体のケアをすることが

体質改善では大事ですが

 

 

これからご紹介する

心のケアをすることで

 

気・血をつくる五臓を

弱らせないようにすることができます。

 

 

 

薬剤師・鍼灸師の小池まきかです

 

東洋医学と心、感情の関係

 

感情・心と体の

東洋医学的な関係のお話をしました。

 

右矢印甘いもの、食べ過ぎがやめられないある理由

右矢印感情をのみこんでいると気血をつくる力が弱っていく



その続きです

 

抑え込まれて

溜め込まれた感情は

 

五臓を傷めてしまいます

 

 

<五臓>

 

 

「感情を溜め込むのはよくない」

 

というのは


なんとなく


分かってもらえたかなーと思います。

 

 

 

では、どうすればいいのか?


というと

 

 

 

感情を感じる

 


感情は感じたら

なくなっていくので

ちゃんと感じていくといいのです

 


この時期、

悲しくなりやすいです。

 

 

なにも理由がなくても

 

悲しいなーと感じた時は

悲しいよーーー

と、声に出していいのです

 

 

 

 五臓を弱らせないケア~感情を感じる~

 

感情を感じることで

 

心の中から

 

出すことができます。

 

 

 

イライラ、怒りを感じたときは

 

 

「こんなことでイライラしちゃダメだ!」と

 

イライラを感じないように

するのではなく

 

「イライラするーー」


「なんかムカつくーー」

 



自分ひとりで

静かに感じる

 


 

 

相手にぶつける

のではありません!

 

 

 

自分ひとりで

体をつかって感じる

味わって

言葉として出すのです。

 

 

そうすると、


心の中からも出ていってくれます。

 

 

 

五臓には、それぞれ

深く関係する感情があります。


 

肝:怒り

心:喜び

脾:思い悩む

肺:悲しみ、憂い

腎:恐れ、驚き

 

 

 

なんとなく

 

ポジティブな感情はOKで

ネガティブな感情はダメ

 

と思ってしまいがちですが

 

感情に

良い・悪いはない

 

 

なので。

 

どんな感情も感じて

心の中から出してあげてくださいねピンク音符

 

 

 

気・血が足りなくなっているかは

こちらからもチェックできますよピンク音符

 

1分でできる無料診断

【無料診断】生理痛は病気のサイン ~気血診断と体質改善アドバイス~

 

 

ピンク薔薇個人セッションのお申込み受付中

詳細・ご予約はこちらから

 

 

【テキスト販売中】生理でも痛み止めを飲まなくていい体になれる
「生理痛はひどいけどなるべく痛み止めは飲みたくない!」

そんなあなたへ

薬を飲まなくて良くなる薬の飲み方と
生理痛がなくなるカラダ作りができるテキストです

image
右矢印詳細・お申込はこちら

 

 

妊娠しやすい体になりたい女性へ

image

 

ピンク薔薇人気記事

ネガティブ思考を変える方法
受精率、妊娠率を向上させるホルモン
焦り・不安・ネガティブ思考になるとき
 
 

facebookFacebook 
Instagramインスタグラム
ブログを書けない時に更新してます。フォロー歓迎ですハート

 

記事のシェア・リブログはご自由にしてくださいね

その際、出典元として当ブログのリンクをお願いします

 


東洋医学ランキング