『挽肉と米』というお店がこの世に誕生してから、

行きたいのに行けず、

ムズムズしていたら、、、



なんとJAL機内のプログラムで突然そちらの映像が現れたんです😆



去年6月に吉祥寺にオープンして以来、

常に満席で(今は渋谷店も)、



開店前から長蛇の列ができてます…。



整理券を配布されるのですが、



なんと朝8時から待つ人も…。



ハンバーグとご飯がメインですが、



ハンバーグは国産牛100%の前足部分が使用され、



毎朝、その日に使う分だけ挽肉にされ、



見事なハンバーグが誕生します。



(この動画は罪でした…😂)



リアルじゃなく映像で見てて飽きません…。



一つ目のハンバーグはご飯にのせて頂くようですが、



この動画はもうダメです…😂



牛肉も挽きたて、

ハンバーグも焼きたて、

ご飯も炊きたて、

という三拍子揃った「たて」ですが、



羽釜で炊かれるご飯は、15分おきに炊き始めるとのこと。


よって、



常に炊きたてのご飯が提供できるそうです。



お米は日本の命ですから、

尚更大切にしたいですね。



ハンバーグは味変までできて、

とにかく食べたくてたまらなくなってましたが、

子供の頃のハンバーグ事件(長くなるので、またいつか…笑)まで思い出してました。



魅惑的すぎる映像が流れる中、

機内誌は、

我故郷島根県の特集があり、



さらに懐かしさ(子供の頃のハンバーグ事件の)と食欲と飲欲も湧いてました…。


そう言えば、



島根県は何年も美肌グランプリに輝くほどです。



水が美しいということも大きな要因でしょうが、



神様方もそんな美しい水(温泉含め)や美しい食材に癒されていたはずです。


なんかヘンテコりんな時代ですが、

神様や大自然・ご先祖様・自分・家族・人々・今と未来と過去に感謝して、

美味しい毎日を過ごしていきたいですね。


みたいなことを心底思いながら、



『挽肉と米』さんとの縁もそろそろ結ばれる予感がしてます🍙

Nothing is impossible.
Impossible is nothing.

Because,

I'm possible.