こんにちはニコニコ

 

先日行なわれたテクてくLotus技術者夜会にて
「 IBM Watson Workspace & IBM Watson Work Services 最新技術情報 」にてAction Fulfillment のデモがありました。

 

Action Fulfillment??

説明は難しいので昨日のデモで紹介・・・

 

特定のキーワードを含む言葉がスペースに投稿されるとリンク化され

クリック出来るようになります。

 

クリックすると、このスペースに追加されている自作アプリが反応していることが表示され、

対象の自作アプリをクリックするとアンケート的なものが表示されましたびっくり

 

 

回答用のボタンをクリックすると・・・

自作アプリからメッセージが投稿されましたね拍手

 

こういうのが作れると、業務でも色々なものが作れそうな気がします爆  笑

例えば・・・

・ワークフローと連携して「承認」「差し戻し」アクション

・タイムカード的な使い方?「入室」「退出」アクション

・今日のランチの取り決め「和食」「洋食」「中華」アクション

・会議室の空き状況アクション ex)今日の会議、部屋決まった? →空き会議室リスト表示

・来客中にコーヒーのおかわり注文アクション

・新人研修などのテストツールアクションとか

・り〇なちゃんのように「しりとり」ゲームができるとか

 

何だか夢広がりますね照れ

 

というわけで、このAction Fulfillment、

リンクを作るところまでは比較的簡単に出来るということなので、紹介したいと思います。

 

用意するもの

・Watson Workspace(My App)

・Watson Conversation

・IBM Bluemixの環境

 

※既にMy App、Conversationの準備がある方は、下ごしらえなので適当に読み飛ばしてください。

 

1.My Appを作成する

1)Watson Workspace左側に歯車アイコンがあるので、クリックすると下記のイメージのようにメニューが表示されます。その中から「Developer」をクリックします。

 

2)Watson Work Servicesのページが開きますので、右上にある「Your Apps」をクリックします。

 

3)左上にある「Create new app」をクリックします。

 

4)Appの名前を決め、App Nameに入力します。(英語が望ましいかと)

Short descriptionには自分がわかりやすい言葉を入力しておきます(日本語入れても問題なし)

入力したら「Create」ボタンをクリックします。

 

5)問題なく作成できると「Success!」と表示されます。

App ID と App secretを必ずメモ帳等にコピーし大切に保管しておいてください!

(App secretはこの時しか表示されなかったような気がしました)

控えが終わりましたら「Got it」をクリックします。

 

6)以下のページが表示されていると思います。

左メニューから「Make it Cognitive」をクリックします。


7)英語はよくわかりませんが、何か必要と書いてあります。
・Watson Conversation ID
・Watson Conversation Username
・Watson Conversation Password



このページはあとで使いますので、
続いてWatson Conversationを作成しましょう!

2.Watson Conversationを作成
1)IBM Bluemixにログインし、カタログ→サービスのWatsonをクリックします。
Watsonの一覧からConversationをクリックします。


2)サービス名等は特に変更ありません。
料金体系を確認し右下の「作成」をクリックします。


3)出来上がると以下のページが表示されますので
右側にある「Launch tool」をクリックします。


4)Conversationのトップページが開きました。
ここからConversationを作成していると時間がかかってしまいます。
今回は動作テストということで、Bluemixが準備しているサンプルを使用したいと思います。
「Car Dashboard- Sample」というものがありますのでそこにある「Edit sample」をクリックします。


5)素敵ですね!もうデモ環境が出来ちゃったw
ページ左のアイコンをクリックします。


6)先ほど緑色だった「Car Dashboard- Sample」が白に変わっていますねw
下記のイメージを参考に「View detalis」をクリックします。


7)くるんと回って、詳細が表示されます。
ここにある「Workspace ID」を控えてください。


8)Bluemixの画面に戻り、先ほど「Launch tool」をクリックしたページの左側に
「サービス資格情報」がありますのでここをクリックします。


9)ページ左側にサービス資格情報があるので、その中の「資格情報の表示」をクリックします。


展開されて下記のように表示されるのでusernameとpasswordを控えておきます。


10)先ほど放置していた「Make it Cognitive」のページに戻ります。

Watson Conversation ID(赤枠)には、7で控えたWorkspace IDを入力

Watson Conversation Username、Watson Conversation Password(青枠)には、9で控えたusernameとpasswordを入力します。

入力が終わったら「Connect」ボタンをクリックします。


Success!が表示されました。


一度、登録されるとこんな感じになるんですね・・・


これで、My AppとConversationの準備が出来ました。

ちょっと長くなってしまったので、続きは次回にしたいと思いますm(_ _ )m

それではこの辺で・・・


あでゅーバイバイ
 

 

AD