ぽぽぽ映画祭&味噌玉作りワークショップ受付開始します。 | こころをゆるめる発酵教室〜ユルリト〜

こころをゆるめる発酵教室〜ユルリト〜

茨城県下妻市の自宅で発酵をテーマに
小さな料理教室を開催しています。


テーマ:
2月24日(土曜日)

千葉県野田市にあるぽぽぽべーぐるさんにて

映画「いただきます」の上映会があります。

映画チケット一枚につき

おむすびと味噌玉で作るお味噌汁がつくそうです。

 

 


 


 

当日は映画を見終わった後に

味噌玉作りのワークショップを行います。

 

ワークショップでは様々な具材をご用意しているので

思い思いにお好きな味噌玉を作っていただきます。

 


 

{F6263522-0345-4078-B8BD-B7581C47301F}



≪例として≫

・あおさ

・とろろ昆布

・ごま

・桜エビ

・切り干し大根

・干しシイタケ

・ワカメ

・干し野菜(にんじんなど)

・麩

 

などなど。

 

 


{720BE954-E782-4D1F-9863-970C43FAB33E}


安心安全な素材で作ります。

 


{4CFFE757-1945-4573-A280-9A542BDF44C0}


 

 

お持ち帰りは6個。

このようなパックに入れてお持ち帰りいただきます。

 

{1A364F70-C5A5-432F-B9FC-B98401A6E74D}

 

 


味噌玉、最近は「みそまる」とも呼ばれていますが

実は歴史は古く、

戦国時代には兵糧(陣中食)として重宝されており

兵士の貴重な栄養源になっていたそう。

味噌玉を腰に巻いて常備していたそうです。

 

武田信玄や伊達政宗は軍用味噌を自給しようと考え、

城内の一角に「御塩噌蔵」と称する

大規模な味噌工場を建てたそうです。

 

味噌は保存性が高く、

なおかつ栄養が豊富であるということですね。

 

 

忙しい現代でも

味噌玉があると、お湯を注ぐだけで

美味しいお味噌汁が完成してしまうのですから

とても便利ですね。

 

しかもインスタントではなく

天然のものなので身体にもやさしい。

 

この機会にぜひ味噌玉作りを一緒に楽しみましょう♪

 


【時間】  14:30~

【参加費】  ¥1,000

*味噌玉6個お持ち帰り

 

【人数】 先着20名

※予約優先になります。

※当日は空きがあればご案内できます。

※当日はお席が限られていますので、

 お時間も当日先着順になっておりますので

 ご了承下さい。

 

 

お申込みはこちらからお願いします↓


 

 




 

 

 

makiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス