お住まいの地域は

台風は大丈夫でしょうか?



 

以前、


東洋医学で体質改善し、質のいい睡眠がとれる睡眠ケアzoom講座のモニターをうけていただいた

Mさんからのご感想をいただいてました



その解説をしますね。


※過去記事の再掲載です

 

 

薬剤師・鍼灸師の小池まきかです

 

 

 

 

image

(お顔は隠しております)

 

 

◆どんなことを知りたくて受けましたか?
どうやったら良い睡眠がとれるのか


◆良かったところ、役に立ちそうなところはどこですか?
私は気が足りないので、呼吸法をやってみようと思いました!
あと汗をかくほうが良いと思っていたのが、汗をかくと気が減るといわれたので気をつけようと思います!


経口補水液の飲み方も生理中に飲むようにします。
あと食べるときは自分が食べたいもの満足できるような食事をしたいです!
しんどいときは無理せず休むことと、感情を独り言のように吐き出します!



◆もっと知りたいと思ったことはありますか?
自己受容の話も聞いてみたかったです。


◆講座でお話した中で一番印象に残ったことはなんですか?
一番印象に残ったところは、私は昔から落ち込みやすく悩んでばかりで、自分を責めてしまい自己肯定感が低かったことをどうしてこんな性格なんだろうと思い悩んでいました。

しかし今回のまきかさんのお話を聞いて、気や血が足りていないことによってそうなるんだということを教えてもらい、性格のせいではないとわかって、なんだかホッとしました。


◆この講座を受けようと考えている方へおすすめポイントを教えてください
いろんな情報を取り入れすぎてよくわからなくなってる人が受けたら、なるほどって!思えるようなヒントをもらえる講座だと思います!

 

 

 

Mさんは、

 

気も血も足りなくなっており

 

眠れないだけではなく

 

夜になると不安になって

 

ネットサーフィンを

 

してしまったりという状況でした。

 

 

夜遅くまで

ネットサーフィンをしていると

 

血を消耗して

しまいます

 

(ネットサーフィンをしていると血が足りなくなるので、より不眠になっていきます)

 

 

ご感想にあるように、

 

落ち込みやすかったり

自分を責めやすかったりするのは

性格によるものもありますが

 

体の気や血が

足りなくなっている

ことが影響している

ことも多いです

 

 

 

 

ご感想の中で

 

「自分の性格のせいではないことが分かり

ホッとしました」

 

と言っていただいてるように

 

 

このホッとする感覚

安心する感覚を

感じてもらうことは

とっても大事です!

 

 

なぜかというと

 

 

必要以上に

ご自分のことを

責めなくなるから。

 

 

自分を責めると、

 

心を安定させるホルモンの

 

セロトニンが減ります。

 

 

 

セロトニンが減ると

 

睡眠リズムを整えている

 

メラトニンという

 

ホルモンも減ってしまいます。

 

 

 

すると、

 

睡眠の質が

悪くなってしまう

 

 

 

眠れない体質を

改善するときには

 

自分を責めない

 

ということも

とても大事なのです。

 

 

講座では、この部分も

詳しくお話します。

 

 

現在、この睡眠ケアの

お申込み受付中です

 

お申込みはこちら

 

 

 

 

あなたのカラダの気・血をチェック

【無料診断】生理痛は病気のサイン ~気血診断と体質改善アドバイス~

 

 

 

将来、結婚して子供もほしいと願う女性へ

image

 

 

ピンク薔薇関連記事

葛根湯は寝る前に飲むと眠れなくなる
血虚になるとなかなか寝付けなくなる
夜遅くまで起きていると血が足りなくなり眠れない体質になる
不安からネットサーフィンをすると血を消耗するため不安が増長する
不安で眠れない日が続くと頭部瘀血になる
 
 

facebookFacebook 
Instagramインスタグラム
ブログを書けない時に更新してます。フォロー歓迎ですハート

 

記事のシェア・リブログはご自由にしてくださいね

その際、出典元として当ブログのリンクをお願いします