クララが、ポエットが、立った! | ひとり語り ~松田眞樹のピアノ語り~
2018-01-07

クララが、ポエットが、立った!

テーマ:音楽

『Bloody Poetry』絶賛お稽古中♪

 

 

スイスのレマン湖からはじまるこの作品、

 

見開き全カラーの素敵なチラシの一番うしろの

 

image

 

こちらのお写真ね、スイスのレマン湖なんですって。

 

 

ちょうどお稽古初めの時期が時期だったので、

 

芦ノ湖から見える富士山にそら目(笑)(・・;)。

 

 

大学駅伝の話じゃないよ〜っていう、ね♪

 

 

お稽古2日めにして立ち稽古、どうなるかと思ったら、

 

なんと全員が台本を手放したΣ(゚д゚;)!

 

 

クララが立った!

 

ポエットが立った!

 

台本を手放した!

 

 

すごいな・・・みんな一体どんな年末を過ごしたんだろう・・・

 

この光景に演出家が感動しないワケないよね、

 

それはそれは密度の濃いアツいお稽古のせいか、暖房のせいか、

 

お稽古場は連日すごい熱気。

 

 

image

 

キャスト6人イケメンと美女しかいないから、

 

とっても眼福なお稽古なのに、

 

image

 

集合写真を撮ると、なんで誰かしら変顔するかなぁ〜(笑)( ̄_ ̄ i)

 

 

2列目左から、

 

毎日3食パスタでOK!情熱のパスタ王子:猪塚健太くんこと健太くん、

 

こだわりの玄米・ミス手作り弁当:百花亜希ちゃんことももちゃん、

 

キュートな男前にギャップ萌え:前島亜美ちゃんこと亜美ちゃん、

 

ガッチリムキムキみんなの優しきお兄ちゃん:青柳尊哉くんことたかやくん、

 

 

1列目左から、

 

宝塚男役からの女子歴2年・飲みっぷりはただのオヤジ:蓮城まことちゃん ことキング、

 

私、

 

ウン十年越しの日本初演実現に連日テンションMAX:演出家の大河内直子さん、

 

翻訳への細やかな心遣いはまさに真摯な紳士:翻訳の広田敦郎さん、

 

『うどん5本の男 by 蜷川幸雄』はボケたがり:内田健司くんことけんしくん。

 

 

素敵な作品になりますように(*^▽^*)♪

 

imageimage

 

 

『Bloody Poetry』

 

2018年2月8日(木)~18日(日)
東京都 赤坂RED/THEATER
 
作:ハワード・ブレントン
翻訳:広田敦郎    
演出:大河内直子

キャスト

パーシー・ビッシュ・シェリー:猪塚健太
メアリー・シェリー:百花亜希     
クレア・クレアモント:蓮城まこと 
ジョージ・バイロン卿:内田健司
ウィリアム・ポリドーリ博士:青柳尊哉
ハリエット・ウエストブルック:前島亜美

 

 

チケット絶賛発売中!

http://ticket.corich.jp/apply/87700/

松田眞樹(まつだまき)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス