省エネ・環境の牧野祐治行政書士事務所のブログ

省エネ・環境の牧野祐治行政書士事務所のブログ

省エネ・環境の牧野祐治行政書士事務所のブログです。


テーマ:

東京では明後日10月18日(木)ですが、省エネセンターの平成30年度の省エネ診断・技術事例発表会が開催されます。

内容は、工場・事業所等における効果的な省エネ取り組み事例のご紹介 省エネルギー推進への支援策のご紹介 であり多くの方の参考になると思います。

場所はAP東京八重洲通り11F ホール KLMであり、無料です。

詳細は下記省エネセンターのURLをクリックしてご覧ください。

現在受付中ですので、参加希望の方はこのURLから申し込んでください。

https://www.shindan-net.jp/seminar/

 

省エネ・環境の牧野行政書士事務所

 


テーマ:

省エネセンターによる無料の環境省の二酸化炭素削減ポテンシャル診断の経験を基にした「診断機関が見たCO2削減のコツ」と「設備の部分更新によるCO2削減」に付いてのセミナーが開催されます。

東京は12月7日(金)13:00から東京ビックサイトで行われ、現在参加者受付中です。

詳細は下記省エネセンターのURLをクリックしてご覧ください。

参加申込もここからできます。

https://www.eccj.or.jp/co2-seminar/

 

省エネ・環境の牧野行政書士事務所

 


テーマ:

 先日お知らせしておりましたH29年度環境省ポテンシャル診断の公募要領が公開されました。
 この無料診断を受けてみたいとお考えの方は、環境省からの受託事業者であるLCEPの下記URLをクリックして参照ください。
 http://lcep.jp/h29/potential/koubo.html

 この中に「ポテンシャル診断ガイドライン」も入っていますので、どのような診断なのか調べる際は参考に成ります。
 診断申込書の書き方等ご質問が有りましたら、次のURLをクリックして当事務所のホームぺージからお問合せ下さい。

 http://www.makino-gyosei.com/

 

省エネ・環境の牧野行政書士事務所


テーマ:

 環境省のポテンシャル診断の今年度分の受診事業者公募が5月1日(月)から開始されます。
 例年通り、対象事業所は直近(平成28年度)の年間CO2排出量が50トン以上3000トン未満であり、中小規模事業所はほとんどが応募可能です。
 補助金の上限が計測付で100万円であり、診断事業者は通常その上限以下で診断を行いますので、事業者は実質無料で計測診断を受けることが出来ます。
 詳細は4月25日の公募説明会で公表されますが、概要については下記URLをクリックして執行団体である低炭素エネルギー技術事業組合のホームページをご覧ください。
 http://lcep.jp/h29/potential/koubo.html

 ブログを読んでくださっている事業者、またお知り合いの中に省エネ化の観点からこのポテンシャル診断を勧めたい中小事業者が居られましたら、応募をご検討ください。
 このポテンシャル診断を受診しておくと、提案に基づいてCO2年間排出量10%(中小企業の場合)以上削減できる機器導入に対し、環境省の「低炭素機器導入事業」補助金(補助率は中小企業は1/2と高額!)に3年間応募できる権利が生じます。経済産業省のエネルギー使用合理化等事業者支援補助金(通称、エネ合)が人気沸騰で採択率が低下している現状では、応募者が限定されるこの補助金は魅力的です。この「低炭素機器導入事業」の概要は、下記URLをクリックして御確認下さい。
 http://lcep.jp/h29/setsubi/koubo.html


 診断応募用紙は、上記低炭素エネルギー技術事業組合のホームページに間もなくアップされます。
 より詳しいことは4月25日の公募説明会後にお知らせいたします。

 

 省エネ・環境の牧野行政書士事務所


テーマ:

 来る2月15日(水)から17日(金)まで東京ビッグサイトでENEX2017「地球環境とエネルギーの調和展」が開催されます。

 入場無料ですが来場事前登録が必要で、もう受付が始まっています。

 関心のある方は、下記URLをクリックして開催概要をお読みください。

 事前登録やセミナー参加申し込みもここからできます。

 数多くのセミナー開催が予定されています。

http://www.low-cf.jp/outline.html

 

省エネ・環境の牧野行政書士事務所

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス