いつもご訪問いただき

ありがとうございますクローバー

 

 

親と子の心をつなぐ

えほんライブプロデューサー

いのうえちはるですニコニコ

 

 

 

5月12日11時~イートンルームにて

C言語(プログラミング言語)体験会

開催しました。

 

 

小学5年生の女の子

高校生の男の子

30代の男性

40代の女性

 

本当に幅広い年齢層のみなさまに

ご参加いただき、

ありがとうございました。

 

 

 

パソコンの環境設定や

イートンルームの机のレイアウトなど

夫と二人で前日準備をして

 

体験会当日を迎えました。

 

 

 

専門学校では30人の生徒の前で

いつも授業をしている夫が

 

「場所が変わると緊張するな~」

 

と言いながら、

体験会がスタートしました。

 

 

 

年齢層はもちろん

パソコンを触ったことがない人から

 

昔、大学でC言語を習っていたという人までおられる中

 

本来は3時間かけて丁寧にする授業を

 

夏休みの授業では

こんなことができるようになりますよ」

 

というプログラミングを

ダイジェストで実践していただきました。

 

 

 

 

そんな中

 

パソコンを触ったことが無く

英語も習いたての小学生の女の子は

 

付き添いで来られたお母さんと二人三脚で

がんばってついてきてくれていました。

 

 

 

体験会の最後には

 

「じゃんけんゲーム」のプログラミング

していただきました。

 

 

 

体験会終了後の質問タイムでは

 

これから購入するなら

どんなノートパソコンが良いのか?

 

というご質問に

 

倹約家の夫ならではの

無駄の無いお得情報を伝えていました。

 

 

 

また、

 

「どうして、前のお仕事を辞めて

コンピューター専門学校の講師をしようと

思われたんですか?」

 

というご質問もありました。

 

 

 

それに対して夫は

こんな感じの答えをしていました。

 

 

 

「工学系の大学(院)を出て

就職をするとなった時に

わたしの中では2択だったんです。

 

教師になるか?

 

企業に就職して

大学で学んだ知識を生かして

もの創りをするか?

 

 

(大学時代もずっと塾の講師をしていたので)

その頃のわたしは

毎年同じカリキュラムの内容を教える

教師になるよりも

 

企業に就職をして

世の中に役立つ家電製品の研究開発をする方が

自分が成長できるって思ったんです。

 

 

でも、現実はそうは甘く無かったんです。

 

 

 

自分の作りたいものを作るなんていうことは

企業ではなかなかできなくて

 

ノルマノルマで

かなりのストレスが有りました。

 

 

 

それでも、頑張って20年勤めて来ましたが

体調をこわしたんです。

(その頃に発病した病気の治療を今もしています)

 

 

体力にも限界を感じていた頃に

単身赴任か?転職か?

という選択をする機会がやってきたので

 

もう一つの選択肢だった

教師をしようって思えたんです。」

 

 

 

「今のお仕事に変わってからはどうですか?」

 

というご質問にはこう答えていました。

 

 

 

本当に毎日楽しいです音譜

 

専門学校で教えていて

一番嬉しいなと思う瞬間は

 

 

最初、全然やる気の無かった生徒や

落ちこぼれていた生徒が

 

だんだんやる気になって来たり

だんだん分かるようになって来て

 

それをわたしに報告しに来てくれた時

 

本当に教師をやっていて良かったな~って思うんです

 

 

 

夫がそんな話をしているのを

企業で働いておられる30代の男性も聞いておられて

深く深くうなずいておられました。

 

 

 

夫が企業で勤めていたころ

いつもカリカリしていて

 

思春期の息子たちとも

いつもバトルを繰り広げていたのは

 

夫の中のストレスや

満たされない思いが

 

無意識のイライラにつながっていて

 

そのイライラを吐き出させるために

息子たちがいろんな問題を

引き起こしていたのかもしれないな~

 

なんて思いましたてへぺろ

 

 

 

転職してからの夫は

息子たちと一切バトルをしなくなって

穏やかになったのは

 

仕事に生きがいを感じていて

本当にやりたかったことができているという

満足感から来ているんだなと

改めて思いました照れ

 

 

 

 

 

従来のセカンドキャリアという言葉は

 

会社員や公務員が定年退職後に、

女性が出産や育児の後に、

また、スポーツ選手が引退後などに従事する

第二の職業のことを意味します。

 

 

 

でも、

終身雇用制が崩壊しつつある

今の時代

 

セカンドキャリアというのは

 

「一度就職して社会経験を積んだ人が

 

いろんなシガラミや枠を外して

生きがいを感じられる仕事を見つけて

社会に貢献すること」

 

という概念で広く使われるようになるんじゃないかなと

思っています。

 

 

 

 

これから

NPO法人ハーモニークラブの事業を通して

 

いろんな世代の人が

セカンドキャリアや

生きがいを見つけて

 

生き生きと生きられる

 

そんな場作りもしていこうと思っています虹

 

 

 

 

C言語(プログラミング言語)を習得している人財は

今すでにいろんな分野で必要とされていて

 

小学校でプログラミングを教える教師も

不足しているというのが現状です。

 

 

 

 

セカンドキャリアのためだけではなく

プログラミングは創造的で論理的な脳を育てるので

頭の体操にもなります(笑)

 

 

 

 

6月22日(土)11時〜

C言語体験会をイートンルームで開催します。

お申込みはこちらアップ

 

また、

 

7月14日(日)9:30~11:30

サプリ村野学校でも

C言語体験会を開催します。

 

募集を開始しましたら

告知させていただきます。

 

 

 

 

ピンひらめき電球ときたら

ぜひご参加くださいねアップ

 

 

 

 

 

 

 

NPO法人ハーモニークラブの活動

イベントやセミナーのご案内を配信させていただく

公式LINE@のご登録はこちらからダウン

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

・絵本「イートンともりのどうぶつたち」はAmazonやジュンク堂書店でご購入いただけます。
(お近くの書店で予約していただいてもお取り寄せ可能です)
ご出産、入園、入学のお祝いにぜひお買い求めくださいリンゴ                     

 

 

 

学校、子育てサークル、会社、コミュニティーなどで セミナーをご希望の場合
3人(親子セミナーの場合は3組)以上から (セミナー代×人数)+交通費で 出張もさせていただきます。

親子でステキ発見! 【読み聞かせフォトセミナー】

枠を外して個性を理解し、自主性主体性を育む子育て応援【ありのまま子育てセミナー】

自分の個性や才能を知って 支え合い助け合い、 人生の波に乗るための 【ウエルスダイナミクス入門セミナー】

お金と健康的に付き合いながら 意識成長し、 人生の波に乗るための 【ウエルススペクトル入門セミナー】

お気軽にお問い合せください http://harmony-club.jp/contact.html

 

 

 

■無料メルマガのお知らせ■


最後までお読みいただき ありがとうございました。