1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Suitを動詞で使ってみる。

2017-08-07 12:02:37 テーマ:ブログ

スーツと言えば、背広ですよね。

でもこれは名詞のとき。

 

英語で面倒なのは同じ形をした単語には名詞や動詞、形容詞や副詞などいろんな顔を持っていることです。ただ、それらは意味的には無関係ではないので、そういうニッチな角度から英語を習得するのも、また、楽し、ですよ。

 

で、スーツ = suit

が動詞(他動詞ですが)になると、あることがピッタリと収まる、みたいな意味になります。例えば、こんな感じ:

 

How is your new job?

I think it suits me.

新しい仕事はどう?

自分に合ってるみたい。

 

モノごとにも使えます。

I'm afraid that your skill does not suit our needs.

「残念ながら、貴殿の技能は我々のニーズには合わないんですよねえ」

 

二つ目の例文にあるように、suitを使うことによって多少柔らかい言い方にすることも可能です。その人物がNGではなくて、あくまでスキルがピッタリはまらない、と。

人って傷つきやすいですからね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。