2011-05-10 11:47:23

環境省に確認。放浪ペット保護の方針は変えていない、とのこと。

テーマ:レッスン
方針、法律は、周知徹底が大事。方針が明確におろされないと情報錯綜、聞いたの、聞いてない、など混乱します。国の方針は、変わらず一時帰宅時に飼い主さんがまずは、きちんと繋留えさ、水やり、1日、2日後にその子達保護、その他飼い主さんからの依頼のない放浪ペットについても保護。この詳しい捕獲方法と、その間のフードの与えかたは改めて確認します。 やり方は、いつも、温度差あることがおこります。現場がどう動いてくれるのか確認したいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(67)  |  リブログ(0)

藤野真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

67 ■緊急対策本部の義援金は

小さな保護団体さんは被災犬を保護して医療費や様々な経費がかかり、お金が逼迫し、自腹出しすぎてもやししか連日食べてないとつぶやいておられました。それでも目の前の命のためにレスキューを続けておられます。「緊急対策本部が実際に今、被災ペットをレスキューしていないから、義援金を返してほしい実際に早い段階で自らの手で命を助ける団体のほうに緊急に寄付したい。」と電話で申し出た個人の方が書いていましたが、
本部事務局が理由を聞いて「寄付された義援金は返金します。」と回答されたとお知らせされていました。今の義援金配布の方法では先のような団体さんには善意のお金は行き渡らないシステムのようです。ご希望の方は事務局に申し出てみられてはいかがでしょうか。緊急な瀕死の命の事ですし、寄付は寄付される方の判断であくまで自由です。
連休明けに私のほうでも、緊急災害時動物救援本部と交渉しまして「NPO NGO以外の実働されている保護団体」さん以外の団体で、役所に保護犬猫の報告を済ませていて実績報告できる団体さんにも義援金申請資格を認めてもらえるよう交渉してOKをもらいましたので、本部に資格条件を緩和していただき先日義援金は畏怖申請募集要項を少し書き換えてもらいました。ですが、まだ内容は十分ではありません。また、レスキュー中の少人数の団体さんは書類を準備する時間さえとれない懸命なレスキューを続けておられます。
今後はそのような団体さんがあれば、緊急災害時動物救援本部への忙しい団体さんの申請書類の整備のバックアップを個人的にサポートしていきたいと思います。申請書類の作成のお手伝いであれば、本部への質問や調整など、個人の方、遠方の方でも保護中の団体さんのサポートは可能だと思います。団体さんも助かると思います。このような形で皆様の心のこもった義援金がまんべんなく小さな真面目なレスキュー団体まで行き渡ればいいなとも考えています。そうすれば、もっと多くの動物の命も繋がっていきます。

66 ■小さな広告出します

藤野先生、いつもありがとうごさいます。

避難されている方に、愛護団体のことを知ってもらうため、自分で新聞に小さな広告(約1×7センチくらい)を出すことにしました。

(記事にしてもらおうと頑張りましたが、実現できなかったので)

以前、ひいろさんに教えてもらった情報を元に、いくつかの愛護団体にお電話して、OKしてくださったところの団体名、電話、活動(一時預かり・里親探し)を紹介します。

2日前に福島民報社さんに申込み、今日と明日の2日間掲載されます。
明後日は、皆さんのコメントを参考に、より一時帰宅する人の心に響くように文面を工夫して、もう一度載せたいと思います。

本当に小さな広告ですが、福島民報社さんは、避難所で毎日2万部を無料配布しているそうなので、誰かの目にとまることを祈ります。

ちなみに避難所では、自由にチャンネルを変えられないせいか、テレビを観ている人は少なかったと、新聞社の方が仰っていました。

役場からの情報に頼るしかないという人が多いのかもしれません。

65 ■地方の農家の方だから、生き物に対する意識が違うなんておかしい

みかん→みどりまんじゅう に改めます。
他のかたのコメント拝見し、違和感を覚えました。

私も、生まれは三重県の周囲は田畑ばかりでした。高校卒業し名古屋に引っ越しましたが。
でも、小さい頃から、自分のペットは、何を犠牲にしても守りたいと【本能】で感じてました。

野良猫の世話も、同棲先から、通って餌やりしました。

田舎の方でも、ピュアに『何があっても守る!』と守り抜いてる方もいらっしゃいます!

都会人だから教養あるなんて無関係ですよ。

大事なのは、何処に居ようと、何歳だろうと、自然に湧き出る『ハート』なのでは?

64 ■悲しすぎる現実。

日本はあまりにも動物愛護の意識が低すぎます。動物のことで熱くなり声を上げている私達はごく一部としてしか見られていないのでしょうか。何百人いても何千人いても「一部」でしかないのでしょうか。私たちの様に動物に目を向け毎日入ってくる動物関連の情報を知る事は被災地の方達にとっては当たり前ではありません。一時帰宅でペット連れ出し可能になった事、20km圏外などでも日々レスキューが行われている事を被災者の方は知らない人が圧倒的に多いはずです。私達の様に愛護意識が強い人ばかりではありません。動物を飼っている人でさえ愛護意識がない方がいます。

63 ■菅さんは愛猫家

菅さんは猫2匹飼ってます。それなのに何故被災者の気持ちが分からないのでしょうか…不思議でなりません。奥さまとの結婚の条件が「猫が飼えること。猫嫌いな人は困る」と…
我が家も6匹の猫がいます。何かあった時は私は命を懸けてこの子達を守ります。菅さんの家とは違います。全く理解ができません…

62 ■飼い主の意識

こういう災害緊急時には、行政の対応はもちろんですが飼い主のペットに対する意識のもちようが問われます。
ただ、「山奥の住人」さんが言われているように
同じ日本の中でも地域や年代によっては動物を可愛いと思っていても未だに「たかが犬猫」という意識をもっている人々も多いのです。
動物ボランティアの存在さえ初めて知ったという人がどんなに多かったことか
無知は本当に怖いものです。
今後、計画避難区域となる町には
ぜったい20キロ圏内のような悲劇を起こしてもらいたくありません。
UKCジャパンさんが代表で飯館村のペットのレスキューを村より一任されました。
とても頼もしい団体です。
どこかの救援本部とやらに見習ってもらいたいです




61 ■30番のめめさんと同感です。

全く同じ感想です。どう考えても1ケ月以上も水餌なしでは生きられないことは子供だってわかります。被災者の方を悪く言う気はありませんが、神経が理解できないのです。いくら飼主さんが非常時とはいえ、あまりに非情な気がします。そういう飼主さんが沢山いるのかと思うと、ペット達が哀れで不憫で、辛いです。

60 ■30番のめめさんに賛同です!!

必死に2ヶ月も飢えに耐えて生きて
きた、猫さん・・

猫さんといえどもやっと飼い主と会え
ホッとした所・・何日分だか知らない数日
の餌だけ置いて、また置き去り・・

この猫さんのお気持ちを考えたら
胸がはりさけます

こんな飼い主に飼われたばかりに不幸
になった・・

でも福島の保健所さんが嘆いていましたが
この地域の飼い主は、みんなこんなもん
らしいです

避妊、去勢手術なんかほとんどしてない。
放して飼う家もあたりまえのようにいる
そうです。
私達、動物ボラが、動物を思う気持ち
とは相当ズレているとの事です・・

結局、飼い主が、政府に泣き叫んで
ペット救助を訴えないのも、
動物をペット・・としてみていないからです

だから、私達がこんなにあちこちに
嘆願やメールを送ってるのに・・

当の飼い主本人が、ペットなんてどうでも
いいって考えだから、行政も動かない
わけです!!(怒)

こんな飼い主に飼われたペットがフビン
でならない!! 

59 ■55 EKさんへ

 ありがとうございます。
 明日、役場に電話してみます。
 帰宅時期についてはまだ何も。金曜日から申請受付が始まるので、とにかく第一便に入れて貰えるよう嘆願してみます。
 人口が多いので、1日100人としたら1巡するのに1か月以上かかるんですよね……。

58 ■役所・マスコミからペット連れ帰り可能の情報を!

一時帰宅の際につれ帰れることを知らない住民の人達が多そうです。是非、一時帰宅時に住民に接する役所の担当者から、全員に呼び掛けてもらいたいです。

藤野様、是非、マスコミにもこのことを一言でも番組中で言ってもらうように御願いしてもらませんか?

皆、連れて帰った映像をみて、一安心してしまいます。実際にはそういう人の数は少ないはず。

それで世論が一安心してしまったら残されている多くの放浪犬、生きている家屋内のペット達は死ぬだけです。

宜しくお願いします。

57 ■さくら様

ありがとうございます。
福島の人達、動物達を、
悪い行政の犠牲にならないように助けてあげてください。
私も自分でできることで後方支援します。

56 ■冷酷

飼い猫に「また来るからね」と言った飼い主さんの真意は分かりませんが、それを報道する側の記者は、避難所に連れて行けなくても、保護の方法がある事は知っていたはず!

どこのテレビ局の記者かは忘れましたが、報道すると同時に、記者が飼い主さんに提案する方法もあったのでは!

記者が飼い主さんに提案していたら申し訳ない事を書いていますが、何もしていないとしたら、その報道姿勢は間違っているのではないだろうか。

弱い人達が直面している悲惨な状況を報道すると同時に、弱い人達を救う正義感も報道して欲しい。

55 ■raikaさんへ


大変ご心配かと思います。
とにかく、地元の役場の職員などに餌と水だけでも与えて欲しいと直接訴えてみてください。
飼い主さんの素の声が一番です。
それからraikaさんの区域の一時帰宅は何時になるのでしょうか
その際の保護についてこちらを参考に読んでみてください。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/

54 ■嬉しかったです

30にコメントした者です

何名かの方が同感ですと載せて下さって
凄く嬉しかったです

この場をお借りして
ありがとうございました!

同じ気持ちの方がいてくれると
心強いです!

53 ■山奥の住人様

ありがとうございます。そうですね。
ちょっと時間がないので弁護士さんと作った内容も文章も短縮できておらず申し訳ないのですが、そのような被災住民の方々の
行政に奥手な傾向や無口な方もおられる事も考えて、弁護士会にただ飼い主さんや現場の行政マンが直接電話してもらって代理で交渉してもらうことにして、保護団体さんからは飼い主さんへ事前に「ペットを助けましょう、里親を探しましょう。」とその意味の説明と呼びかけを現在していただいてる状況です。このような飼い主さまへのバックアップ状態で十分ではないかもしれませんが、なんとか命がつながるように皆さんで力になれればと思います。飼い主さんとペットたちを犠牲にしたくありません。

県は原発爆発直後のSPEEDIの放射能放出量のデーターがあまりに高かったため、そのデーター用紙100枚を国に提出してもらったのに、住民に公開しませんでした。5月になってそれが発覚、その時に正しい情報公開をしていれば、住民の方の被曝は押さえられたのに。
その時点迄は住民の命より、東電側に県はついていました。そんな事も警戒区域の住民の方に真実はふせられています。

行政は「混乱をおこして誰が責任をとるのだ。私はとれるわけがない。」という個人スタンスで誤った考えにいくこともあり、また組織的に隠蔽することもあり、水俣病、薬害エイズ、肝炎、他にも弱い住民がまわりのサポートがなければ行政に寄って泣き寝入りしかねない状況で、実際に多くを予算の都合で国は見捨てています。自治体にいたときはその人命軽視の行政のひそひそ話にとても憤りを覚えました。

52 ■続きです

私が住んでる山奥のお年寄りがなぜ犬や猫を飼っているかの話をします。そしたら、皆さんも少しでも福島の人達の行動を理解できるかもしれません。

自分で飼いたくてというのではなく、知らない都会の人が車で来て捨てていったのがお腹がすいて人家に来たから、都会の人が住宅事情で飼えなくなり泣きつかれたから、とかいう理由が多いです。田舎は土地が広いから、置いていかれてもまぁ受け入れられますから。

だから中には餌をあげて生かすだけ程度の世話で、登録してるんだろうか、予防接種もしてるんだかどうだかという感じの人もいます。

田舎では犬も猫も家のお手伝いをしてくれます。蛇とか鼠などの小動物を取ってくれたり、庭や畑に熊や猪などの野生動物が出てくると一生懸命吠えて追い払ってくれます。ペットという感じではなく、家を守る働き手なんです。

そんな人達が、今の福島の人達の状況になったら、やはり法律が云々だの言って自己主張したり怒ったり、わめいたりして行政を動かすなんてするとは想像できません。やはり、今の福島の人達の何人かのお年寄りのように、一時帰宅したら餌を何日か分だけあげて、じゃまたで去ってしまうかもしれません。飼い主が救済のために動かない可能性も高いと思います。

だから、動物達の命を救うためには皆さんの助けがとっても必要だと思うんです。皆さんのような教養高い都会人が色々と考えて保護して救済してあげて欲しいです。

51 ■続きです

どこの団体さんも本当に一生懸命活動してくださっていて どこに寄付すればよいかいつも凄く迷います。できる事なら全てに送りたいと思うのですがバイト生活の私には現実には厳しいです。被災ペットに関しては団体さんが困らないように環境省の方から配慮していただきたいです(>_<)

50 ■無題

災害時緊急動物援助本部に集まった義援金は被災動物を保護しているNPOなどの団体に寄付する事はできないんでしょうか…どこの団体さんもいっぱいいっぱい保護してくださっていて 金銭的にもかなりの負担になっているのではないでしょうか…何だか申し訳なくて 何とかならないものかと思います。食費以外にも、ワンニャン達の医療費、交通費、 凄い額なんじゃないでしょうか…注射代、フィラリア、フロントライン代など一匹でも お金かかるのに…多少は国が援助してくれてるのでしょうか?本来なら国が全部負担するべきだと思います。

49 ■補助が必要なのでは?

自分は現在山奥のド田舎に住んでいるので、福島の人達の行動が少し理解できます。私も最初、田舎の人は野蛮人なのかと疑ったことがありました。

しかし、彼らは自然と共存していて動物も自然体で受け入れているのです。しかし、人間社会で卓越した能力を開発してきた人達ではないんですよ。自己主張もせず、地味にお人良しで受身で生きてる人々なのです。

たぶん、大多数の人が教育が不十分で田舎にしか住んだことがないので、動物愛護についても考えたことがない人が多いのではないでしょうか? 動物なんかにお金を遣ってとか、動物なんかのことを考えてとか、言う人も多いことでしょう。

ここの掲示版に意見を書く都会人とは全く次元の違う世界の人達なんですよ。 彼らにいくら情報を与えても知的な行動は無理だと思います。彼らは自己主張もしないでしょうし、その術も知らないでしょう。

皆さんの親切な理解と補助が必要だし、補助がなければ動物達の命は救えないと思います。

48 ■一時帰宅時の飼い主連れ出しはできます。

元行政職員です。藤野様この場をお借りしてよろしいでしょうか?
札幌弁護士会の3人の弁護士さんの見解です。一時帰宅時の飼い主さんのペット連れ出し問答例作りました。
飼い主さんは一時帰宅でペット連れ出しできます。行政のお墨付きをもらう必要はそもそも現行法上は無いです。

行政側は混乱を招きたくないだけなので根拠を示していないため、日本の法律上、正当な根拠を示せない禁止には拘束力がありません。

日記に掲載しました。皆様に広く転載のご協力お願いします。

http://yaplog.jp/soraominagara/




47 ■一時帰宅時の飼い主連れ出しはできます。

元行政職員です。藤野様この場をお借りしてよろしいでしょうか?
札幌弁護士会の3人の弁護士さんの見解です。一時帰宅時の飼い主さんのペット連れ出し問答例作りました。
飼い主さんは一時帰宅でペット連れ出しできます。行政のお墨付きをもらう必要はそもそも現行法上は無いです。

行政側は混乱を招きたくないだけなので根拠を示していないため、日本の法律上、正当な根拠を示せない禁止には拘束力がありません。

私の日記に掲載しました。広く転載のご協力お願いします。

http://yaplog.jp/soraominagara/




46 ■災害時動物救援本部

一時帰宅が始まり、尊い命が助けだされる中、飼い主さんが知らないことで再度置き去りになった命もあります。長い放浪生活のなかで人間が怖くなってしまった子、臆病な猫・・・心配は尽きません。
「犬猫救済の輪」さんのHPを見てください。災害時動物救援本部・・・
本部の怠慢について同じ動物達を愛するものとして辛い発言をされています。
マンパワーがあっても使われない、義捐金があっても有意義に使われていない。
おまけに昨日の一時帰宅の方に「ペット救出」の連絡もしていない・・・
義捐金の件で連絡された方に「じゃあお返しします」の逆ギレ・・・
動物を助けたい!それだけじゃなかったんですか。ただただ助けたいんです。

45 ■宮城県動物愛護センターに電話してみました

私もワンちゃんがかわいそうかなと思って昨日電話して確認しました。

担当の獣医さんが電話で説明して下さいました。バリケンの掃除時に外へ出して繋いでいるとのことで、雨でなければタイヤにそれぞれ離して繋いでいるそうです。長時間雨に打たせることはなく、獣医がなるべく不快にならないよう管理しているということでした。

今は暑さ対策のことを考えていて(犬は寒さより暑さに弱いため)、支援物資のテントの他扇風機が付いた動物舎の活用で何とかしのぎたいとのことでした。

福島の惨事ですっかり行政不信なので宮城でもかと思い電話をしたと話したところ、その先生も心配していて可能なら支援したいくらいだとおっしゃっていました。そして可哀相と思わせてしまったことをお詫びされていました。

自分の目で見ていないので保証は出来ませんが、説明を信じたいと思いました。

福島の件は何人かの方々がご指摘されているように、日頃どれだけ動物に愛情をかけ責任を持って飼われていたかが動物の苦痛や生死の分かれ目になった事例もあると思います。

日本がペットを飼う資格(覚悟でもいいです)の無い人がペットを飼育することを禁じている環境だったら、例えば飼い主が亡くなっていたりどうしても飼えない状況になった飼い主に対して、行政や動物にお金をかけたくない人達も助けやすかったのかなとも思ってしまいました。

こんな飼い方してという人がいても近所トラブルを避けるためなかなか注意できません。
メディアでも私なら眉を顰めるような飼い方をしている人を「愛犬家」などといって紹介していますし。

動物の飼い方をドイツみたいに法律でしっかり決めて、本当に何が何でも絶対この子を守るという人だけがペットを飼えるようにすることが動物を守り殺処分を減らす一番の近道だと思います。

そうすれば動物飼育者はずいぶん減るでしょうし、もしもの時も共済でも作り助け合うことも可能になりそうです。

弱い命を守るにはモラルではダメで、様々な抵抗勢力が目に浮かびますが、強制力のある法律が是非とも必要です。

最後になってしまいましたが、藤野先生のブログからいろいろな情報を得ることが出来ました。
ありがとうございました。
そして今後ともよろしくお願い致します。

44 ■諦めないで欲しい

読売テレビに電話して、お孫さんがアレルギーなので避難所に連れて行けないから、猫にまたねーと言って置いて行った飼い主さんに、県で一時預かりをしてくれることを教えてあげてくださいとお願いしました。

また、次回の一時帰宅の際には、避難生活で飼えない犬や猫には、一時預かりや譲渡などの方法があるので、とにかく置いて来ることがないよう伝えて頂くこともお願いしました。

チャーハンさんが言われるような落とし穴が
ないよう全て保護して欲しいです。
犬や猫は、けなげに待っているのですから。

43 ■黒のやせた子も助けて

今朝の産経新聞社会面に昨日一時帰宅で猫と犬の保護された方の家に見知らぬ黒の犬がいて人慣れしているそうですが此の子は今日救出してもらえたのでしょうか。

42 ■無題

めめさんのご意見に同感です、被災者の方たち、なんでこんなにあきらめがいいのでしょうか?命ある家族をもっと必死に助け出そうと怒ったり訴えたりしないんでしょうか?それどころじゃないと言われれば返す言葉もありませんが、聞き分け良すぎる東北の方たちの様子に歯がゆい思いです。保護する方法はある、次なんてもうないんです、もっと情報の周知を!

41 ■被災者に情報を

私も猫にまたねーと言った方を見て、ありえないと思いました。

室内に残されて、飼い主が、保護を希望しない、もしくは、飼い主がいない、等の場合は、今回の救済の落とし穴ではないのでしょうか?

あの飼い主さんは、連れて帰っても、飼えないと思って、あきらめてるのか?

すべて救う。飼い主が飼えなくても大丈夫ということを、強く、市町村役場、避難所に張り紙、町中にも張り紙が一番いいと思う。

被災者のほとんどはパソコン見ていないでしょうし、年配の方は、国や、役場が言うなら、しかたがないと思う人も多いと思う。

状況は変わる。正しい情報を確実に伝えてほしいです。

40 ■マンパワー

マンパワーの不足ということも指摘されていますが、 災害時緊急動物救援本部のホームページによると
動物ボランティア登録者人数
(平成23年4月25日現在) 3,691名
一時預かり頭数
(平成23年4月25日現在) 犬101頭 猫24匹

となっています。マンパワーは有り余っているのではないでしょうか。各避難先を訪ねて回り、丁寧にペット可の避難場所紹介とか、ペットを預かってくれる団体紹介とか、チラシを配るとか放送して歩くとか、いくらでもできそうに思います
3691人のボランティアはただ登録してもらっただけでしょうか。

藤野先生には何度も丁寧に問題点を一つ一つ詰めていただき、本当にありがとうございます。

39 ■生き物を飼うことについて

動物を飼っている方は、最期まで守り抜くと言う心構えが必要です。当たり前の事だと思いますが、それが全国でいろいろな理由もあると思いますが、殺処分を解かっていながら、保険所に持ち込む方が後を絶ちません。年間に30万頭以上の犬や猫達が殺されます。それも安楽死ではなく、苦しんで死んでいきます。自分が直接手を下さなければいいのでしょうか?それまで人間を信じ、家族の様に暮らしていたのに、突然裏切られ殺されます。その悲しみは壮絶です。飼えなくなった場合は、譲渡や里親システムもあります。
愛護団体の存在も全国にあります。
今回の福島の被災者の方達も知らない方が多いような気がします。又自治体も説明をしないのかもしれません。知らなくてもいいから、何故まず市町村等に相談しないのでしょうか?忍耐強く自分で抱えてしまう方が多いのでしょうか?後で後悔します。

30番のねねさんの意見と私も同じで、猫おばさんの存在は普通だと思います。
私も、猫の多頭飼いですが、みんなを絶対必死で守るつもりです。

警戒区域の一時帰宅が実施され、帰ったら愛犬が死んでいた。と言う記事を読ん残念で悲しくなりました。何十日も餌や水がなく生きれるはずがありません。誰が考えても解かる事です。
もちろん一番悪いのは国が救済をしなかった事にあります。

自分自身が見極めて行動する事が大切になってきます。国や自治体に対し、納得が行かなければ抗議する位にあっていいと思います。

一人の意見は聞いて貰えないかもしれませんが、大勢の意見だとすれば、国も考えなくてはいけなくなって来ます。

「立ち上がれ日本」を言う前に 「騙されないぞ 日本」です。

住民の皆さんが、諦めたら終わりです。

そして今後は、国や地方自治体は、早急に確かな情報を広報し住民・国民を安心させ、大至急救済をする義務があります。
国民が納得が出来る政治をして頂きたいです。

藤野さん。いつも私達のコメントを読んで下さり
必要であれば事実の究明もして頂き、感謝しています。これからも国民の相談窓口となって下さい。よろしくお願い致します。

お忙しいでしょうが、お体大切にされて下さい。 

38 ■よこはまぷりん

先生、昨日から一時帰宅が始まりましたね。
明日からも続くようですが・・・
一時帰宅で、受け止める現実は
被災されたご家族ははかりきれないものだと思います。

そして動物たちの命を救ってほしい救いたいと願う私たちの心も、どこかで折れてしまいそうです。

▼一時帰宅、40日間主人を待ち続けた愛犬が…
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110510-OYT1T01063.htm?from=tw

そして・・・
▼宮城県動物愛護センター
http://www.youtube.com/watch?v=FXC6UEhtroc&feature=share

保護されている被災犬たちは 雨ざらしのまま外に繋がれています。夏もこのまま???

でも。。。
こんな涙の記事もありました。
▼守った犬
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-10887678021.html

こうして生きていてくれたこの姿にはホッとさせてもらえます。被災された方も同じではないでしょうか。

冷たく硬くなってしまった、動物たちを
これ以上見たくありません。

もう待てないのです・・・。


37 ■せっかくの一時帰宅、また置き去り。周知されてない!

皆さん、コメントにありますが、餌だけ与えて泣く泣く置いてくる方が多いです。
なんのための一時帰宅なのか?
これから一時帰宅の住民にはもちろん、昨日置き去りにした住民にも至急保護する旨を徹底して周知するべき。とにかく行動しないと始まりません。やはり環境省は中途半端 、人員不足が否めません。同じ人間です、民間団体と協力すべき。

36 ■川内町の方…

又明日一時帰宅が川内町住民の方はあるみたいですね。
昨日ペットに餌だけあげて戻られた方々、明日までに町役場に家の中に置いてきたことを伝えてください。
家の中では届けがないととても助けられません。
「またね」じゃ次はもう会えないかもしれないんですよ!助けられるのは飼い主さんです。
お願いします…
皆助けてくれることを知らない方が多いのでは?
せっかく動いてくれているのにそれを知らないなんて悲しいです…
「またね」は無いんですよ。命は待てませんよ。

35 ■他の街

これから2ヶ月かけて、一時帰宅を実施。2ヶ月待たされる街の子達の対応がどうなるのか?
一時帰宅時に連れ出しでは、あまりにも

34 ■無題

わたしも、めめさんと同じ気持ちです。

自分自身が被災したわけじゃないので、「当事者にしかわからない」、「それどころじゃない」と言われたら言い返せないですけど、、、

でも、必死で自分の家族である動物を守る人もいれば、諦めてしまう人もいて。この差はあまりに大きすぎます。

正直、こういった非常事態に陥っても、なにがなんでも絶対に守るって気持ちの人、命を軽視しない人でないと、ペットを飼う資格ないと思います。

行政は、命を数で数えます。全体を見て動くわけですから、それは仕方ない部分もあるかもしれない。
だから、自分の大切な、たったひとつのものを、絶対に自分で守るんだって覚悟しないといけないし、必死で抵抗しなきゃいけない。
そういう人が増えれば、国はその大多数の人のために動く、はずです。

33 ■警戒避難区域

一時帰宅のニュースを見ていたら涙が溢れてきた。

全ての原子力発電を停止して、安全なエネルギーに切り換えるまでに一体どの位の時間とお金が掛かるのだろう。しかし国民として覚悟を決める時だと自覚している。

こんな異常事態を見ていると、綺麗事では済まない。

原発事故は二度とごめんだ。

32 ■一時帰宅

今日少しの尊い命が救われたそうですね。よく頑張ったね、よく生きててくれてたね(涙)…
2時間の帰宅で放した牛が捜せなかった…と悲しんでる被災者の方がいました。孫がアレルギーで猫は連れて行けないと餌をあげた方、バスに乗り込む前に大きいフードを抱えていた方…
いつまでも全頭保護にならない苛立ち…
今日は雨です。亡くなった子達も冷たい雨にあたってるんですね。悲しいです…(涙)

31 ■無題

玉木議員のブログに今日の一時帰宅エリアのペット保護報告がありました♪
様々なメディアではペット保護は一時帰宅後とか翌日とか翌々日とか情報がバラバラですが現地で動いている玉木議員のブログを見て安心しました。

30 ■無題

今日テレのZ E R O を見ました。

2匹の猫ちゃんを飼われてた女性がご飯をあげ
またねーっと置いて行きました
ケージに入れたまま後で保護などの
話もありましたが(ケージのやり方は反対です)
それもやってない感じで連れ出し無しです

朝の番組では
(私は見れなかったので
確認出来てないので、すみません。)
ワンちゃんを連れ帰った方もいたみたいで
この差は何?
飼い主さんにちゃんと伝わってないです

ペット連れ出しO K と
放送した番組もあるみたいです

なぜ
こんなにバラバラ?

個人的に不思議で仕方ないのは
飼い主さんです

何故、必死で命をかけて
訴えないのか?
何故、抵抗して連れ出さないのか?
言い方は悪いけど、テレビのように
またね~なんて
呑気な事やってんのかな?
理解できません!

猫おばさんと言われてる
吉田美恵子さんのように
必死の方もいらっしゃいます
私はその方が普通だって思います。

私が飼い主の立場なら
自分は被爆してもいい!
とにかく今いる猫を命かけて連れ出します

最近一部飼い主さんの
行動力の無さに理解出来ないのは
私だけでしょうか?
批判ではないです。
ただまたね~と置いていった方
その猫ちゃんは誰がいつ
助けると思っているのでしょうか?

もう一時帰宅はないと思う。
ご飯も食べれない。
生きて会えるとでも
思っているのでしようか?

29 ■よろしくお願いします!

国に対して意見するしかできない私達に変わって、よろしくお願いしますm(__)m

28 ■無題

政府を動かすのはとても大変な事だと思いますが、なんとか動かしてください。お願いします。

情報の錯綜。聞いたの、聞いてないの。管轄だ、いや管轄じゃない。責任の擦り合い。それが日本の現状なら本当に悲しい事です。人間がそんな馬鹿な事をしている間に動物達は次々と死んでいっています。愚かな人間のために、これ以上動物たちを死なせないでください。

放浪している動物達、飼主さんが亡くなられたり、行方不明のため置き去りにされている動物達、連れ帰っても預かってくれる所がある事を知らず、連れて帰る事を諦めてしまっている飼主さんのペットたち、色々なケースがあります。そんな動物たちも分け隔てなく、連れて帰るようにしてくれるようにお願いします。

被災地では情報が正確に飼主さんまで伝わっていないという話も聞きました。ちゃんと情報が伝わっていたら助けられたケースもたくさんあったと思います。パソコンなどが使える状態でなかったりするので、飼主さんの方から情報を収集するのは、現状では限界があるような気がします。全ての情報が全ての必要な方々に行き渡るようなシステム作りが出来れば、もう少し動物救助もスムーズになると思うのですが、情報を正確にいき渡されるのは、無理なのでしょうか。

長々、つたない文章を書き、失礼いたしました。

27 ■何故?

先程、一時帰宅のニュースで車の持ち帰りは、バッテリーが上がっている可能性がある為、後日 自動車業者と一緒に持ちかえる…

車を持ち出す為の自動車業者は入れてペットを保護・連れ出す為の愛護団体の立ち入りは許可しない?

いったいどうなっているのでしょうか?

26 ■無題

いつもワンコさん、ニャンコさんの為に
お力をお貸しくださってありがとうございます

先ほどのメッセージにも書かれていましたが

国側が「(住民らは)自己責任で立ち入る」との同意書への署名を求めると、一斉に反発の声が上がった。

との事でした・・

原発地域へ入る住民の映像見て
目を疑いました・・・

タイペック化学防護服で外部被曝は
完璧逃れられます。

しかし・・あのマスクは何ですか??!!

花粉?風邪用・・!?

あれ支給品ですか?!なんと無知な・・。

放射能地域に仮にも入る人が・・
あんなマスクでは・・内部被曝します

口の隙間に1ミリも隙間の無い
国家認定のDS2,DS3のマークついていてこそ
初めて、放射能95%カットです

まるで、薬局ででも買ってきたような
隙間だらけのウイルス用マスク・・

放射能はウイルスではないので
あんなマスクでは放射能、口にはいります

だから・・
あんな自己責任で・・なんて署名かかせる
意味がよく理解できます。

放射能対応マスクもさせず、放射能
区域へ入れさせる政府!!
人間に対してさえ・・こんなずさん!!

動物になんか手を差し伸べるワケない!!

25 ■頑張って欲しいですね。

環境省や県が動いてくれた事は…ありがたいですが、今や別の不安が次から次へと出てきてしまいます。
テレビでも一時帰宅の映像を見ましたが、近所の猫?にご飯あげてる女性いましたが、この子は保護されて無い?自分のペットで無いから?知らないから?不安です。
また、ある男性宅には羊を飼っていました。生きてましたよ。仔羊もいました。ペットは猫や犬だけの保護ですよね?彼らはどうなるのか?牛が5頭死んでしまったが、まだ5頭生きていると言う女性もいました。。
飼い主さんはある意味…諦めているのですかね。。飼い主がよしとすれば保護対象にならないのか?何だかやりきれないです。
環境省を疑っているワケでないですが、マンパワーが不足している様ですし、家畜も経営規模によって手を差しのばされているのか?ウチみたいな小さな所は…と声を上げてない方もいるのではないか??

何だか調査に入られた割にはきちんとした対策がなされた感じを受けないです。
もちろん一々国民に全てを公表しない所もあるでしょうが。。

あれだけ頑張って何とかしようとされている新庄動物病院の今本獣医師も少し環境省のやり方に困惑されてます。

マンパワー不足の問題であればもはや愛護団体を個人レベルでも役人の方、獣医師の方に付けて幾つかのチーム体制で放浪されている犬や猫の保護。自宅から飼い主さん引き連れの保護は環境省。環境省はいちいち一軒づつ確認して欲しいです。
それはある意味残された動物の状態やら確認調査になるんではないでしょうか?
日にちを変えて再度調査なんてもうとっくに時間ない話のはずです。


すみません…藤野さんにこんな話してしまわず、環境省に言う話でしょうが。。

もどかしくて…。。

24 ■21のかたへ10です

有難うございました。行動に移せない自分恥ずかしいです。必死」な思いだけでは助けにはなりませんね。

23 ■遅かったけど・・・

行政がついに実行したというのは、前進ですね。
藤野先生をはじめ、民意を伝えるために奔走してくださった方にあらためてお礼を申し上げます。

本日の報道をチェックしていて2点ほど気になることがありました。

(1) 本人が飼育できない場合、行政や愛護団体のシェルターが利用できるとう情報が行き渡っているか。
→ TBSのNスタで、アレルギーの人がいるのでペットを連れて帰らず餌をやるだけという女性が紹介されていました。シェルターの存在を知らなくてこのような選択をされたのかと気になりました。
警戒区域に残されるよりシェルターのほうが動物達にとって環境が良いはずです。情報がきちんと伝わるよう願っています。

(2) これから一時帰宅をする地域は、それまでの間につなぎの給餌をしてほしい。
→朝日新聞に大熊町が独自で給餌をする旨が書かれていました。http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110510-773650.html
大熊町にならって、他の自治体も行って欲しいです。必要な物資は、緊急災害時動物救援本部に要請できると思います。

22 ■川内村の一時帰宅で12頭のワンニャン保護

今日の川内村では
ワンニャン合わせて12頭保護したと
先ほど、「スーパーニュース」報告していました。
県と環境省が主体で保護したようですね。
緊急災害時動物救援本部は 環境省から指示
されないと何もしないようです!
しかし
納得できない構図ですね~
緊急災害時動物救援本部の中に属している
福祉協会の役員は 義援金の個人使用で
退任していますしね。
善意が、正しく 広く使用され
小さな命の緊急時に、率先して
国民が納得できる救助をしなくては 意味がありません。

21 ■一時帰宅する人に伝えたい

藤野先生、ご確認ありがとうございました。
毎日新聞のニュースに出ていた、一時帰宅の管波勇巳さんが、猫を連れて帰れないので餌一杯買っておいてくると話していた件で、毎日新聞社(東京)に電話しました。「すぐ役所に連れ帰りの依頼をしてください。預かり先はならあります」と連絡していただきたいとお願いし、愛護団体の連絡先も伝えました。とても親切な方で、取材をした福島支社に伝えてくださるそうですが、今からでも間に合うのか、カゴに入れてないとダメなのか心配です。心配な方は、福島支社に再度のお願いをしていただきたいと思います。関心が高いことが分かってもらえたら、続報が流れるかもしれません。無事救出のニュースなら、愛護団体という預かり先があることを皆さんに知ってもらえます。

20 ■無題

藤野先生

いつも環境省などにお願いやご確認を
してくださり本当に感謝しております。

一時帰宅では、犬等をバスに乗せる
だけのスペースがないそうです。
ですので、ペットは庭に繋ぎ、
後ほど県が保護するとのこと。

一時帰宅では70cm×70cmの袋が
手渡され、それに入るだけとあります。
猫や小型犬であればキャリーに入れられます。
キャリーであれば70cmの袋に入るのではないでしょうか。
バスの中でもキャリーを膝に乗せれば、場所をとらず他の方にも迷惑はかかりません。

多くのペットの保護には時間がかかります。
飼主さんがキャリーで猫、小型犬を連れ出せれば、
県は中大型犬だけに集中でき、
より早くペットを保護できます。

一時帰宅で、キャリーでペットを連れ出せるよう
環境省へお願いしていただけませんでしょうか。

お家で飼主さんを待ち続け、頑張っているペットたちのため
にもどうぞよろしくお願い致します。

19 ■無題

さっき宮根さんが一時帰宅住民が帰ってきたニュース見て「わんちゎん 連れて帰ってきた方もいましたね~」って言ってました!嬉しかった!他の家も急いでーっっ

18 ■動物が不幸なままでは復興頑張れません

今朝緊急災害時動物救援本部に電話しました。

原発20キロ圏内の動物も飼い主のいない動物も保護しているというので、具体的に何をしているのか尋ねると「そこは立ち入り禁止で入れません」。

一番必要としてるところを助けないなんて義援金を送ったが、詐欺にあったみたいだというと「じゃあお金お返しします」。

国による動物虐待に国(環境省)の委嘱を受けてその指示でしか活動できない緊急災害時動物救援本部では苦痛の中で死んでいく動物が増えるわけです。

飼い主が一緒に連れ出せない理由は何なのでしょうか?

70㎝の袋って???どうして避難民は囚人のような扱いを受けているのでしょうか?

ナチスはユダヤ人をだまして収容所に送り込んだと聞いたことがあります。ガス室に送り込むときもシャワーを浴びると言ったらしいです。

すぐにどうこうなるわけでもないのに、いきなり着の身着のままで住民を退去させたこと、命ある動物を動物愛護法に違反して置き去りにさせたこと、今の政権とダブルのは気のせいでしょうか?

コメント投稿

AD

http://www.tokyotaste.net/
Ameba政治家ブログ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。