学んでしまう人が多いです。
独学で学ぶんのは非常にいいですが、いくつかの問題があります。
それぞれのコーディング作法がバラバラなので、ぐちゃぐちゃなコードになる。
たとえるならば配線がぐちゃぐちゃになったままさらに配線を増やしてしまう感じです。
結果的に個人のプログラミングとしてはよくできても、集団開発ができないエンジニアを量産してしまうのです。
このように会社全体で社員を育てる、育てた人財を大切にするという企業が少なくなってしまうのです。業界が何次もの下請けに頼る縮図になっているため、結果的に人を大切にしないような環境が出来上がったのだと思います。
会社が社員を人財として大切にしないと感じられれば、その会社から出ていく人もいるでしょう。これが離職率が高い原因だと思います。


3.(上記項目にも関わりますが)長期雇用を前提としていない企業が多い
上記のまとめにもなりますが、会社から大切にされない、評価もされないとなると離職率は上がってしまいます。入れ替わりの激しくなった業界は長期雇用を前提としない使い捨てのスタンスになりがちでしょう。これが負のスパイラルとなり結果的にこの業界の人に対する扱いになったのだと思います。


結論
IT業界全体の仕組みを変えないと、悲しい結末を迎えてしまいかねない。
人を大切にする(人財)、評価をしっかりする(貢献に見合った正しい対価)。
まずはこの2点からしっかりしないといけないでしょう。
上記を考え直せば、労働環境も少しは変化すると思います。
これから残業代0になる流れもあります。しっかりとした企業姿勢がもっと大切になる時期でしょう。

次回、評価についてどうすればいいか、時間があれば書きたいと思います。
テーブルビューが表示されない

・UIViewController上にUITableViewを配置する際、StoryBoardUIのTableViewのOutlets(右のサイドメニューの➡マークのOutlets)のDataSourceとdelegateをベースとなるUITableViewControllerを指定



・コード上で、

@interface AADetailViewController : UIViewController <UITableViewDataSource,UITableViewDelegate> {

}


というように、UIViewController 
<UITableViewDataSource,UITableViewDelegate>を指定する
・(記述しているとは思いますが、TableView生成に必要なメソッドをコードで記載)
 アニメが好きっていうと、最近ではあまり偏見はないですが、私が高校の頃はまだまだアニメが好き=オタクという時代でした。

 でも最近では、ボーカロイドやソーシャルゲームの影響で、一般社会にもって言うと可笑しいかもしれないですが、割と普通の趣味になり始めました。

 私がアニメにはまったきっかけは、高校の頃の友人に、ゲームやアニメが好きな人がいっぱいいて、その頃の私は昔からゲームは好きだったのですが、深夜アニメというものを見た頃がなくて、最初は少しオタクが見るものでしょ?という偏見が、当時の自分にもありました。

 話は私の中学の頃に戻りますが、私の両親は私が中学2年の頃に離婚しました。当時の私は精神的にも余裕がなく、勉学にも手がつかない時期がありました。

 しかし、ゲームという存在が私の塞ぎ込んでいた気持ちを許せる存在になっていました。

 アニメもゲームも、オタクが好きなんでしょ?と思われがちですが、私はそれだけでは語れない存在だと思います。

 アニメに登場する人物にはリアルではありえないほどの魅力的な個性があって、日常じゃ味わえない人間の気持ちに触れることができたりします。

 けいおん!というアニメをご存知でしょうか?高校生が軽音楽部に入って、青春を楽しむという話ですが、女子高にもかかわらず女の子同士の争いのようなものは一切ありません。

 これは、アニメによっていじめの無い世界を表現して、現実で味わう以上の青春を男の私でも感じることができる作品でした。まあ、そのキャラクターの中で一番好きなのは、「中野梓」、通称「あずにゃん」という子が私は可愛いと思いますが。。。

 と、脱線してしまいました。

 何を言いたいのか支離滅裂ですが、アニメやゲームがあるおかげで、多くのことを学んだり、優しい気持ちになったり、時には疲れた心を癒してくれる・・・そんな存在が、アニメやゲームなのです。

 長々語っちゃいましたが、アニメやゲームが好きな人と話したりすることも、オタクになって良かったな・・・としみじみ思えますし、これからも、若い子達のオタクと呼ばれている存在の人をいろいろな気持ちで応援したいと思っています。

 オタクって気持ち悪いんじゃなくて、凄いんだぜ!胸を張って言える社会になればいいなと、切に願います。。。
ひさしぶりです、FFマニアです。

最近、教習(これも最近は行けてない…)や就職活動、バイト、ゼミと、忙しさがやばくなり、このブログやニコニコ生放送を放置気味です、本当にすみません。

東京ゲームショウ2009には、行きました!FF13もプレイしてきました!

あっ!実況プレイも途中で放置気味だ…、ごめんなさい!

とまあ、忙しいのでいろいろと手付かずですが、就職活動がんばりたいと思います。

僕と同じく就職活動をしている人とのつながりなんかもできたら、うれしいですね。

第1志望はスクエニでがんばります(可能性は低いですが、まずは全力で行きたいと思います)。

久々のカキコ 2009/05/05

テーマ:
こんにちわ、こんばんわ!

FFマニアです。

バイトを変えたり、大学が始まったり、教習所に通ったりといろいろ忙しくなり、なかなかカキコができなくて、すみませんでしたm( _ _ )m

ゴールデンウィークも残りわずかで、また忙しい日々がやってきますが、ブログのカキコもがんばります(できる限りw)。