分かっているようでわかっていないことがとても多いということ~障がいを子どもにどう説明しますか? | 医療ケアを必要とする人のためのタッチケアとアロマケア めごめご のブログ

医療ケアを必要とする人のためのタッチケアとアロマケア めごめご のブログ

東京都大田区
医療ケアを必要とする子どものためのタッチケア
発達障害のためのタッチケア
緩和ケアアロマ

医療ケアを必要とする人のための
タッチケアとアロマケア
めごめご です

 

 

<障がいを子どもにどう説明しますか?&タッチケア>のコラボ講座

 

遠くは名古屋、茨城から来てくださいました!

 

障がい理解とタッチケアをコラボする意味が、参加してくださった方々にも伝わって、開催して本当によかったです!

 

私自身ゆうこさんのお話は何回聴いてもいつも違う発見と反省があります。分かっているつもりで分かっていないことがたくさんあります。

だから聞くたびに一回もとに戻って反省します。

 

image

 

image

 

image

 

今日は、ゆうこさんの講座の感想からご紹介します。

 


 

身近に障がいで不自由な生活をしている方がいないので、頭では理解しているつもりでもわかっていなかったかもしれません。

 

“障がいがあってつらいこと・・・まわりから特別な目で見られて孤独になること”がとても印象強かったです。

 

「孤独」

これは障がいがあってもなくてもつらいものです。

街中であきらかに障がいのある方が困っていたら声をかける勇気を持ちたいと思います。

外見だけでは判断できない方も住みやすい環境がどんどん進む社会になったら良いなあと思います。

 


 

わらったりからかったりするこども、それを無視する大人も、ゆうこさんが傷ついているとおもっていないのではないか、ということを聞いて、「そこだよな」と思いました。

 

相手が傷つくと思ったら言えないはず。

 

それから、ちょっとした言葉で人を傷つけることもあるということ。こ

れからも心にとめて人を救う言葉が言える人になりたいと思いました。

 


 

「お互いに良い」ということ。

障がいのある方のお手伝いをすると「相手にとって良い!」と思いがちだが、それだけでは違うと思った。

 

「お互い様」ということ。

デイサービスでお手伝いをするとすごく「申し訳ない」と言われることがある。

 

も私は自分の親と自分の子の老後があるように」と考えてやっていることなので、正に「お互い様」なのだと思う。

 

当事者も心を開いて、というお話で、自分の娘の苦手な点やどう理解してほしいか等、周りにわかり易く説明できるようにしたい。

 

娘にも自分を説明でき、うまくヘルプしてもらえるようになってほしい。

 


 

何回聴いてもその都度反省している自分がいます。

 

「障がい」というテーマであっても、どのような人間関係にも大切なことと、職場の仲間や仕事で出逢う障害のある方のご家族のことなども重ねて話を聴かせていただきました。

 


 

「相互尊重」

相手に対する思いやりや理解ということがどんな時、場合においても大切だなと思いました。

 


 

障がいのことをどう説明するかということ以前に、自分がしっかり確信や自信をもっていないと相手に伝わらない、ということが自分の中にズッシリと響きました。

 

障害に限らず認知症やLGBT、どんな人も同じ人間だということを子ども達に感じてもらえたら、未来は明るいかなと感じました。

 


 

障がいをもつ人に対して子どもがひどいことを言った際の大人の対応が想像がつき、どういう声かけを子どもにしたり、相手に対してどういう言葉を発してほしいかという素朴な思いをお聞きできたのが良かったです。

 

「色々な人がいる」とわかっているようで、実はちゃんとわかっていない世界で、自分は生きてきていたと痛感しました。

 

小さい頃からいろいろな人に会うことの大切さ、知る機会をもつことの重要さを学びました。

 

障がいをプロフィールのひとつとして捉えるということを、とても新鮮な思いで聞きました。 

 

その相手の様々な面を知ろうとすることは、障がいの有無に関係なく、人と人とのコミュニケーションで大事なことだということも。

らためて納得できました。

 

出会い方、もあるのかなと思いましたが、今回映画上映のスタッフという形でゆうこさんとお会いしたことで、身構えたりせず接することができたのかなとも思いました。

 


 
次回は第2部タッチケアの感想を紹介します。
 

 
 

<緩和ケアアロマ講座>

実際に病院内緩和ケアセンターで行っているアロマケアを学ぶ

3月26日(火) 銀座 残席1

 

<高齢者・認知症のための

タッチケアとアロマハンドトリートメント講座>

日時:4月6日(土) 10:00~12:30

場所:東京都大田区 残席3

 


 
インストラクター2期生は10月の予定です。
6月から募集が始まります!
 

<発達凸凹アカデミー>  

 

 

第3回 沖縄 4月12日(金) 受付中

第4回 長野 5月19日(日) ※めごめご参加予定

第5回 札幌 6月13日(木)

第6回 神戸 7月4日(木) ※めごめご参加予定

第7回 青森 7月28日(日) ※めごめご参加予定

第8回 福岡 9月8日(日)

※お申込み受付は開催1か月前からになります。

 

<子どもの発達アドバイザーベーシック講座・タッチ&アロマケア>

次回のタッチ&アロマケアはGW初日の4月27日(土)

※新橋駅徒歩6分・銀座駅徒歩5分
 
「うちの近くでやってほしい!」というリクエストがありましたら
全国どこでも是非お知らせください(^^

 

凸凹アカデミーインストラクター講座

 


めごめごLINE@始めました

友だち追加

教室や講座の日程、新講座のお知らせなど最新の情報をお知らせします。
どなたが登録してくれたかはこちらからは分からないので、お気軽にどうぞ。
お問い合わせやお申込みもLINE@からOKです!

 


 
めごめごのHP

お申込・お問合わせはこちらから

 

<タッチケア教室>

医療的ケアを必要とする人・障がいを持つ人のためのタッチケア

健康な人にも安心して行えます。

4月21日(日) 10時半~15時半 残席1

東京都大田区

 

タッチケアモニターさん募集

 

 

<緩和ケアアロマ講座>

実際に病院内緩和ケアセンターで行っているアロマケアを学ぶ

3月26日(火) 銀座 残席1

 

<高齢者・認知症のための

タッチケアとアロマハンドトリートメント講座>

日時:4月6日(土) 10:00~12:30

場所:東京都大田区 残席3

 

<タッチケアを言葉で伝えるための講座>

タッチケアを人に説明したり言葉で伝えたりするために

どのような内容を、どのようなポイントで伝えたら効果的なのかを

知るための講座。

専門性が高く面白いです。わかりやすくお話しします。

タッチケアに興味のある方はどなたでも。

 

 

<医療的ケアが必要なお子さんのためのファミリータッチケア教室>

お子さんとご家族だけで行うタッチケア

 

<発達障害のためのタッチケア>

発達障害の特徴にあわせておこなうタッチケア

 

<コラボ講座

障がいをお子さんにどう説明しますか?&タッチケア>

障がい先生ゆうこさんの障がい理解の講座と

タッチケアのコラボ

3月23日(土) → 満席 

 


 

 

お申込み・ お問合わせはこちらから

 

友だち追加

instagram