港区女子になる方法6 | 負け犬以上、勝ち犬未満。リターンズ 

負け犬以上、勝ち犬未満。リターンズ 

5年以上のブランクを経て帰ってきました。26歳で始めたブログですが、もはやアラフォー。   タイトルに時代を感じますが、敢えてこのままで。結婚も離婚も経験してますます怖いもの無し。


テーマ:

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

その4はこちら

その5はこちら

 

初の一人暮らし、

完璧プランを作ったものの

このままだと、恐らく赤字続き。

 

ど〜する、私?

 

で、もともと大学を出て

最初に就職した時から

5年後には独立するつもりで
職種と会社を選んでいたので、
このタイミングで自分で始めることに。

 

でも、ゼロからスタートなので

いきなりお金が入ってくる目処など

どこにもない。

 

じゃあどうするの? 

 

って、、、

 

しょうがないじゃん!

その時はその時だ。

 

と、開き直ることにした。

 

個々の預貯金の状況にもよるけどさ、

自分の自己紹介でも書いたけど

 

たかだか数万の違いだったら

我慢して望まない場所に住むよりも

自分が居たい場所、

在りたい自分でいられる場所を選んで

その分どう稼ぐかを考える方が絶対楽しい。

 

と、周りの子たちにも

昔から勧めまくっている。

 

仮にですよ、最悪月に10万ずつ

赤字になったとしよう。

(普通に慎ましく暮らす&

なんらかの手段で収入増やせば

それは無いだろうけど)

 

年間マイナス120万

 

ですよ。

 

その額をどう捉えるのか、

次第だと思う。

 

貯金の中から、

その額が仮になくなったとして

1年の間で自分が得られるものは

なんだろうか?

 

それを考えてみたとき、

アリだなって思えるなら、Goだロケット

 

お金って、使わず置いてても

お金でしかないじゃん。

単なる数字だったり紙切れだったり。

それをただ増やして眺めて喜んでも

なんの意味も無いって思うんだよね。

 

ずっと住みたいなって

思ってた場所に住めて

一人で生活するって経験もできて

バリバリ都心でどこいくのも楽で

いい感じのジムもライブラリーも、

自分の日常生活になって

そこを普通に使ってる人たちも

なんとなく素敵そうな気がして笑
多分、そういう人たちとの交流も生まれて

 

の方が、私はいいな。

1年やってみて黒字にできなかったら

 

まぁ、そこは

自分甘かったっす・・・
ってごめんなさいして

一回実家に帰るなり。

甘えられる環境がもしあるならば

すればいいと思う。

ダメならまた就職するなり、

その時にどうとでもできるじゃん。

 

ってかさ、

1年ガチンコで頑張ってみて 

生活費分も稼げるようにならないって

なかなか考えられない気がするし。

 

そうだとしたら、力を入れる事柄なり

ベクトルなり、マーケティングなり

多分何かしらがおかしいって事だよね。

 

私は基本的に、

超楽観的&なんでもどうにかなると

思ってる方なので

あんまり深く考えるよりも
思い立ったらまずは動いてみて

動きながら調整していけばいいと思っている。

 

やってみなきゃ始まらないし、

やってみなきゃ、分からない。

 

そこから得られる経験に

価値があるって思えるなら

やってみればいいよね。

生き金も、死に金も自分次第。

 

あ、ちなみにマイナス120万に

耐えられる貯金が有りませんえーん

 

って人は・・・

せめてそれくらいは貯めてから

動いた方が精神衛生上いいかもね。

お金無いと、やっぱり心荒むというか

何かと辛いだろうから・・・
 

そして、ずっと一人暮らしならともかく

実家住まいで生きてきてるのに

貯金有りません、て人は・・・

謎でしかない。

なぜ貯まらない?
何にそんなに使うんだ?

そこから見直した方が良さそうだよね。

 

私、学生時代から

休みといえば海外行ってたし

普通に買い物もしたし

特に我慢をする事なく過ごしてたけど

それでもお金、貯まったよ??

 

家が10年位ヤバイ状況だったので

大学の学費も、もらえる奨学金と

借りられる奨学金を併用&

私も自分である程度払った気がするし。
(使ったお金については基本忘れるので

詳細はもはや分からないけど。)
 

脱線したけど、

見切り発車でGoってことで、

 

続く

 

人気ブログランキング↓↓も、

1日1クリックしてもらえると嬉しいですラブ

 

Meさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス